FULLON EYEWEAR (フローン アイウエア)

BRAND INFORMATION

会社名:有限会社ガンプ

URL:http://fullon-sg.com/

電話番号:03-3407-0609

Facebook / Instagram

メール:info@gump.cc

BRAND CONCEPT

「着替える感覚で身につける。」デイリーユースなアイウェア「FULLON」

FULL ONという最高潮な気分の時に使う造語から由来する誕生から14年目を迎えるドメスティック、アイウェアブランド「フローン」。「Tシャツのようにその日の気分とコーディネイトに合わせて着替える感覚で身につける。」をコンセプトに高品質を追求しつつ、リーズナブルなプライスを実現。モデルラインナップは、偏光レンズタイプのBLUE LABEL、UVカットレンズタイプのORANGE LABEL、調光レンズタイプのGREEN LABELで用途に合わせて選ぶことができる。スノーボーダーはもちろん、ワールドワイドに活躍する様々なジャンルのアスリートの他、ヘリのパイロット、フォトグラファー、イラストレーターなど感性豊かなクルーを多岐に渡りサポートしている。

1 month ago

Fullon Eyewear

... See MoreSee Less

1 month ago

Fullon Eyewear

2017全日本アマチュア・ スケートボード選手権
サポートする高校生の長江寅之介が5位入賞!
AJSA公認プロ資格獲得しました。

10/28(土)〜29(日)東静岡アート&スポーツ/ヒロバにて開催された全日本アマチュア・スケートボード選手権にて、予選16位通過、最終結果5位で、AJSA公認プロに昇格!今後の活躍に期待です。

現役高校生の彼は、スケートの他にも「RATBURGER」というバンド活動にも力を注いでいて、ライブイベントを開催したりスケートにとらわれることなく、多方面で活動中! 
(写真は10/31に名古屋市内で主催したライブの集合写真)
#RATBURGER

www.fullon-sg.com
... See MoreSee Less

2017全日本アマチュア・ スケートボード選手権
サポートする高校生の長江寅之介が5位入賞!
AJSA公認プロ資格獲得しました。

10/28(土)〜29(日)東静岡アート&スポーツ/ヒロバにて開催された全日本アマチュア・スケートボード選手権にて、予選16位通過、最終結果5位で、AJSA公認プロに昇格!今後の活躍に期待です。

現役高校生の彼は、スケートの他にも「RATBURGER」というバンド活動にも力を注いでいて、ライブイベントを開催したりスケートにとらわれることなく、多方面で活動中! 
(写真は10/31に名古屋市内で主催したライブの集合写真)
#RATBURGER

www.fullon-sg.com

Comment on Facebook

ありがとうございます!m(__)m

1 month ago

Fullon Eyewear

FULLON Green Label 調光レンズモデルのご紹介。

レンズに当たる紫外線の量によってレンズの色が変化する調光レンズ。

紫外線の量が少ない屋内ではレンズの色はクリアで、レンズに当たる紫外線が多い屋外ではレンズの色が濃くなる調光レンズを採用したモデル。

詳しくは
fullon-sg.com/category/greenlabel/
... See MoreSee Less

FULLON Green Label 調光レンズモデルのご紹介。

レンズに当たる紫外線の量によってレンズの色が変化する調光レンズ。

紫外線の量が少ない屋内ではレンズの色はクリアで、レンズに当たる紫外線が多い屋外ではレンズの色が濃くなる調光レンズを採用したモデル。

詳しくは
http://fullon-sg.com/category/greenlabel/

2 months ago

Fullon Eyewear

嬉しいお知らせ。

サポートするプロボディボーダー山田幸久選手が、千葉県鴨川市マルキ海岸で開催のJPBAの最終戦であるSOS HYDRATION KAMOGAWA OPENのDK(ドロップニー)クラスにおいて優勝しました。

山田選手いわく、波のコンディションは小さいながらも、リズムよく試合運びが出来て2本のライディングをまとめることができたのが勝因だと。

惜しくもグランドチャンピオンを逃して総合ポイントランキングは2位でしたが、来シーズンに期待したいところです。

今後とも山田幸久選手の応援よろしくお願いいたします。
... See MoreSee Less

嬉しいお知らせ。

サポートするプロボディボーダー山田幸久選手が、千葉県鴨川市マルキ海岸で開催のJPBAの最終戦であるSOS HYDRATION KAMOGAWA OPENのDK(ドロップニー)クラスにおいて優勝しました。

山田選手いわく、波のコンディションは小さいながらも、リズムよく試合運びが出来て2本のライディングをまとめることができたのが勝因だと。

惜しくもグランドチャンピオンを逃して総合ポイントランキングは2位でしたが、来シーズンに期待したいところです。

今後とも山田幸久選手の応援よろしくお願いいたします。

Comment on Facebook

ありがとうございます!

Load more

BRAND TOPICS

BRAND NEWS