LIB TECHコレクター登場!! その2「最近買い逃してた板も集めてるんです」

音楽に例えればジャケ買いしても後悔しない
板に乗り手が合わせるのが、また楽しいっていう感じです

上田拓郎さん(岐阜県)

ジェイミーモデル中心のコレクション、買い逃した板を求めて各地のリサイクルショップを覗くことも多いという
ジェイミーモデル中心のコレクション、買い逃した板を求めて各地のリサイクルショップを覗くことも多いという

きっかけはRoad killでした。あのムービーの中でのジェイミーのメソッド(トゥイーク)が強烈に印象に残り、当時はまだスキーヤーだったんですが、自分もあれをやってみたい衝動に駆られ即スノーボードに乗り換えました。先に友人がスノーボードにハマって、自分もスキーから乗り換えました。最初はLIB TECHではなかったんですが、スノーボードにどっぷりハマッて始めた2年後には全身ジェイミーモデルになってました。ボードはもちろん、ウエアも当時のSESSIONSのジェイミーモデル。当時の自分が乗ってたのは148cmのジェイミーモデルでちょっと短かったんですが、もう嬉しくて、楽しくて、ところかまわず飛んだりしてましたね。普通に滑るだけじゃなくて、キャンプにも参加して、1996年の夏にはUSA Mt.Hoodのサマーキャンプにも行っちゃいました。当時はな~んもわからず、勢いで行ったんで、キャンプも8月の最終セッションのタイミングでメローな感じだったんですが、そこで幸運にもジェイミーに会えた。もちろん自分が乗ってたジェイミーモデルにサインもらって、アメリカ最高!!初めて本場のシーンに触れてますますスノーボードにのめり込んでいきました。

96年に参加したサマーキャンプのときにジェイミーにもらったサイン(左)
96年に参加したサマーキャンプのときにジェイミーにもらったサイン(左)

でも、実は途中何年かLIB TECHから離れてた時期があって。なんていうのかな、その時はシェイプや長さの違う板に乗ってみたかったっていうのもあって、6年ほど別のブランドに行ってた。でも、結局またLIB TECHに戻ったんです。シーンに革命を起こしたバナナテクノロジー(ロッカー)、波打つエッジって何!? マグネトラクションって!? キャンバーしか知らない昔から滑っている人にとっては理解不能でしたが、初代SKATE BANANAのグラフィックが最高過ぎて迷わず購入(笑)
いちばん気に入ってる板は2013~14モデルのネコのグラフィックで耳が突き出してるパウダーボード。とはいえ、ハーフパイプやキッカーもいけるし、圧雪も調子いい。ちょっと意外な形をしているんですが、あらゆるテレイン、コンディションで万能過ぎて、自分にとっては一番信頼感もある板で、今でも大切に乗っています。
最近になって、昔欲しかったけれど、買い逃してた板を集めてるんです。各地のリサイクルショップ覗いたりして、昔昔のボードを見つけて、自分が乗れるサイズで、財布に優しい値段だったら『文化財保護』という名目で買っています。ビンテージブームでとんでもない値段で取引されていたりもしますが、あくまでも自分が乗れるサイズでそこそこの値段でそれがジェイミーモデルだったら言うことなし!! やっぱりスノーボードは乗ってなんぼかなって思うので。今のスキルで当時の板を乗れる楽しみもありますよね。で、コレクションはほぼジェイミーモデル中心、やはりあのアートがたまらなく好きなんです。真っ黒な板じゃなくて、グラフィックも面白味がある楽しい板、それがやっぱりスノーボードっぽいと思いますから。今シーズンはいただいた30周年記念モデルADVANCE KNIFEとネコをメインに、気分やコンディションによってコレクションの中からいろいろチョイスして楽しみたいと思っています。

いちばん気に入っているという遊び心満載のネコ型アウトラインのモデル
いちばん気に入っているという遊び心満載のネコ型アウトラインのモデル

LIB TECHNOLOGIES BRAND PAGE

シェア
SBN FREERUN(フリーラン)はSNOWBOARD NETWORK=SBNとSNOWBOARDERS LIFE FREERUN(フリーラン)を融合させた国内最強のスノーボード専門Webメディアです。初心者からエキスパートまで、レベルを問わず、スノーボード・スノボの楽しさを伝え、スキルアップをはかるためのたくさんの情報を発信していきます。スノーボード専門誌FREERUN(フリーラン)ならではの視点で、日本、そして世界各地から発信される最新の話題も含めて、クォリティの高い、面白いコンテンツを数多く提供。365日スノーボードを中心にアクションスポーツを楽しんでいけるライフスタイルをサポートしていきます。