TB Inc CUP – Round 6 –

18.19 PSA ASIA Snowboard Pro Tour

ROUND6

『TB Inc CUP』

長野県「牧の入スノーパーク」

天候 ☁/☃ 気温-4℃

63821DBC-3773-4E4D-86B4-8CD26F15D9D6

今回のプロツアーは中部地区大会との併催で行われ、牧の入スノーパーク全面協力のもとコース造成はPSA ASIA スノーボードクロス部長 飯野翔揮が指揮をとりプロコース、地区大会コースの2wayで開催。

F04516D2-9CE8-4F0F-966C-E0AAFDC8EF4D

朝一曇り空だったがスタートすると雪がちらつき始める。

5569C7E4-DC75-4F70-B055-A4B3453E6551

コーススペック

全長   650m

最大傾斜 21度

平均斜度 14度

PROセクション数 18

地区セクション数  16

スタート直後「タスクトラップ」に加えキャメルを抜けたあとのハイスピードではいるバンクがポイントになりそう!そのままスピードにのってくると順位が変わるポイントはフィニッシュまでいくつもあり選手、観客ともに楽しめる。

52B97F99-99A3-48DB-950F-7190462F8D3A

今回は男子トップライダー桃野慎也が欠場の中誰が表彰台にあがってくるのか!?

A1289E17-BA0B-4166-B2C5-520C9BBAD475

女子はセミファイナルまでともに一位独走の前田佳苗恵、中村優花との勝負になるのか!?

A9B5E797-E68C-44FE-A8A0-C773CB661A51

女子ファイナルに残ったのは、中村優花、前田佳苗恵、河合輝美、寺山香織の4人。

レースはスタート直後から河合輝美が飛び出す、続いて前田、中村、寺山と順に続く。

二つ目のバンクで河合が大きくラインを外れ前田、中村が河合を抜き、そのまま安定した滑りでフィニッシュ。

前田佳苗恵、中村優花、河合輝美、寺山香織の順でレースが終わった。

8D64A4AB-2EC3-40FA-8181-01636061C277

男子ファイナルは手計岳隆、元木勇希、荻島貴、川村光佑の4名でスタート

まず先頭に出たのは元木、続いて手計、川村、荻島の順で続く。

このままフィニッシュかと思われたが、後半スピードに乗った手計が元木を追いかけ最終キッカーで横に並びフィニッシュ手前で手計が元木を刺し一位でフィニッシュ!

フィニッシュエリアも歓声が沸き上がる面白いレースとなった。

BB45FE60-459C-4F5F-9DBA-A142EE14B6A4

前田佳苗恵はMitsumata Ups’n’Downs Opening Kagura Cross Challengeに続き2連勝!

WOMEN RESULT

1位  前田佳苗恵

2位  中村優花

3位  河合輝美

4位 寺山香織

 

2F660F5C-0745-4DCC-9E83-983F372F49F0

笑顔が眩しい手計岳隆はプロ初優勝を飾った!

MEN RESULT

1位 手計岳隆

2位 元木勇希

3位 荻島貴

4位 川村光佑

5位 黒木誠

6位 生駒大祐

7位 迫田英樹

8位 大内晋一

 

B37EB21B-FEFF-4D01-91D9-BC2A817F2858

表彰式では 17-18SEASON ベストライダー中村優花の表彰も行われました。

アクリル運動部株式会社様特注の写真入りパネルが贈呈されました。今後の活躍に期待です!

9EC83ED5-0BA6-49DE-9D7D-39D73365D56C

今回大会開催して下さった牧の入スノーパーク様、スポンサーのTB inc様、大会関係者の皆様、

本当に有難うございました。

PSA ASIA TV    : www.psa-asia.com/live

牧の入スノーパーク :  http://makinoiri.com

アクリル運動部  :http://acryl-sportsclub.jp

アバター
20th Anniversary PSA ASIA Snowboard Pro Tour Page プロスノーボーダー約340名を擁し、日本最大のスノーボードプロツアーを20年に渡り行っています。速く、高く、美しく…今シーズンもプロフェッショナルな滑り、大会情報を皆さまにお届けします! Official Web