12年ぶりのスノーボード☆ エッジ調整で心まで変わる!?

IMG_141117年前、オリンピック直後、
スノーボードを見るのさえ
イヤになった時期があり、
無理して滑っていたら、
頚椎損傷の大怪我をして、
心も体もリセットされました。
その後、スノーボードに縛られない
大きな視野で次に見た夢は
”子ども達と関わっていくこと”で
そしてそのツールに
スノーボードを選びました。
教材としてのスノーボードは
これまた魅力がいっぱいで、
スノーボードを楽しんでもらう方法を考えたり、
世界までの道のりをつなげていったり、
子ども達とスノーボードをしている間に、
あっという間に17年が経ちました。

EPSON MFP image

特にこの12年は、子育てとレッスン三昧で、
ほとんどいつも片足装着&サイドスリップ。
気付けば、後ろ足が全然使えなくなり、
きれいに初心者スタイルに逆戻り(笑)

 

軸がきれいに前だから、ずれて当たり前。
キッカー、パイプも前足軸で上手く抜けない、
飛べなくても別にいいけど、気持ちよくない。
最近は”それでもいっか!”と思っていたのですが、
15969919_10158143966465232_1893942166_n

”みっちゃん、スノーボード楽しんでますか?”と
いつも気にかけてくれるゆうや(中山悠也プロ)が、
サービスマンの深澤さんを紹介してくれました。
チューンナップしてもらえたらめっちゃ嬉しい。
でも今の私は、滑り手の活動をしていないし、
チューンナップしていただいても、
深澤さんのメリットがない・・・
でも深澤さんは、
”そんな方にこそ、スノーボードの
楽しさを思い出してもらえたら嬉しい。
何もプレッシャーに感じないでください”
って言って下さいました・・!
深澤さんは、エッジを触っただけで、
滑りのクセがわかるんです・・
IMG_1500

最初、信じてなかったけど、
1回調整してもらっただけで、
ターンの入りが全然違いました・・
いつも内倒するフロント、
自然に体が起きた・・
”エッジだけでこんなに変わる・・?”
最初は、半身半疑。
でもエッジで変わったのはボードだけじゃなかった。
丁寧にボードを触ってもらっているうちに、
エッジ調整だけに頼るのは申し訳ない、
今の私は絶対ポジションもよくないし、
自分の滑りも治していかなきゃと、
シーズン中、イベントの合間などをぬって、
レッスンを受けてみたりもした。
(Japan Snowboard Academy
 SKI JAM校 ありがとうございました!)
 IMG_1398

2月中旬から何とか週に3回ぐらい、
1日1本でも滑る時間を作るようになった。
深澤さんに月に2回ぐらい、
チューンナップしていただき、
3月下旬、やっとボードと向き合えた。
12年向き合ってなかったスノーボード。
”よ、久々!”って感じで(笑)
IMG_1391
でももちろん、まだまだです。
油断するときれいに前足に乗ってます(笑)
無駄な動きも多いです(汗)
3月30日にようやく出れた人生3回目、
今季1回目のバンクドだって遅かった。
でも、静かに丁寧にターンすることや、
考えながら大事に滑ること、
今はそれだけでもすごく楽しいです。
それがテストとか大会とか撮影とか
結果につながらなくても、
今はすごく心地よく楽しい。
前とは違う。人とも違う。
でもそれでいいんだと思えました^^
IMG_1799
“スノーボードを楽しむ人が増えてほしい”、
“チューンナップのことを知ってほしい”、
“パパママにまたスノーボードを楽しんでほしい”
深澤さんはいつもそんな話をしながら
笑顔でチューンナップしてくれます☆
私は深澤さんにチューンナップをしていただき、
滑りだけでなく、心が変わった
そんなシーズンでした☆
“FUKAZAWA Snowboard Tuning Shop”
本当にお薦めです!!
Special Thanks!
“FUKAZAWA Snowboard Tuning Shop”
Yuya Nakayama
IMG_1179
最後まで読んで下さった方、ありがとうございます!
橋本 通代 / Michiyo Hashimoto
ソルトレイク五輪ハーフパイプ代表(ファイナリスト) “スノーボードを通じて、キラキラと輝く子どもを育てたい”と、 2003年より子どもスノーボード教室“KIRARA KAMP”を全国で開催。 キッズスノーボーダ―育成のパイオニアとして活動。