ELECTRIC ALL FLAT CASH JAM 2017 RECAP

ELECTRIC ALL FLAT CASH JAM 2017 RECAP

2/11(土)新潟県・石打丸山スキー場 特設STAGEにて今年もおこなわれたELECTRIC ALL FLAT CASH JAM。毎年ELECTRICらしいCOOLなレイアウトとアイテムで争われるこのイベント。今年の目玉は何といってもリフト小屋のリアルな屋根ライド。全国各地から集まったジバーたちがCASHをかけて激しい攻めっぷりを見せたイベントをレポートする。
Photo: ZIZO
6_DSC_6702

1_DSC_6651
GOLGODAクルー!ファッションも攻めっぷりもNICE

ELECTRICが主催のジブイベントALL FLAT CASH JAM。もうお馴染みとなったこのイベントだが、改めてルールを説明しておこう。イベントのルールは、いたってシンプル。とにかく魅せる滑りをして会場・ELECTRICライダーたちにアピール。見事アピールに成功した参加者はライダーたちからCASHをもらえる。どれだけ多くのCASHを稼いだかで勝負が決まるのがこのイベントだ。

2_DSC_6678
フラットレイルと蛇腹、軽く擦ってからメインのアイテムへ
3_DSC_6676
ELECTRICのロゴを彷彿とさせる3段VOLTレイル&ダブルダウンレイル

今回の特設アイテムはライダーズレフトからフラットエリアにレイル&蛇腹、ダウンエリアにELECTRICのイナズマロゴを彷彿とさせる3段VOLTレイル&ダブルダウンレイル。そして一番右にアップレイルから屋根ライド to ドロップが可能なアイテムだ。今回ジャッジを担当したのは、Teddy Koo、高尾翔馬、小川凌稀の3人のライダー。フリーエントリーフリーランチでおこなわれたALL FLAT CASH JAM。今年も3ヒートに分かれてのジャムセッションがスタートだ。

4_DSC_6680
今回の目玉アイテム アップレイルto屋根ライド ドロップ
7_DSC_6710
予選から攻めまくっていたミオ カズマ

予選から白熱したジブバトルが繰り広げられた。この大会のアイテムは決してイージーなアイテムではないが、エントリーしている参加者たちはガンガンアイテムを抜いていく。メインとなった3段VOLTレイルとダブルダウンレイルの前にある、フラットレイルと蛇腹の使い方は自由だ。このアイテムを当ててから下の2アイテムにHITするとアプローチはかなりタイトになる。だが、うまい参加者たちは巧みに両方のアイテムをメイクしていたのが印象的だった。MCも話していたように難易度は上がるが、前半のアイテムに入った方が後半のアイテムのスピードがつき、入りやすいという利点もあった。

8_DSC_6756
テクニカルなトリックも難なくメイクする滝川 航

このイベントはメンズもガールズもキッズも同じカテゴリでおこなわれる。予選からガールズやキッズの参加者たちの攻めっぷりも年々進化している。中には、バックリップで3段VOLTレイルやダブルダウンレイルを攻めるガールズも。

9_DSC_6805
メンズライダーに引けを取らないスタイルと乗れっぷりで魅せる 34

予選ヒートの合間には、毎年お馴染みのランチタイム。石打丸山スキー場の極上カレーライスがFREEで食べられる。ハードな攻めっぷりと多くのハイクアップをこなした参加者たちはお腹もペコペコ。カレーを頬張りながら応援する。

DSC_7013
FREE LUNCHにおもわず顔も緩む

予選から勝ち上がった参加者たち。昨シーズンも勝ち上がっていた猛者の姿もちらほら。実力者のみによる決勝が始まった。予選では多くのCASHを稼げたトリックも、決勝ともなるとさらにヤバいトリックを決めていかなければ勝つことは出来ない。このイベントの難しいところは、コンスタントに安定したトリックを積み重ねて少額のCASHを稼いでも、1発のヤバいトリックで荒稼ぎすれば逆転できるところ。ただし、その1発を狙いすぎてもメイクできなければCASHはもらえない。どのトリックでいくかも勝負の分かれ目なのだ。

3位に入った岡本史哉、多彩なトリックでアイテムを攻略した
3位に入った岡本史哉、多彩なトリックでアイテムを攻略した
A_DSC_7060
2連覇を果たした澤田一磨、圧巻の滑りに会場が湧いた

決勝でとにかく目立っていたのは昨年度も優勝したGILAFFE SNOWBOARDSライダーの澤田一磨。とにかくスタイルの入った板さばきに安定したメイク率でCASHを稼ぎまくり。今年も昨年度に続き、大会2連覇を果たした。年々レベルが上がってきている今大会。果たして来年はどんなヤバいセクションになるのか。そしてどんなヤバいトリックが飛び出すのか。来年もまた多くのCASHが舞うのを期待したい。

11_DSC_7582
また、この大会の後には入賞者とライダーたちによるPHOTO SESSUONがおこなわれた。そこで残ったヤバい写真は来シーズンのFREERUN紙面にて掲載予定。こちらもお楽しみに!

Result

1位 澤田一磨 サワダ カズマ
2位 澤村 岳 サワムラ ガク
3位 岡本史哉 オカモト フミヤ
4位 田中一年 タナカ カズトシ
5位 米野舜士 コメノ シュンシ
6位 鈴木宏晟 スズキ コウセイ
Best Trick 滝川 航 タキカワ コウ

シェア
SBN FREERUN(フリーラン)はSNOWBOARD NETWORK=SBNとSNOWBOARDERS LIFE FREERUN(フリーラン)を融合させた国内最強のスノーボード専門Webメディアです。初心者からエキスパートまで、レベルを問わず、スノーボード・スノボの楽しさを伝え、スキルアップをはかるためのたくさんの情報を発信していきます。スノーボード専門誌FREERUN(フリーラン)ならではの視点で、日本、そして世界各地から発信される最新の話題も含めて、クォリティの高い、面白いコンテンツを数多く提供。365日スノーボードを中心にアクションスポーツを楽しんでいけるライフスタイルをサポートしていきます。