平昌オリンピックが直前に迫り、トップシーンで活躍するライダーたちがどんなギアを使っているかはとても気になるところだ。数多くの優れたライダーがいるBURTONチーム。彼らの活躍を支えるギア、なぜそれを使っているのかという理由にフォーカスしてみた。

File-1

AYUMU HIRANO 平野歩夢

日本中を興奮させるであろう
スノーボード界のスーパースター

AyumuTJKS3498s2014年のソチ五輪ハーフパイプ種目にてシルバーメダルを獲得。同オリンピックの最初の日本人メダリストとして、平野歩夢の名前はすぐに日本全国に広まった。その後もX GAMESをはじめとするビッグコンテストで活躍していたが、昨シーズン終盤のUS OPENにて大怪我を負ってしまう。現在は、その傷も完全に癒え、きたる平昌オリンピックに向けて、その準備は万全だ。12月初旬にアメリカ・コロラド州カッパーマウンテンで開催されたFISワールドカップでは、アメリカ代表選考レースも兼ねていたので有力選手が軒並みエントリーするなか、フロントサイド・ダブルコーク1440を組み込んだルーティンを披露し、圧倒的な勝利を収めた。そして12月21日に行われたFISワールドカップ中国大会でも優勝を決め、快進撃を続ける歩夢。2018年2月、前人未到のバック・トゥ・バックの1440を決めて、夢の舞台の頂点に立つ姿が今から待ち遠しい。
12月22日、平野歩夢は全日本スキー連盟の平昌オリンピックのハーフパイプ種目、代表選手に内定!!

with BURTON ――――平野歩夢のギア・コメント
HARD GEARS
扱いやすいモデルに乗り続けることで
手足のように動いてくれる

「BURTONにスポンサードしてもらうようになってから、ずっとCUSTOMに乗り続けてきました。硬すぎず、やわらかすぎず……いや、どちらかというとソフトフレックスで扱いやすいキャンバーボードだと思います。使い続けている理由は、このボードに完全に慣れてしまっているから。他モデルに乗り替えるタイミングがなかったっていうのもあります。ただ、僕は大会ばかり回っているので、同じモデルに乗り続けているほうが感覚が狂わないというか……。おかげで、今じゃCUSTOMは自分の手足のように動いてくれますよ。ハーフパイプをガッツリとやっているライダーって、けっこうCUSTOM Xに乗っている人が多いじゃないですか? 僕も昔に一度だけ乗らせてもらってパイプを滑ったことはあります。だけど、ちょっと硬すぎて操作しづらかった……。ソフトフレックスのほうが自由が利くし、「こうしたい」と思ったことを瞬時にやれるし、足とボードがくっついているような感覚でスタイルも出しやすいんですよね」

Custom_150_s▶︎使用モデル : CUSTOM 150
1996年の誕生から現在に至るまで、常に最新の技術を導入しつつ、かつ最も多様性に優れ、多くのスノーボーダーに愛され続けている不朽の名作。軽く、優れた反発力と程よいフレックスという絶妙なバランスを秘めている。今季は新たなシェイプを導入し、ルックスもフィールもリフレッシュしている。
BEND: キャンバー
SHAPE: ディレクショナル
FLEX: ツイン
SIZE: 150, 154, 156, 158, 162, 154W, 158W, 162W, 166W, 170W
PRICE: ¥82,000

 

動きが制限されないから
ソフトフレックスのモデルが調子いい

「バインディングもボードに合わせて、比較的やわらかいモデルを使用しています。ブーツも含めて足回りはやわらかいほうがコントロールしやすいと思っているので。ギアがしなってくれるからスタイルも出しやすいですしね。やわらかいとサポート力がなくてケガのリスクが高くなると思われがちですけど、このMALAVITA ESTは欲しい部分のサポートはバッチリ。何よりも硬い足回りギアを使うことで、動きが制限されるほうがイヤですから。僕は一度、「これがいい」って思ったモデルを使い続けるタイプなんでしょうね。セッティングなんですけど、パイプのリップのギリギリまで待てるようにスタンスは広めにしています。空中にスムーズに飛び出すことだったり、高難度トリックを仕掛けたり、そういったことを総合的に考えると、テールもノーズも短いほうが調子よかったので。アングルはノーマルでもスイッチでもパイプが滑りやすいように、前足が15°で後ろ足がマイナス6°で固定しています」

malavitas10554104003_1_1558x2100_300_RGB▶︎バインディング使用モデル:MALAVITA EST
最高峰のテクノロジーを凝縮し、全てのシーンに適応するミディアムフレックス仕様。ヒールハンモックやスーパーグリップキャップストラップ™、非対称ハンモックストラップ™がブーツをしっかりと包み込み、レスポンスを高めつつシームレスなフィット感と究極の快適性を提供。足の可動幅を広げるThe Hinge搭載。
COLOR: Black Fade, White Rabbit, Hemp, Tealest, Black/White Wing
SIZE: S, M, L
PRICE: ¥46,000
000

平野歩夢 1998年11月29日生まれ 19歳 新潟県村上市出身、東京都在住
平野歩夢
1998年11月29日生まれ 19歳
新潟県村上市出身


BURTON BRAND PAGE

シェア
SBN FREERUN(フリーラン)はSNOWBOARD NETWORK=SBNとSNOWBOARDERS LIFE FREERUN(フリーラン)を融合させた国内最強のスノーボード専門Webメディアです。初心者からエキスパートまで、レベルを問わず、スノーボード・スノボの楽しさを伝え、スキルアップをはかるためのたくさんの情報を発信していきます。スノーボード専門誌FREERUN(フリーラン)ならではの視点で、日本、そして世界各地から発信される最新の話題も含めて、クォリティの高い、面白いコンテンツを数多く提供。365日スノーボードを中心にアクションスポーツを楽しんでいけるライフスタイルをサポートしていきます。