overview1_izumi

スプリングバレー泉高原スキー場

RESORT DATA

住所 : 宮城県仙台市泉区福岡字岳山14-2

電話番号 : 022-379-3755

営業期間 : 2017 年12 月15 日~ 2018 年4月8日(予定)

アクセス : 車>東北自動車仙台宮城IC ~ 27km(約50 分)または東北自動車道泉IC ~ 27km(約50 分)

リフト料金 : 8 時間券:大人3,800円、小学生2,700円 4時間券:大人3,200円、小学生2,200円 ナイター券:大人2,900円、小学生2,000円

URL : http://www.springvalley.co.jp/

仙台市街から車で40分!充実のナイター営業で仕事後でも滑りに行けるシティ派ゲレンデ

目の前に仙台市内が見えるスプリングバレー泉高原スキー場はとにかく市内からのアクセスが抜群に良い。仙台市のスノーボーダーだけではなく、仙台観光に来た県外の方もお手軽に滑ることが出来るまさにシティゲレンデだ。コースはコンパクトながら多彩な12コースがあり、メインのクワッドリフトに乗れば全コースの8割以上をカバー出来るレイアウトの良さ。メインコースのクリッパーAは断続的に中斜面が続きカービングが気持ちいい。

スプリングバレー泉高原の最大のおすすめは宮城最大級のアイテム数を誇る「SPRING VALLEY PARK」とナイター営業だろう。パークは全長約1,000mのコースにキッカーエリア、10m級ビッグキッカー、ジブエリアで構成。また、パーク下部にあるルーキーズパークでは、スノーパーク初心者を対象にミニキッカーやBOXアイテムを利用した無料レッスンも毎日開催されている。一方ナイターは毎日夜10時までというシティゲレンデならではのロングタイム営業。さらに毎週金土は夜11時までの「イレブンナイター」を開催。通常よりも長い滑走が可能になる。このイレブンナイターデイと日祝はナイター前にゲレンデの整備が入るため、リフレッシュしたバーンを滑れるのだ。しかも特筆すべき点はパークもナイター照明完備。夜だけ遊びに来てパークをラップするなんて事も可能。眼下に仙台市内の灯りを眺めながらナイターパークで楽しむ。街から近いシティゲレンデだからこそ楽しめる遊び方を是非スプリングバレー泉高原で堪能して欲しい。

ARTICLES

NEWS