Washigatake Slopestyle Session -Round 13-

18.19 PSA ASIA SNOWBOARD PRO TOUR 

Round 13

『Washigatake Slopestyle Session』

岐阜県「鷲ヶ岳スキー場」

天候 ☃/🌤/☃気温-2℃

PSA ASIAフリースタイルツアー第4戦目。

6896C33E-FBED-4DD9-9530-BB769981A7B9

長野から岐阜に場所を移し、ここ鷲ヶ岳スキー場で開催。

この2週間、気温と降雨によりコースコンディション維持が非常に難しい中、田中浩介氏率いるTHE ACTIVE DIGGER CREWのおかげで大会コースは最高のコンディション。

しかし先週までの状況から一転、前日の大雪から冬シーズンに再突入したような天候で競技がスタート。

17CF049B-90AB-42E4-9149-5D1133A7D2A2

コーススペックは3セクションで12mと8m、10mと8mの2WAYジャンプセクションからの6mミサイルレール。

ED55ADB5-83AF-493F-A7C3-501CF5CE59EB

やはり選手たちは昨日からの積雪によりスピード失速が気になるところ。

まず最初に男子予選がスタート。

公式練習では飛ぶタイミングを合わせるライダーが多かったが、試技に入ると完璧に仕上げてくるところがプロである。

その中で前回Freestyle Session in X-JAM覇者、鈴木淳宏が720から1080をクリーンに決めてくる。

このコンディションでは720や900が標準になりそうな中、回転数を上げてくるところがさすがのライディング。

それに続くように森井海琉樹、小笠原成南が1080から完璧なミサイルレールをクリーンメイク。

このスピードが出せない状況で厳しいかと思われたが、山瀬拳生、白河舞冬、木俣椋真の3人の見事なダブルコーク1080で会場を沸かせていた。

0762AF5F-E0AB-4AF4-A237-B71AE4C45BCE

そして今回、US OPENファイナリスト飛田流輝が帰国2日目にしてプロツアーに参戦。

本人いわく寝不足という状態であったが、その注目される1本目はスイッチ900、1080を軽々決めてフィニッシュ。余裕のトップ通過で男子予選が終了。

天気予報によると女子予選が始まる頃に回復するはずであったが、引き続き雪が降る中でスタートしていく。やはりなかなか回転数を上げられない中、いかにトリックをミスなく完璧に決めてこれるかが鍵となる。

2B050260-31EB-4F9C-BEB7-2C699F31A909

今シーズン2連勝の村瀬 由徠がスムーズなスイッチ540からバックサイド360、ボードスライドtoフェーキーアウトと流れるようなルーティンで1本目を終えてくる。

次に國武真葵もミサイルレールでボードスライドから270outでスタイルを出してくる。

やはり360が標準技になる女子予選の中で、アマチュアの原優希乃が1本目ノーミス完璧なライディングで堂々の3位通過でプロ昇格圏内に入ってきた。

天気予報が全く当たらない。

ファイナルになっても降り続ける雪。

出走順によって運が左右する状況で女子ファイナルがスタート。

まず女子最年長レジェンド鈴木徳子が徳子フリップ(バックフリップ)テールグラブでスタイルを出し、セカンドセクションではビッグフロントサイド360メランコリーグラブをきっちりメイク。最終セクションはフロントボードスライドで確実にポイントを稼いできた。

フロントサイド高回転が得意な國武真葵。フロントサイド360からバックサイド360インディーグラブを完璧に決め、レールセクションではバック270inトゥーフォーワードでスタイルが入り高得点が予想される。

最終滑走でトップ通過の村瀬 由徠が予選同様のルーティンで攻めてくる。最終レールセクションではバックボードスライドから270アウトと少し難易度を上げてフィニッシュ。期待の2本目はセカンドセクションでバックサイド540を狙っていたのか?残念ながら360で止まってしまい得点を伸ばす事が出来なかった。

4FEEB668-F7F6-4F5E-92F4-85A08E979F02

女子最終結果は予選、決勝ともにブレない同じ滑りを披露し続けた村瀬由徠が今期3連勝という快挙で終了した。

23383B6E-F4F4-4CD3-8B4F-05AA0D490E97

Women Result

1位 村瀬 由徠プロ

2位 國武 真葵プロ

3位 鈴木 徳子プロ

男子決勝でも雪が降ったりやんだりを繰り返す中、900構成で勝ち上がってきた長谷川帝勝が魅せてくる。予選よりさらに完成度を上げてスイッチ900から900テールロンググラブからスイッチバック270in450outでフィニッシュ。

予選3位通過の木俣椋真。スイッチバックサイド900からのフロントダブルコーク1080を決めてくる。最終レールセクションもバック270in450outを決めて高得点が予想される。

予選トップ通過の飛田 流輝。予選からファーストセクションのスイッチ900インディーロンググラブがパーフェクトでフロントサイド1080を先ず決めてくる。2本目はセカンドセクションをバックサイド1080に変えて、最終レールセクションもスピードを減速することなくバック270in450outでガッツポーズでフィニッシュ。

84F005F5-A01D-49B6-909F-F9626C7EFA7A

唯一2本目とも90点台という高得点を叩き出した飛田流輝が、昨年の神立以来の優勝で競技が無事終了した。

ED2F8B9E-BDE6-4C99-9CE7-97CAFAA66FCD

Men Result

1位 飛田 流輝プロ

2位 長谷川 帝勝プロ

3位 木俣 椋真プロ

4位 白河 舞冬プロ

5位 神宮寺 海人プロ

6位 鈴木 淳宏プロ

3月特有の予報でも読めない天候に苦しめられましたが、今年に雪不足の中であっても最高のパークを提供して頂いたゲレンデ関係者様、THE ACTIVE DIGGER CREWの懸命な整備のお陰で無事に終了する事が出来ました。

E4DEBB62-7E64-4EDF-9AF5-8FC2B7EAC0E0

そして運営に携わった役員の皆さま、本当に有難うございました。

明日からは高鷲スノーパークに場所を移し

Round14 Takasu Superpipe Sessionが開催されます。

PSA ASIA最終戦になりますので、乞うご期待ください。

 

PSA ASIA TV : www.psa-asia.com/live

鷲ヶ岳スキー場 : https://ski.washigatake.jp/gelande/

ラピスラズリ : https://lapislazuli.jp

西山酒造場 : http://www.kotsuzumi.co.jp/officialweb/

ALL PHOTO by 008

 

 

アバター
20th Anniversary PSA ASIA Snowboard Pro Tour Page プロスノーボーダー約340名を擁し、日本最大のスノーボードプロツアーを20年に渡り行っています。速く、高く、美しく…今シーズンもプロフェッショナルな滑り、大会情報を皆さまにお届けします! Official Web