Takasu Superpipe Session -Round 14-

18.19 PSA ASIA SNOWBOARD PRO TOUR 

Round 14

『Takasu Superpipe Session』

岐阜県「高鷲スノーパーク」

天候 ☀️気温-4℃

今シーズン非常に厳しい雪不足により、明日からのKinseiryuho GRAND CHAMPIONSHIP Snowboardcrossがキャンセルになったため実質プロツアー最終戦になったTakasu Superpipe Session。

F0167143-D439-41B6-B28B-521593F95ACF

ここ高鷲スノーパークは雪不足でも降雪機をフル稼働しスーパーパイプを必ず常設してくれる最高のリゾート。そしてGlobal Snow Design代表の青木亮氏が最高のシェープをキープし続けるハーフパイプでプロの熱き戦いが繰り広げられる。

高さは7mという巨大な壁に果敢にドロップしていくプロライダー達。公式練習が始まると高さ回転数が徐々に上がっていく。

先ずは女子予選、富田るきが魅せてくる。バックサイド540から720を余裕で決めてラストヒットは高さのあるトゥウィークでフィニッシュ。1本目から高得点が期待される。

7943EAB3-157C-4EAF-9E96-B9E144D6F759

昨年度ルーキージャム覇者の覚張美咲も高さあるメソッドトゥウィークから720スイッチ720のコンボ、540バックサイド540スピンコンボで本日最高のルーティンを披露。

540、バックサイド540、720と高さそしてスムーズなライディングを決めていた喜多風和里も予選から魅せていた。

男子予選が始まる頃に気温が上昇。硫安を懸命に散布しシェープ維持につとめるGlobal Snow Design Crew。その最高の整備のお陰で男子公式練習はヒートアップしていく。

CB064885-4FB3-480F-A9A8-B4C0361ECC35

先ずは高鷲スノーパークで強さを感じさせられる穴井一光。注目の1本目でビッグトゥウィークから1080テールグラブ、スタイルのあるハーコンフリップ、そして高さをキープしたままの900テールグラブでフィニッシュ。

次に魅せていたのが前田力穏。バックサイド540から900、バックサイド900とスピンコンボで攻めてくる。

そして回転数ではトップであった重野秀一郎が1080からのスイッチ720、900、バックサイド900を決めてくる。2本目も同じルーティンで更に高さを上げて高得点を稼いできた。

そして高さといえば昨年度ルーキージャム覇者、永田浩範がビッグ900インで会場を沸かせていた。

今日は昼から雪という天気予報であったが、そこは外して快晴のままファイナルラウンドへ。最高の舞台が整ったところで女子がスタート。

先ずは魅せてきたのが玉田貴ら。予選より回転数をあげて、540からバックサイド540、720からスイッチ720と年々進化し続けているルーティンで会場を沸かせていた。

1本目で転倒してしまった富田るき、覚張美咲の2人。集中力が試される2本目で900インで攻めてきた富田るき。それをみて安定したビッグメソッドトゥウィークから720コンボ、540コンボとスピントリックで決めきってガッツポーズの覚張美咲。

いったい誰が勝者なのか???最終リザルトの結果はいかに???

09BF32CE-8D85-4F4D-967E-569DA5E7DBB6

やはり予選から高さとスピントリックとも安定していた予選トップ通過の覚張美咲が優勝であった

C1C06CF8-B796-47A8-9F62-1482AF949599

Women Result

1位 覚張 美咲プロ

2位 玉田 貴らプロ

3位 冨田 るきプロ

 

男子ファイナルは、予選から高さが目立っていた永田浩範。1本目2本目より回転数をあげて1260をルーティンに入れてくるも惜しくも転倒してしまう。

予選2位通過の口寸保頼央が今日一番の高さ、バックサイド540からダブルコーク1080を決めてくる。2本目はスイッチダブルコーク1080も繋げてくるも惜しくも転倒。

完璧に決めきれない男子ファイナルで先ず前田力穏が魅せてくる。トゥウィークインから1260を完璧にメイク。そして後半は落ち着いてバック540から900ロングテールグラブでフィニッシュ。

予選から安定感抜群の重野 秀一郎も1080からスイッチ1080、そして完璧な1260と決めてくる。

男子ラストは予選トップ通過の余裕を感じさせる穴井一光。1本目の点数を更に上回るルーティン構成で攻めてきた2本目。1440からスイッチ1080、1260から特大アーリーロデオ540ロングインディーグラブで会場を沸かせてくれた。

2599B271-80AA-498C-A3A9-0BB5BCC3150F

そしてこの2本目のランが高鷲での自身大会3連覇を引き寄せたのであった。

464087BF-EEE8-405A-9CA5-7FECC910D368

Men Result

1位 穴井 一光プロ

2位 重野 秀一郎プロ

3位 前田 力穏プロ

4位 永田 浩範プロ

5位 藪 亮太プロ

6位 菊地原 小弥汰プロ

 

今年は全国的な雪不足の中、昨年より更にサイズアップしたスーパーパイプを用意してくれた高鷲スノーパーク。そしてその整備に携わってくれているGlobal Snow Designに感謝しかありません。そして残念ながら今シーズン最後のプロツアーになりました。大会運営に携わってくれた皆様、そして何より大会を盛り上げてくれた選手の皆様、本当にお疲れさまでした。

また来年に向けて更に良いステージを準備していきたいと考えていますので、これからもPSA ASIAをどうぞ宜しくお願い致します。

02A2250E-EA90-412E-B490-3C30F9D9A9EE

ALL PHOTO by 008

 

PSA ASIA TV : www.psa-asia.com/live

高鷲スノーパーク : https://www.takasu.gr.jp

ラピスラズリ : https://lapislazuli.jp

西山酒造場 : http://www.kotsuzumi.co.jp/officialweb/

 

シェア
20th Anniversary PSA ASIA Snowboard Pro Tour Page プロスノーボーダー約340名を擁し、日本最大のスノーボードプロツアーを20年に渡り行っています。速く、高く、美しく…今シーズンもプロフェッショナルな滑り、大会情報を皆さまにお届けします! Official Web