西オーストラリアサーフィン紀行

こんにちわCAPです。台湾・高雄からシンガポール経由で西オーストラリアの州都でもあるパースへやってきました。

LCCマニアとして今回2つめの航空会社スクート 。こちらも安かったです。ただ安いのには訳がありまして、途中経由地のシンガポールに12時間の乗り継ぎ時間…。高雄からの到着は夜中を回っておりましたので、そのまま空港のカーペットで就寝。しかしこの場所取りが結構難儀でして、同じ事を考えてる方々が多い事多い事…。流石にLCC大国の東南アジアです。

初めての場所が晴れてるとそれだけで気持ち良いものです。オーストラリアには良く来ていますが西海岸のパースは初めて。到着時の天候は快晴。西の海に沈む夕日照らされた今回の宿泊場所は海沿いのスカボロー(Scarbourgh)という場所。仕事の合間を縫ってサーフィンに行けるよう街から少々離れた場所にしました。写真を見るとなんだか南国風ですが、既に気温は10℃近く。ダウンを持ってきて良かったです。

翌朝早起きをして早速波チェック。宿から2BLKなので徒歩5分程度。予報では期待出来ないサイズでしたが、やはり期待出来ないサイズ。1~2ftという感じでしょうか?たまのセットはもう少し大きいですが、インド洋からやってくるウネリはパワーを感じます。普通の1~2ftとは違う雰囲気です。が…。寒すぎ。5mmフルを持ってきたのですが、朝一の気温が一桁といういきなりの30℃差でいささかやる気を失います。

でもトランクスの遠泳オジさん達を見れば勇気も奮い立ち…ません。残念ながらこれを見てしまったらもっと萎えてしまいました。オーストラリアにはどこにも居る遠泳部(?)しかも大概トランクスで真冬も泳いでます。オリンピック競泳でオーストラリアが強いのも何となく納得します。

スカボローはパース近郊のサーフスポットとしては有名な場所です。ここから少し北のトリッグ(Trigg)、もう少し街に近いコッテスロー(Cottesloe)。代表的なのはこの3箇所。ただ基本ボトムサンドのビーチブレイク(一部リーフ有り)なので至る所で波は割れます。ですので、何となく人はばらけるようです。しかしながらサンドと言えばどもやはりインド洋。南半球が冬の季節は南緯40~50度を移動してくる低気圧から繰り出される粘りが強い波長からか、パワーはかなりあります。

整備された素敵な海岸線にスケートパーク、一級品のボウルも完備。BBQサイト、広大な芝生。ビーチに面したパブでは午後2時頃からビール飲んでる人が大勢…。平日なのに素晴らしきかなこの人生。みんな人生を謳歌しているように見えます。オーストラリアに来るたび思うのは、そんな人生満喫族の多さ。国民幸福度指数が上位なのも頷けます。特にコーストラインは富裕層が多く住んでいます。結果そのような華やかさも加味されるのでしょう。

オーストラリアの西海岸。シドニーやゴールドコーストは東海岸となり当たり前ながら夕日が沈む方角です。なんとなくですが、東海岸よりもより陽気でメローな雰囲気があるのは気のせいでしょうか?時間があれば西オーストラリア屈指のサーフスポットであるマーガレットリバー(パースから片道280km…)まで足を伸ばしたかったのですが時間が無く断念。プロツアーなどで見る波を見るとエキスパート用でお呼びじゃない感じがしますが、パース近郊で限りなくフラットに近い日ならいけそうかも??次回に期待します。9月2日からはANAが直行便を飛ばして東京からグンと近くなりました。今回その絡みもあったのですが、直行便は高いから使えませんでした(笑)

3日間の超短期滞在後、再びシンガポールに戻ります。何件かミーティンの後、サーフィン紀行(実際は出張ですが…)はまだまだ続きます。

CAP

石内 圭一
2005年から12年間。星野リゾートアルツ磐梯/裏磐梯猫魔スキー場のマーケティング責任者として、魅力開発、広報、営業、販促を統括。過去はBURTON SNOWBOARDの初心者専用ボード"LTR"の開発にも携わる。2017年5月より株式会社Sherpaに移りスノーを織り交ぜたインバウンズ誘客/集客コンサルタントを開始。引き続きFREERUNのライターも兼任。2018年7月からcitywave TOKYOのsenior adviserとしてアジア初の人工リバーサーフィン施設の運営責任者として従事。2019年6月よりスポーツファシリティマネジメントに移籍をしてより広範囲のアドバイザー業を開始。年間スノーボード滑走日数100日、年間サーフィン日数60日目標の横ノリオヤジです。 ------------------------ Twitter:@kei4cap Instagram:@kei4cap