稲村 樹が送る コンテストレポート イナムライフ #3

ライダー稲村 樹が世界を転戦し、今のコンテストシーンをライダー目線で切り取っていくイナムライフの第3弾!今回は、アメリカのコロラドへ。WORLD CUP BIG AIRの応援へ。女子のレベルの高さを感じて来た

プレシーズンでもある12月、僕は例年通りアメリカのコロラド州にあるKeystoneやBreckenridgeで滑り込むことにした。ここは早い時期からパークがしっかりと作られている為、本格的なシーズンを前にしっかりと滑り込む事ができる。日本人ライダー達もシーズン前の足慣らしに多く訪れる場所だ。

デンバー空港からCMEというバスを利用し2時間ほどで僕たちが住むことになるFriscoという街に到着する。この街の周辺にはKeystone, Breckenridge, Cooperなど様々なスキー場が点在している。そして、少し車を走らせた所にUS OPENの会場でもあるVailに行く事ができる。

ここはFrisco station。30分に1本の無料シャトルバスが街中を走っている。このバスで Keystone Breckenridge Cooper などの様々なスキー場に行くこともできるし、アウトレットなどで買い物したい時もこのバスを利用して行くことができるのでかなり便利だ。
ここはFrisco station。30分に1本の無料シャトルバスが街中を走っている。このバスで Keystone Breckenridge Cooper などの様々なスキー場に行くこともできるし、アウトレットなどで買い物したい時もこのバスを利用して行くことができるのでかなり便利だ。

Keystone Area51 Park

今年のコロラドはびっくりするほどの雪不足だった。たぶんいつもより気温が高かったことが原因で降雪機を降らすことができなかったのが原因だと思う。雪不足の影響でスキー場のコースも少ししか開いていない、パークのオープン日も例年よりがかなり遅れていた。
僕が滞在している期間にBreckenridgeのパークが開く事がなかったので、今年はKeystoneをメインに滑っていた。

IMG_0933
5m,8m,12mの3連キッカー。飛び易くテンポもいいので気持ちよく飛ぶ事ができる。そして、気温が低いので一日中アイテムの形も崩れる事もなくかなり調子がいい。
ちょっと暗くて見づらいのかもしれないが、ジブは3wayとなっている。様々なレベルに応じたジブアイテムが設置されているので凄く良いパーク。
ちょっと暗くて見づらいのかもしれないが、ジブは3wayとなっている。様々なレベルに応じたジブアイテムが設置されているので凄く良いパーク。

Big Air World cup in cooper mountain

この時期、コロラドではDEW TOURやWORLD CUPなどのビッグコンテストが開催される。
今回、DEW TOURには日本人が出場していなかったが、Cooperで行われたWORLD CUP BIGAIRには藤森由香(BURTON)、広野あさみ(OGASAKA)の二人の日本人が出場するので応援に行ってきた。今回、この大会はUS GRANDPRIX(日本で例えると全日本選手権)という事もあり男女共に良いメンツが集まっていた。
IMG_0891-2

IMG_0877
今回の大会はAir&Styleの様に櫓を組み街で行うのではなく、スキー場に大きなキッカーが用意されていた。サイズは20m程で見た感じ飛びやすそうな台だった。

大会のフォーマットとしては予選は2本中1本のベストラン、決勝は3本中2本のベストランカウントという方式で行われた。

予選からこの程度の技ができないと戦えないと言わんばかりに20人程のライダー達がトリプルコークを出してきていた。しかし、その技の全てがバックサイドのトリプルコーク1440。
グラブや高さなどで他の人に差をつけないと全く点数が伸びない状況となっていた。
結果から言うと2方向のトリプルコークをメイクした Max Parrot、Sebastien Toutant のカナダ人コンビがワンツーフィニッシュ。たくさんのライダー達が1方向ならトリプルを回せるが、2方向のトリプルを大会でしっかりとメイクしてくるライダーはまだまだ少ない。2方向のトリプルをメイクする事が今後のビックエアーの大会でトップを争う最低条件となってくるであろう。

左は藤森由香(BURTON) 右は広野あさみ(OGASAKA) 由香さんやあさみさんもかなり良い滑りをしたのだが細かい部分でミスをしてしまい満足のいく成績を残すことができなかった。しかし、この大会を経験したことはかなり大きいはず。 今後の二人の活躍に期待したい。

そして、今回の大会は女子のレベルの高さに驚かされた。
ライダー達がメイク率が良かったのはもちろん、予選からダブルコークや900をメイクするライダーがいるなど見応えのある戦いとなった。ハイレベルになった要因にはライダー達のレべルが上がっているのはもちろん、ビッグキッカーを用意されていた場所がスキー場のコース内のあった事も影響しているのではないかと僕は思っている。
かつて開催されていたTOYOTA BIGAIRの様に櫓を組んで行われるビッグエアー大会は設計上の問題なのか余計にGがかかる事やアプローチの距離や幅も決められているため、体重や脚力などの筋力が劣る女子にとっては持っている力を十分に発揮する事が難しい様に思う。そして、女子のビッグエアーが開催される様になったのもまだまだ最近の話。
今までは”本来の力を出す事が出来なかっただけ”の様に僕は思えた。どちらにせよ、ライダー達のレベルが上がっている事に疑いの余地はない。シーズン中にもどこまで上がるのか凄く楽しみだ。

コロラドはこの早い時期からフリーランやパークを滑り込めるのはもちろん、DEW TOURやWORLD CUPのように世界でもトップレベルの大会を間近で観戦する事ができる。シーズン始めの滑り込みを兼ねてトップレベルの本気を身近で体験したい人、将来そのレベルで戦っていきたいと思っている人にとっては一度来ることをオススメしたい。きっとシーズン始めには良い刺激になるはずだ。
IMG_0923

シェア
愛知県扶桑町出身。小学生の頃からスノーボードを始め、インドアゲレンデやジャンプ練習施設などで培ってきたスキルを発揮し、スロープスタイル・BIG AIRのコンテストをメインに活動中。また “HYWOD” の一員としても、映像を通して自分のスタイルを表現している。今シーズンは世界中のコンテストを巡り、スキルを磨き、高みを目指している。 Sponsor : ムラサキスポーツ / サロモン / 牛乳石鹸 / SMITH OPTICS / QUIKSILVER / SNOVA羽島 / KINGS GROUP / ARK / PAP / TOKO