ARBORスノーボードから25周年を記念したブランドのドキュメンタリー映像公開

今年25周年を迎えるARBORより、ドキュメンタリー動画「「Crossing the Grain」が本日リリースされた。ARBORの創設者が90年代半ばにブランドを立ち上げ、今までどういった軌跡をたどってきたかが描かれている。創業当初よりぶれない “木” に対する考え方や、ARBORというブランドの在り方が分かる映像を、是非チェックしてみてほしい。


ARBOR :: Crossing the Grain – Mindfully Crafted for 25 Years

1995年、2人の友人がARBORを立ち上げ、スノーボードとスケートボードの製品を製造する際の指針となる環境保全を目指しました。

ARBORは、持続可能性に焦点を当てて設立された最初のアクションスポーツブランドとなり、売上の一部を環境保全に寄付することを創業当初より行ってきました。ARBORが創業当初から現在に至るまで、どのようにして現在の地位を築いたかについてはこれまで語られたことはありませんでした。

このドキュメンタリー映像には、ARBORの創設者が90年代半ばにブランドを立ち上げ、今までどういった軌跡をたどってきたかが描かれています。

創業当初よりぶれない “木” に対する考え方や、ARBORというブランドの在り方が分かる映像になっていますので是非ご視聴ください。