ルスツリゾート

RESORT DATA

住所 : 北海道虻田郡留寿都村字泉川13番地

電話番号 : 0136-46-3111

営業期間 : 2021年11月27日~2022年4月3日(予定)

営業時間 : 9:00~20:00 ※シーズン始めと4月は 9:00~17:00

アクセス :
車>札幌市内からも、新千歳空港からも車で約90分。
バス>札幌駅近くの加森ビル③より無料バス「ルスツ号」で約120分。 *事前予約制
バス>新千歳空港から有料バス「ビッグランズ号」で約120分。 *事前予約制

リフト料金 :
1日券(窓口購入):大人 6,500円、子供3,500円、シニア5,500円
1日券(WEB購入)大人6,200円、子供3,200円、シニア5,200円

URL : https://rusutsu.com

上質なパウダーライドと超ワイドな緩斜面でのカービングが自慢!

冬になると日本海側から運ばれてくる大量の湿った空気がニセコ山系の山塊にぶつかることで、羊蹄山の南東に広がるルスツリゾートには冷たく乾いた雪が安定して降り積もる。年間累積降雪量は約10m、北海道屈指の豪雪地帯に位置するルスツは、ホテル側にあるウエストMt.、道路を挟んだ対岸のイーストMt.、Mt.イゾラの3箇所のエリアに分かれ、4基のゴンドラと14基のリフトを設置。総滑走距離は42kmと、1日では滑りきれない37コースを誇る。そのうちの3割が未圧雪(一部コブ斜面)コースとなり、降雪後はルスツのパウダーを求めて大いに盛り上がり、パウダーフリークを唸らせ滑り手の笑みがこぼれている。また、自然地形をそのまま活かしたコースも多く、沢地形、ツリーランなど遊びのバリエーションも豊富で滑りごたえもある。

今季はパークエリアにも力を入れ、コース脇の林にナチュラルログを使ったジャンプ台やレールを設置した非圧雪斜面・上級者向けの「サイドカントリーパーク」。パークデビューや初級者向けのイージーレーン、中上級者も満足するエキスパートレーンと、それぞれのレベルに適したジャンプ台とジブアイテムを設置する「フリーダムパーク」も見逃せない。また今季は地形を活かしながら上から下まで流して遊ぶバンクレーンも新たにこのパーク内に併設される予定だ。このように、目的やレベルにあった異なるコンセプトのスノーパークを展開する。

そして、ルスツの一番の魅力、朝一グルーミングバーンの美しさは類を見ない。雪上車11基を使用し、ウエストMt.で3基、イーストMt.、Mt.イゾラで8基を稼働させ、深夜1時から作業を開始しゲレンデを解放するギリギリの9時まで丹念にコースを整備する。それはまさに職人レベルのクオリティであり、繋ぎ目や段差の凹凸にもこだわる念の入れようだ。超ワイドなコース幅を目一杯使いながら、大きなカービングでのロングライドをぜひオススメしたい。幅広い層の人が楽しめることをコンセプトに今季リニューアル。初心者向けのイージーレーン。レール・ボックスなどジブアイテムが充実した中級者・上級者向けレーン。3月にはビックキッカーを設置予定。そして、上から下まで様々なラインで楽しめる、地形を活かしたバンクレーンを新たに常設する。Mt.イゾラの最深部、ヘブンリーエリアを代表する非圧雪コース。沢筋に位置するため風に運ばれた雪が溜まりやすい上、コース幅も広く、コース長は1,850mとロングライディングが楽しめる。スキーヤー・スノーボーダーを問わず、パウダー好きが集うルスツの名物パウダーポイント。

ARTICLES

NEWS

ルスツリゾート「World Ski Awards ...

北海道ルスツリゾートは、世界のスキー観光...
Translate »