GANGSTA JIB SESSION RECAP!!

GANGSTA JIB SESSION RECAP!!

Yo!Yo!What’s up, What’s up!!先シーズン大盛り上がりを見せたGANGSTA JIB SESSIONが今シーズンも帰ってきた!FREERUNとDirty Pimp主催のこのイベントは3WAYのアイテムを舞台にどれだけやばいトリックを魅せられるのかを競うシンプルなジブコンテスト。全国各地から多くのジバーが集まり、国内ジブシーンにおいてもっとも盛り上がるコンテストといっても過言ではない。石打丸山スキー場特設STAGEでおこなわれたイベントの模様をレポートしよう。

Photo: ZIZO
DSC_5353のコピー
今年も開催されたGANGSTA JIB SESSION、大会開催の朝はまさかの吹雪。かなりの降雪があるなかのスタートになった。
今年のレイアウトは、レインボーBOX、ダブルダウン、シングルレイルの3セクション。ダブルダウンレイルとレインボーBOXは横からのinも可能なように斜めのアプローチも設置。このレイアウトで意識していたのは何より、多くの技が生まれること。アイテムを手がけたのはもちろん石打丸山スキー場のSNOWPARKを手がける百戦錬磨のディガークルーSNOW CASE。彼らの手によって理想的なジブコンテストのパークが出来上がった。

DSC_4761
今年も会場に現れた謎のPINK MAN
DSC_4767
キッズでレインボレイルを果敢に攻めていたひまりちゃん
DSC_4855
ハードなスラムに負けじとレイルを攻めたウエキ レナ

ジャッジを担当するのはもちろんDPクルー。フィルマーのDP、ライダーのTeddy Koo、小川凌稀、高橋龍正、34らがジャッジを担当。国内ストリートシーン最前線を走り続けるDPクルー。ジャッジも彼らが担当するだけに、細かい部分まできちんと見抜く。どれだけ正確に乗れているか、そしてランディングまできっちりメイクできているか。厳しい目でチェックする。

DSC_4948
アマクラスの参加者たちもかなりのハイレベル、AM4位のフクダジュンペイ
DSC_5198
石打丸山賞の阿刀 暖、多彩なトリックバリエーションをみせていた

まずは、アマチュア予選から。アマクラスは、スポンサーが付いていないアマチュアのみが参加できるクラス。GANGSTA JIB SESSIONにでている参加者たちのスキルはかなりレベルが高い。アマクラスとオープンクラス両方のエントリーも可能で腕に自信のある参加者たちはどちらもエントリーしていた。

DSC_5227
ひときわGANGSTAな動きで目立っていたマイケル
DSC_5317
とにかく乗れてる澤田一磨。ポールへの当て込みなどクリエイティブな動きも他のライダーとは違っていた

予選から目立っていたのが特に西からやってきた参加者たち。名古屋のプロショップGOLGODAクルーやオフシーズンSNOVA羽島を滑り込んでいた参加者はかなりのハイレベルだ。毎年のことながらこのイベントはオールハイクアップ。予選から決勝まで勝ち上がるにはかなりのハイクアップが必要だ。その上でトリックを確実にメイクしていく体力・メンタル面も勝利の鍵。

DSC_5326
AM2位のヤマシタシズカ。しなやかな動きでアイテムを攻略する。ガールズのレベルもかなり高かった
DSC_4939
佐藤亜耶はダブルダウンレイルを全抜き
DSC_4997
ハードなトランスファーで会場をうならせたTeddy Koo

オープンクラスからは、スポンサーライダーたちも参加。DPからは小野崎カリン、米野シュンシ、マイケルらが参加。他にも名だたるライダーたちもエントリー。オープンクラスまでいくとかなりのハイレベルなセッション。ハードなトランスファーや270outなどテクニカルなトリックからガッチリとスタイルの入ったボードスライドまでなんどもいいトリックがメイクされている。オープン決勝は、誰が勝ってもおかしくないハイレベルなセッションだった。その中で今回BEST JIBBERに輝いたのは、愛知の若手鈴木冬生。安定感のあるトリックに、スタイルの入ったボード捌きをみせていた。10代ながら洗練されたそのスタイルは今後の可能性を感じさせる動きで将来が楽しみなライダーだ。BEST TRICKは奥野秀基。Wダウンレイルのフラット部分にバックサイドテイルスライドto270outをメイクし、会場を沸かせた。BEST GIRLは松田麻衣子。昨年の雪辱を果たし、今回見事BEST GIRLを獲得した。

DSC_5204
BEST GIRLの松田麻衣子。さすがのジブ捌きで雪辱を果たした
BEST TRICKの奥野秀基。アグレッシブな攻めっぷりが印象的だった
BEST TRICKの奥野秀基。アグレッシブな攻めっぷりが印象的だった
DSC_5197
BEST JIBBERの鈴木冬生。10代ながら洗練されたそのスタイルは将来が楽しみなライダーだ

昨今、どんどん減ってきているジブコンテスト。シンプルな3WAYで技、スタイルをアピールしライダーたちと競い合う。1シーズンの目標をこのイベントに定め、オフシーズン滑りこむ。そんな将来性のあるイベントになった。来シーズンはさらに参加者たちのスキルが上がっていくはずだ。早くも来シーズンの開催が楽しみだ


Sponsor
VOLCOM, CAPiTA, ROME SDS, RIDE, GILAFFE, DEVGRU, SNOW CASE
Skallcandy, GNU, ELECTRIC, UNION, SALOMON, ANALOG, JSLV, L1, NOMADIK
DEELUXE, CELTEK, NEFF, stinky, HOWL, COAL, BIG MOUTH, 石打丸山, SNOVA羽島

Result

Best Jibber Toui Suzuki
DSC_5436
Best Trick Shuki Okuno
DSC_5429
Best Girl Maiko Matsuda
DSC_5426
アマクラスガールズ
1st Mai Iwasa
2nd Shizuka Yamashita
3rd Himari Takamori
4th Haruna Ishihara
DSC_5371
アマクラス
メンズ
1st Ryouichi Iwaida
2nd Shinya Karemoto
3rd Kazuma Shimizu
4th Junpei Fukuda
DSC_5384
Skallcandy賞 Karin Onozaki, Kazuya Saito, Sena Suzuki
DSC_5404
Teddy_NOMADIK賞 Toui Suzuki, Natsuki Sato
DSC_5415
34_Celtek 賞 Rena Ueki
DSC_5422
Electric賞 Fumiya Okamoto
DSC_5391
CHOSHA_GILAFFE賞 Kazuma Mio
DSC_5421
石打丸山賞 Dan Ato
DSC_5413

シェア
SBN FREERUN(フリーラン)はSNOWBOARD NETWORK=SBNとSNOWBOARDERS LIFE FREERUN(フリーラン)を融合させた国内最強のスノーボード専門Webメディアです。初心者からエキスパートまで、レベルを問わず、スノーボード・スノボの楽しさを伝え、スキルアップをはかるためのたくさんの情報を発信していきます。スノーボード専門誌FREERUN(フリーラン)ならではの視点で、日本、そして世界各地から発信される最新の話題も含めて、クォリティの高い、面白いコンテンツを数多く提供。365日スノーボードを中心にアクションスポーツを楽しんでいけるライフスタイルをサポートしていきます。