1819SPARK_FREERUNWEBのコピー
spark-rd

Spark R&D (スパーク アールアンドディ)

BRAND INFORMATION

会社名:native products co.,ltd.

電話番号:0422-20-0150

 

URL:https://www.nativeproducts.jp/sparkrandd

Facebook

メール:sales@nativeproducts.jp

BRAND CONCEPT

スプリッドボード業界に改革をもたらしたSPARK R&Dは、アメリカ モンタナ州ボーズマンを拠点に2006年からスプリットボードを愛するライダー達によって経営・ 運営されてきたブランド。2013年、それまで使われてきたピンマウントシステムに代わって登場したTESLA T1システムは、バインディングのつま先についているピンを横にスライドさせスナップランプを下げるだけでロックすることができる革新的なシステム。18-19モデルでは更なる進化を求め素材に着目。グラム単位にまで徹底的にこだわった超軽量化を果たした新シリーズ「PRO Series」を発表。ツアー&ライド時全てにおいて使いやすさを追求したパーツからインターフェイスなど全てを自社生産するスプリットボードバインディングのリーディングカンパニー。

1 month ago

Spark R&D Japan

SPARK R&D 2018-2019モデルの仕様変更と発売中止モデルについてのお知らせ

【FUSION MOLDED TOURING BRACKETSの販売見送りについて】
あらゆるフィールドでのテストを経験し、展示会ではそのパフォーマンス性はとても卓越した設計として高評価を得て、SPARK R &D社は1819のT1 BINDING用
のTOURING BRACKETSにプラスチック製の”FUSION MOLDED TOURING BRACKETS”を採用する予定でおりましたが、現在までに完成形に到達することは出来ませんでした。
当社といたしましては完璧ではない物を1819モデルの製品として発売することを見送ることを決定致しましたのでお知らせいたします。

1819製品には既にここ数年信頼できるブラケットとして使用してきたアルミニウム製の"Tesla/T1 V4 touring bracket”を全Arc、Surge、Pro-modelに標準装備として出荷致します。

それによっていくつかの製品にも変更があります。
■Pro series bindingsの変更
ブラケットへの接合部分であるピボットピンの素材がアルミニウム製からステンレススチール製へと変更になりました。
ピボットピンを中空仕様にすることで標準仕様のARC/SURGEモデルに付属しているピボットピンよりも33%軽量化されています。
これによりFusion molded touring bracketsへのみ取り付けが可能だったPRO Seriesは、全てのTesla/T1 touring bracketsへの取り付けが可能となりました。

■IBEX PRO CRAMPONの変更
スライド部分のパーツにアルミニウムを採用予定でしたが、通常のIBEX同様の真鍮(黄銅)になり、全てのTesla/T1 touring bracketへ装着が可能です。

■2nd Board Kitについて
1819 2nd Board Kitには当初Fusion Molded touring bracketが付属する予定でしたが従来通りアルミニウム製Tesla/T1 V4 touring bracketsが付属します。
これによって価格は7,000円から昨年同様の9,000円となります。

■Spare & Hardware Fusion Molded touring bracket
単品でのアップグレードパーツとして発売予定だったFusion Molded touring bracketは今期発売致しません。
発注からは完全に取り除かせて頂きます。
かわりにTesla/T1 V4 touring bracketを注文した場合は改めてご連絡下さい。

【Crossbar Clipのアップデートについて】
18/19のクロスバークリップは展示会での発表以降に設計をアップグレードすることになりました。
今期お届けするクロスバーは以下のように変更されています。

■増加したクランプ(締め金)移動とレバレッジ(てこ装置)
レバーは180度、-90度反転し、より広く開くことができ、ボードの半分を一緒にスライドさせることが容易に。
レバレッジの改善により、クランプを簡単に締め付けることが可能
■優れた耐久性
クロスバーはアルミニウムLブラケットではなく、真鍮ブッシュの下をスライド。(アルミニウムの摩耗を除去するため)
■1つ減らしたネジ
レバーがクロスバーの追加ネジの代わりに取り付けネジで枢動
■調節性の向上
1718バージョンより50%以上の範囲拡張。
■向上した接続
よりしっかりとした接続のため、クロスバーのU字型カットアウトが取り付け金具(mounting hardware)を囲う仕様
■更なる軽量化
7gm/per Clip (48g/per clip with screws)の軽量化
... See MoreSee Less

SPARK R&D 2018-2019モデルの仕様変更と発売中止モデルについてのお知らせ

【FUSION MOLDED TOURING BRACKETSの販売見送りについて】
あらゆるフィールドでのテストを経験し、展示会ではそのパフォーマンス性はとても卓越した設計として高評価を得て、SPARK R &D社は1819のT1 BINDING用
のTOURING BRACKETSにプラスチック製の”FUSION MOLDED TOURING BRACKETS”を採用する予定でおりましたが、現在までに完成形に到達することは出来ませんでした。
当社といたしましては完璧ではない物を1819モデルの製品として発売することを見送ることを決定致しましたのでお知らせいたします。

1819製品には既にここ数年信頼できるブラケットとして使用してきたアルミニウム製のTesla/T1 V4 touring bracket”を全Arc、Surge、Pro-modelに標準装備として出荷致します。

それによっていくつかの製品にも変更があります。
■Pro series bindingsの変更
ブラケットへの接合部分であるピボットピンの素材がアルミニウム製からステンレススチール製へと変更になりました。
ピボットピンを中空仕様にすることで標準仕様のARC/SURGEモデルに付属しているピボットピンよりも33%軽量化されています。
これによりFusion molded touring bracketsへのみ取り付けが可能だったPRO Seriesは、全てのTesla/T1 touring bracketsへの取り付けが可能となりました。

■IBEX PRO CRAMPONの変更
スライド部分のパーツにアルミニウムを採用予定でしたが、通常のIBEX同様の真鍮(黄銅)になり、全てのTesla/T1 touring bracketへ装着が可能です。

■2nd Board Kitについて
1819 2nd Board Kitには当初Fusion Molded touring bracketが付属する予定でしたが従来通りアルミニウム製Tesla/T1 V4 touring bracketsが付属します。
これによって価格は7,000円から昨年同様の9,000円となります。

■Spare & Hardware Fusion Molded touring bracket
単品でのアップグレードパーツとして発売予定だったFusion Molded touring bracketは今期発売致しません。
発注からは完全に取り除かせて頂きます。
かわりにTesla/T1 V4 touring bracketを注文した場合は改めてご連絡下さい。

【Crossbar Clipのアップデートについて】
18/19のクロスバークリップは展示会での発表以降に設計をアップグレードすることになりました。
今期お届けするクロスバーは以下のように変更されています。

■増加したクランプ(締め金)移動とレバレッジ(てこ装置)
レバーは180度、-90度反転し、より広く開くことができ、ボードの半分を一緒にスライドさせることが容易に。
レバレッジの改善により、クランプを簡単に締め付けることが可能
■優れた耐久性
クロスバーはアルミニウムLブラケットではなく、真鍮ブッシュの下をスライド。(アルミニウムの摩耗を除去するため)
■1つ減らしたネジ
レバーがクロスバーの追加ネジの代わりに取り付けネジで枢動
■調節性の向上
1718バージョンより50%以上の範囲拡張。
■向上した接続
よりしっかりとした接続のため、クロスバーのU字型カットアウトが取り付け金具(mounting hardware)を囲う仕様
■更なる軽量化
7gm/per Clip (48g/per clip with screws)の軽量化

2 months ago

Spark R&D Japan

#gaucho #ニューモデル展示中最新18-19『SPARK R&D』先行展示開始!

初日から沢山のご来店をありがとうございます。最軽量の新型Tesla T-1 ARC-PRO、Ibex-PROクランポン、定番ARC&SURGEの展示開始です!“スペック値以上“に感じるPROシリーズの大きな違いと恩恵。更に改良された定番機種の進化した操作性など是非手にとって実感してみてください!お知らせしてましたアイテムの他に、デザイン変更されたStep-in仕様のヒールロックT-1 Step Lockers、スタンスに加えて遂にセンター調整が可能になった通常ボード取付用Solid Board Pucksもご覧いただけます。ヒールロックは新旧の比較ができますよ♪ 展示期間は9/30(日)まで、ヨロシクです!#sparkrandd #ガウチョイベント
... See MoreSee Less

#gaucho #ニューモデル展示中

2 months ago

Spark R&D Japan

#SPARKRANDD #カタログ号 #FREERUNMAGAZINE #SPLITBOARD ... See MoreSee Less

#SPARKRANDD #カタログ号 #FREERUNMAGAZINE #SPLITBOARD

2 months ago

Spark R&D Japan

#SPARKRANDD #DIGGINMAGAZINE #SPLITBOARDBINDING

今回谷川岳警備隊 新井氏の生の使用感想コメントを掲載させて頂きました。
... See MoreSee Less

#SPARKRANDD #DIGGINMAGAZINE #SPLITBOARDBINDING 

今回谷川岳警備隊 新井氏の生の使用感想コメントを掲載させて頂きました。

6 months ago

Spark R&D Japan

SPARK R&D 2018-2019 CATALOG

進化し続けるSPLIT BOARD BINDING。スパークR&D社は更なる進化を求め素材に着目。グラム単位にまで徹底的にこだわった超軽量化を果たした新シリーズ「PRO Series」を発表。

#sparkrandd #splitboard #binding #splitboardbinding #snowboard #arc #surge #ibexcrampon #teslat1 #スノーボード #スパークアールアンドディー #スプリットボード
... See MoreSee Less

SPARK R&D 2018-2019 CATALOG

進化し続けるSPLIT BOARD BINDING。スパークR&D社は更なる進化を求め素材に着目。グラム単位にまで徹底的にこだわった超軽量化を果たした新シリーズ「PRO Series」を発表。

#sparkrandd #splitboard #binding #splitboardbinding #snowboard #arc #surge #ibexcrampon #teslat1  #スノーボード #スパークアールアンドディー #スプリットボード
Load more

BRAND TOPICS

BRAND NEWS

Translate »