SNOWBOMBING JAPAN / NIGHT RAIL SESSION

08bsr_top08bsr_top2

SNOWBOMBING最大のイベント「NIGHT RAIL SESSION」は賞金20万を賭けた、プロダクション対抗のチームバトル。

各チーム自慢の3名が出場し、各グループ毎のジャムセッションは一般ジャッジとライダージャッジの合計点数で勝敗が決まる。

どれだけ魅せられるか?
どれだけアピールできるか?
どれだけ攻められるか?

そんな前代未聞のバトルをプレイバック!!08bsr_1

08bsr_2▲真剣に見つめる一般ジャッジは
ちょっと緊張気味?!08bsr_3 ▲もちろんライダーだって
真剣にジャッジやってます!08bsr_4 ▲MC RACCHIのテンション高い
マイクパフォーマンス
日も暮れ気温も下がってきた午後6時20分。
真っ暗になったイエティにひときわ光るレールアイテムが浮かび上がる。

どんな擦りをしてくれるのかと期待を膨らませる観客。
お祭り気分のライダー達。
特等席での観戦に興奮する一般ジャッジ。

08bsr_5そんな中、MC RACCHIのコールで各プロダクションごとにスモークの中からライダー達が登場。
会場は一気にヒートアップした。

今回、全13チーム、SKI・SNOWBOARD、男子・女子の隔てなくそろったライダー達の共演となった「NIGHT RAIL SESSION」。

各チーム1名ずつ合計13名によるジャム(20分)×3セッションを行った。

08bsr_6ジャッジは一般より選出された10名が各セッションずつに良いと思ったライダー3名を選ぶ。またライダー同士も他のライダーを同じようにジャッジする。

一般ジャッジが1ポイント、ライダージャッジが2ポイント、その合計点数で勝敗を決める。
ライダー同士もプロダクション対抗とあって、いつも一緒に滑っている仲間とのチームバトルにテンションは上がりっぱなしのようだった。

今回集結したプロダクションはこの13チーム!!
スノーボード・SKI・メンズ・ガールズ・・・様々なプロダクションがバトルを繰り広げる!
誰がどのセッションに出場するのか?!

 

08bsr_team▼写真をクリックすると大きいサイズの写真がご覧頂けます。

08bsr_team1Heart Films

08bsr_team2FIRST CHILDREN
08bsr_team3SCLOVER
08bsr_team4IST PICTURES

08bsr_team5S-WEAR

08bsr_team6FANTASISTA MOVIES

08bsr_team7ROME SDS

08bsr_team8BIG TIME
08bsr_team9muddy films(SKI)

08bsr_team11686

08bsr_team12Li’l

08bsr_team13hotdogg films

08bsr_team10NEOIMPRESS

08bsr_team11-1686

08bsr_team12-1Li’l

08bsr_team13-1hotdogg films
まずAセッションから、20分間のジャムセッションがスタート!

08bsr_a▼写真をクリックすると大きいサイズの写真がご覧頂けます。

08bsr_A1Heart Films
鈴木翔太
08bsr_A2FIRST CHILDREN
鬼塚雅
08bsr_A3SCLOVER
関智晴
08bsr_A4IST PICTURES
鎌田潤

08bsr_A5S-WEAR
WOODY
08bsr_A6FANTASISTA MOVIES
若月知広
08bsr_A7ROME SDS
遠藤義明
08bsr_A8BIG TIME
杉本幸士

08bsr_A10NEOIMPRESS
清水大樹

08bsr_A11686
西村大輔

08bsr_A12Li’l
吉沢こずも

08bsr_A13hotdogg films
関口敬

08bsr_A9muddy films(SKI)
高橋拓未
A SESSIONで健闘したのは、FCの鬼塚雅!
若干10歳のスーパーキッズは大人にひけをとらない擦りをし、観客を沸かせた。
スタート台で待つライダー達もこのスーパーキッズの滑りには素直に感嘆の声が漏れていたほど。
08bsr_b ▼写真をクリックすると大きいサイズの写真がご覧頂けます。

08bsr_B1Heart Films
安立風太
08bsr_B2FIRST CHILDREN
小川雄丸

08bsr_B3SCLOVER
田中シンジ
08bsr_B4IST PICTURES
高井隆司

08bsr_B5S-WEAR
平岡典朗

08bsr_B6FANTASISTA MOVIES
佐藤めぐみ

08bsr_B7ROME SDS
太田宜孝

08bsr_B8BIG TIME
寺西正樹

08bsr_B10NEOIMPRESS
東裕二
08bsr_B11686
長谷川篤

08bsr_B12Li’l
野村礼華

08bsr_B13hotdogg films
南雲達哉
08bsr_B9muddy films(SKI)
石田明広

B SESSIONのトップは686の長谷川篤。ライダーからも高評価であった。
また、ジブの女王と名高いFANTAの佐藤めぐみも健闘。
2セッションが終わった時点で、muddy filmsのトータルスキルの高さが目立ち始めた。
なんだかスキーがヤバイぞ!!
08bsr_c▼写真をクリックすると大きいサイズの写真がご覧頂けます。

08bsr_C1Heart Films
小西隆文

08bsr_C2FIRST CHILDREN
干川玄

08bsr_C3SCLOVER
戸田聖輝

08bsr_C4IST PICTURES
高橋烈男

08bsr_C5S-WEAR
阿部祐麻

08bsr_C6FANTASISTA MOVIES
中山悠也

08bsr_C7ROME SDS
伊藤直樹

08bsr_C8BIG TIME
ミック

08bsr_C10NEOIMPRESS
林伸二郎

08bsr_C11686
近藤マコト

08bsr_C12Li’l
岩元郁代

08bsr_C13hotdogg films
石田貴博
08bsr_C9muddy films(SKI)
岩崎龍大

 

 

さすが各チームともノリにのっているライダーを揃えたC SESSION。ハイレベルな戦いとなった。
そんな混戦を制したのはBIG TIMEのミック!
3セッション中最高ポイント獲得で結果はまったくわからなくなってきた!!
A、Bセッションともに上位だったmuddy films岩崎龍大やSCLOVERの戸田聖輝も高得点をたたき出してきた!
08bsr_7観客だけでなくライダー達も固唾を飲む表彰式の前に、寒い中大きな歓声で盛り上げてくれたファンの方々のために握手会が設けられた。

普段これだけのライダーが集まることは滅多に無いのでかなりの混雑ぶりだったが、ライダー達も一人一人と丁寧に握手を交わしていた。
お待ちかねの表彰式

なんとSKIのmuddy films!!!
3セッションともにライダージャッジによる獲得ポイントが高かった。
スノーボードとは違ったSKIならではの目新しいトリックで観客も大いに沸かせていた。

2位にはSCLOVERが選ばれた。
どのライダーも高得点を獲得しており、トータル的にバランスが取れていた。

3位は3セッション中最高得点をたたき出したミック所属のBIG TIME。
1位のmuddy filmsには賞金20万と、crocsより賞品がビッククロックスの目録で贈られた。

08bsr_81位:muddy films(SKI) team
08bsr_92位:SCLOVER team
08bsr_103位:BIG TIME team
今回のセッションはチーム戦という初めての試みだったが、
観戦しているお客さんだけでなく、滑っているライダー達も心から楽しみ、そして燃えていた。

スノーボーダーの中にまるでアウェイのように参戦してきたスキーチームが結果を出したことが、
今後のSNOWシーンにどう影響するのだろうか?

08-09SNOWシーズンはまだ始まったばかり。
今シーズンもたくさん楽しんで良いシーズンでありますように!HAVE A FUN!!!
text:HAL

シェア
SNOWBOARD NETWORKは日本発のスノーボード専門Webメディアです。スノーボード・スノボが好き、もっと楽しみたい、 スノーボードをはじめてみたい、そんな人たちにむけたポータルサイトです。 更に、日本と海外をスノーボードを通して国境をなくし世界が繋がることを目的として運営しています。