ソフトか、ベリーソフトか。フレックスを選べる眞空雪板等・風眞(フウマ)

以前はエントリー層向けに位置づけられていたが、今では初心者や初級者に加えて、ソフトフレックスのボードが好きなスノーボーダーならレベルを問わず誰でも遊びやすいモデルとして認知されている風眞。
その理由は、やはりボード構造にある。ボードセンターにはキャンバーを、ノーズとテールにはロッカーを取り入れたハイブリッドキャンバー構造のおかげで、スノーボードビギナーにとっては逆エッジの心配をそこまでせずにターンの練習に打ち込めるし、ジブやグラトリ愛好家たちにとってはトリッキーな動きでもスムースにボードを取り回しやすいからだ。また、グラトリでの高さのあるオーリーやパークジャンプも思いのまま。パークを流してフリースタイルに遊びやすいということも、このボードのイメージが変化してきた理由のひとつだろう。さらに、セットバックすればパウダーも楽しめてしまう。まさにオールラウンドに遊べるソフトフレックスボードなのだ。
そんな風眞の2022-23モデルにおける最大のトピックスは、「黒」と「鼠」という2種類のグラフィックがあり、スペックは同じながら異なるフレックスに設定されていることだろう。鼠のほうが従来どおりのソフトフレックスだとすれば、黒のほうは超ソフトフレックスになっている。「脚力にまったく自信がない」「プレス系トリックでノーズやテールをもっと引き上げたい」。そんな人は迷わずブラック版をチョイスしてもらいたい。
最後になるが、風眞という言葉には「世の中の様子」といった意味合いのイメージが含まれている。国内では絶大な人気を誇り続けているグラトリ、また世界的に注目され始めたナックルハックのように、世の中のトレンドにドンピシャなボードであり続けること。それが風眞に与えられた命題なのかもしれない。

眞空雪板等
風眞
Size: 150、152、155cm
Price: ¥56,100

グラフィックによって異なるフレックス
デッキが黒いモデル(左)はベリーソフト、グレーのモデル(右)はソフト、とスペックは同じでも異なるフレックス設定になっているので、目指しているスタイルや自分の好みからチョイスしよう
グラフィック自体にも注目
夜空に浮かび上がる星座のイメージのようなグラフィックが目を惹く風眞。そのなかに「LOVE(愛)」「UP TO YOU(君次第)」というワードが記載されている。そんなさりげないメッセージがイケてる
ハイブリッドキャンバーでノンストレスに
ボードのセンターがキャンバー、そしてノーズとテールはロッカーを取り入れたハイブリッドキャンバー構造を採用。キャンバーのパワフルさを備えつつ、ロッカーによってエッジの引っかかりが軽減されストレスのないボードさばきが可能に


眞空雪板等の22/23 先取りOTHER TOPICS
*以下TOPICSは随時UPしていきます

パークライドに最適な構造とフレックスが魅力の眞空雪板等・侍(サムライ)

しなやかな動きが自慢の眞空雪板等ジブ&グラトリボード・鍾馗(ショウキ)

オールラウンドに遊べる眞空雪板等のツインチップボード、閃風(センプウ)

眞空雪板等ブランドページはこちら

眞空雪板等 来期22/23デジタルカタログ