21.22 R6「13th CSBA on SNOWFESTA」

1週間前にはSnowboardcrossの大会が行われた牧の入スノーパーク。

先週の大雪とはうって変わって晴天に見舞われた当日。

綺麗に張られたGS(ジャイアントスラローム)のセットを、選手達がダイナミックに滑り降りる。

セッターの意図を聞いてみた。

セッター金井

「バーンが単調なので滑りも単調にならないように、プロが魅せれるよう技術の差が出るように工夫しました。

昨日湿った雪が降った点は難しかった。

1本目と2本目は、インターバルを変えて変化を出しました。」

この意図が結果に表れていれば、インターバルの変化に対応できた選手が上位に入ったか。

 

Women優勝は黒木(OGASAKA)2連勝目である。

僅差で惜しくも敗れたのは金澤(OGASAKA)。

次回はどちらが覇者となるのか。はたまた新たな勝者が現れるのか。

1位 黒木あかり(OGASAKA)

2位 金澤野愛(OGASAKA)

3位 吉井なな(BLACKPEARL)

 

Men優勝の戸田(AMICCS)優勝者コメントでは、残りの3戦も優勝すると意気込む。

今シーズンいい位置を保っている清水(OXESS)も注目だ。

1位 戸田大也(AMICSS)

2位 清水大智(OXESS)

3位 兼松直生

4位 青山孝幸(AMICSS)

5位 平林龍人

6位 黒木“マコツ”誠(MOSSFLUX)

 

最後に記念すべき夫婦揃っての表彰台を載せておこう。

 

20th Anniversary PSA ASIA Snowboard Pro Tour Page プロスノーボーダー約340名を擁し、日本最大のスノーボードプロツアーを20年に渡り行っています。速く、高く、美しく…今シーズンもプロフェッショナルな滑り、大会情報を皆さまにお届けします! Official Web