TOYOTA BIG AIR 8th

TOYOTA BIG AIR 2004 REPORT
2004.2.21@makomanai

tba

2月21日の真駒内は、「こんなにあったかい2月は生まれて初めてだよ・・・」と、地元タクシーのおっちゃんにまでため息をつかせたほどのゆる〜い空気が流れていた。
そんな中、真駒内オープンスタジアムは、さらに熱い熱い空気を帯びていた。高さ38mの巨大なジャンプ台が、ライトの中に浮かび上がる。ジャンプ台を飛び出したライダーが、まるで頭の上に降ってくるような、ランディングの雪しぶきが、まるで頬にかかるような・・そんな不思議な距離感覚を覚えるほど、ライダーと観客席の距離は近かった。ライディングのすぐそばで大歓声が上がり、ライダー達はその歓声をめがけてつっこんでいく。
こんなとき、ライダーはどんな感覚を味わっているんだろう・・・ふと、そう思った。だけど平凡な私には、たぶん一生知ることのない感覚。とても興味深々だったので、今回は、松井克師さんにお願いして、ライダーズアイ(ライダーからの視点)でTOYOTA BIG AIRをレポートしてみる。
TBA予選の前々日、「地元」という特に強い思い入れがあるこのイベントだから、どうしても勝ち上がりたいと語っていた松井克師。その言葉どおり、日本人予選を1位で抜けた。

—予選はどんな感じだった?
結果的にリザルトがいいときはいつも調子が悪い。今回もそう。怪我に泣き、公開練習でも立てず。後がない日本人予選2本目。スタート台では心臓の音が聞こえる程、緊張してた。みんなの歓声が聞こえた時、今 行けるって確信した。その瞬間、ビタビタキャブ720。「来たーーーー!!!!」心の中で叫んでた。
—うんうん、そこで気になるのは、その歓声の中に飛び込んだときってどんな感じなの?
どこみたらいいのか、わかんないんだよ。いろんな方向から声をかけてもらって。でも、うれしい。無条件にうれしかった。
—本選まではどうやって過ごしてたの?緊張してた?
うれしすぎて、緊張が抜けてしまってたよ。プロになった時以来、はじめて親に電話してた(照)
—本選のスタートゲートの様子はどんな感じ?
昼間の雰囲気とはまた全然違って楽しかった。フォルクルの連中がギャグ教えたりしてて。にぎやかだった。(あ〜、そういえば、マーク・アンドレ・ターレが優勝インタビューのときにしきりに「ゲッツ」って叫んでたのは、このときに覚えたのかぁ・・・納得。)
スタートに立ったときは、超いいながめだった。この気分を味わえる日本人はほんのわずかだから、ここまで来れたんだなぁって(しみじみ)。
—今回のジャンプ台はどんなだった?
走るんだったら、幅が広くて今までに飛んだ中で一番飛びやすい、おもしろいジャンプ台だったよ。
—ちなみに松井さん的に一番かっこよかったライダーはだれだった?
やっぱJP(ソルバーグ)がかっこいかった!JPのスイッチB9がベストトリックだよ。

どうもありがとうございました〜〜〜。
このコメントを読んで、皆さんにもいつもとちょっと違ったTOYOTA BIG AIRを感じてもらえたら、嬉しいです。
reported by うっちぃ

◆THE KING OF AIR TOYOTA BIG AIR
◆2004.2.21 SAT
◆真駒内オープンスタジアム
※TOYOTA BIG AIR 2004 の模様は、雪番長「番待」より待ち受け画像がGET出来ます。
▼TOYOTA BIG AIR 2004です。下記画像をクリックすると拡大して観覧する事が出来ます。
1

2

3

4

6

9

10

11

12

13

15

8

14

7

 

スーパーファイナルに残った3名、1本目から果敢に攻めマークはキャブ900をビタビタでメイク。常にどこでもノリノリなのに、さらに気分は最高潮という感じ。エーロはSBロデオをこれまたBIGにメイクするもマークに届かず2本目に臨む。残されたダニエルはヒールサイドから900にチャレンジしたが抜けで失敗。 2本目も順位は動かず、TOYOTA BIG AIR 8thを制したのは底抜けに明るいカナディアン、マーク・アンドレ・ターレに決定!
report:TAK@雪番長TOYOTA BIG AIR 2004 REPORT|SBN(エスビーエヌ)snowboardnetwork

アバター
SNOWBOARD NETWORKは日本発のスノーボード専門Webメディアです。スノーボード・スノボが好き、もっと楽しみたい、 スノーボードをはじめてみたい、そんな人たちにむけたポータルサイトです。 更に、日本と海外をスノーボードを通して国境をなくし世界が繋がることを目的として運営しています。