自分に合ったレンズカラーを探せ!SMITHクロマポップレンズ11種類の特徴

近年のスノーゴーグルレンズの進化により、ノーマルレンズにない機能を持ったレンズが登場しています。中でもコントラストレンズは、各ゴーグルブランドからリリースされるほど注目されています。このコントラストレンズに特に力を入れているSMITH OPTICSの「ChromaPop(クロマポップ)」11種類のレンズの特徴を探っていきます。

smith_main

まず、コントラストレンズとは?

レンズを通して見える景色の明暗の差を広げ、くっきりした視界を作るレンズのことをコントラストレンズと呼びます。
そもそも、コントラストとは“明暗の差”のこと。コントラストが高いと明暗の差が大きくなり、明るい部分と暗い部分がはっきりします。しかし中間の色が少なくなるため、コントラストが高すぎるとチカチカした視界になったり、目に疲れが生じる原因にもなります。逆にコントラストが低ければ明暗の差が小さくなり中間の色が多くなるため、明るい部分と暗い部分が判断しづらくなるため、見えづらい視界になります。

コントラスト見え方_s_修正後2
コントラストの違いを表したイメージ画像。(上)コントラストが高い状態。はっきり見えるが、チカチカして見える (中)適度にコントラストが高い状態。明暗の差のバランスがちょうど良く、見やすい (下)コントラストが低い状態。全体的にぼやっとした視界で、雪面の凹凸も見づらい ※クロマポップレンズの視界ではありません
コントラスト見え方_s_修正後
コントラストの違いを表したイメージ画像。(上)コントラストが高い状態。はっきり見えるが、チカチカして見える (中)適度にコントラストが高い状態。明暗の差のバランスがちょうど良く、見やすい (下)コントラストが低い状態。全体的にぼやっとした視界で、雪面の凹凸も見づらい ※クロマポップレンズの視界ではありません

“自然に見える”クロマポップの特徴は?

コントラストが高くなれば雪面の陰影も見やすくなり、くっきりとした視界を確保することができます。一般に、コントラストを高くするためにレンズの色を濃くするという手法がとられることが多いのですが、レンズの色が濃くなると今度は目が疲れやすくなってしまいます。しかし、SMITHのクロマポップはコントラストを高くすることだけに注力せず、鮮明かつ自然にある色そのままに見えることも重視して光を調整しています。レンズを覗き込んだ視界はクリアで自然色に近く、一日中着用していても目が疲れにくいというのが一番の特徴です。

chromapop_zu_s
(左下図)波長の違う色が交わる部分(青と緑、緑と赤など)の曖昧な色は、青なのか緑なのか?赤なのか緑なのか?判断しづらく、結果陰影なども識別しづらくなる  (右下図)クロマポップは波長の違う色が交わる部分を特殊技術で消し去り、鮮明な色だけを認識するため、レンズ越しの景色がより鮮明にクリアに見える

クロマポップレンズの種類

この冬11種類にカラーが増えたクロマポップレンズ。対応する天候別にSUN、EVERYDAY、STORMの3つに分かれます。さらにアウターレンズカラーや可視光線透過率(VLT)の異なるSUN4種類、EVERYDAY5種類、STORM2種類の計11種類が用意されています。

◆ ChromaPop SUN(4種類)
ベースレンズ:グレー。多層レイヤーミラーコート採用
適した天候:薄曇りから雲ひとつないギラギラした快晴時まで
VTL:9%~16%

1_sun-green-mirror_YP_0062_s2
ChromaPop SUN GREEN MIRROR / VLT 9%
2_sun-black__YP_0075_s2
ChromaPop SUN BLACK / VLT 12%
3_sun-platinum-mirror_YP_0071_s2
ChromaPop SUN PLATINUM MIRROR / VLT 13%
4_sun-red-mirror_YP_0072_s2
ChromaPop SUN RED MIRROR / VLT 16%

◆ ChromaPop EVERYDAY(5種類)
ベースレンズ:ブラウンとローズ
適した天候:曇りから晴れまでのかなり幅広い
VTL:23%~36%

5_everyday-green-mirror_YP_0068_s2
ChromaPop EVERYDAY GREEN MIRROR / VLT 23%
6_everyday-violet-mirror_YP_0067_s2
ChromaPop EVERYDAY VIOLET MIRROR / VLT 23%
7_everyday-photochroma-rose_YP_0076_s2
ChromaPop EVERYDAY PHOTOCHROMIC ROSE FLASH / VLT 30-50% ※コントラストレンズ×調光レンズ
8_everyday-red-mirror_YP_0064_s2
ChromaPop EVERYDAY RED MIRROR / VLT 25%
9_everyday-rose_YP_0070_s2
ChromaPop EVERYDAY ROSE / VLT 36%

◆ ChromaPop STORM(2種類)
ベースレンズ:ローズとイエロー。薄めのセンサーミラーコート採用
適した天候:薄明かりから降雪時まで。荒れた天候用のレンズ
VTL:50%~65%

10_storm-rose-flash_YP_0066_s2
ChromaPop STORM ROSE FLASH / VLT 50%
11_storm-yellow-flash?_YP_0065_s2
ChromaPop STORM YELLOW FLASH / VLT 65%

レンズを選ぶコツ

(1)自分の目に合う色を、実際にレンズを覗いて確認する
当たり前のことのようですが一番重要なポイント。人の目は個人個人で見え方の好みが異なるため、他の人が良いと感じたレンズカラーが必ずしも自分にも最適だとは限りません。同じ対応範囲(SUN、EVERYDAY、STORM)の中でも若干色が違うため、見やすい色、見づらい色を確認して自分の目に合ったレンズを選びましょう。

(2)レンズ名と実際の視界の色が異なる場合もあるので注意
レンズ名はアウターレンズの色と同じ名前になっています。つまりレンズ名は外から見た時の色で、実際の視界の色とは異なる場合があります。名前だけで購入すると希望のレンズカラーではない場合もあるので、実際にレンズを覗いてカラーを確かめましょう

(3)好みのフレームにどのレンズが設定されているか確認する
今期、SMITHのほどんどのモデルにクロマポップレンズが標準装備されています。スペアレンズもクロマポップレンズが設定されているモデルもあるので、好みのフレームにどのカラーのレンズが設定されているかを確認しましょう。

SMITH クロマポップレンズ設定モデル

◆メインレンズ・スペアレンズどちらもクロマポップレンズが設定されているモデル
I/OI/O7I/OXI/OSSquad XL

◆メインレンズにクロマポップレンズが設定されているモデル(スペアレンズはスタンダードレンズ)
SquadRiot

◆メインレンズにクロマポップレンズが設定されているモデル(レンズ1枚設定)
ViceProphecy OTGShowcase OTG

SMITHライダーの中では、降雪の多い北海道ではSTORM ROSE FLASHやEVERYDAY RED MIRRORの評判が良いそうです。この11種類の中で最も見やすいレンズはどれなのか、あなたの目に合ったレンズを探してみてください。

SMITH OPTICSのラインナップが掲載されている1718 最新デジタルカタログ↓

SMITH OPTICS BRAND ROOM

シェア
SBN FREERUN(フリーラン)はSNOWBOARD NETWORK=SBNとSNOWBOARDERS LIFE FREERUN(フリーラン)を融合させた国内最強のスノーボード専門Webメディアです。初心者からエキスパートまで、レベルを問わず、スノーボード・スノボの楽しさを伝え、スキルアップをはかるためのたくさんの情報を発信していきます。スノーボード専門誌FREERUN(フリーラン)ならではの視点で、日本、そして世界各地から発信される最新の話題も含めて、クォリティの高い、面白いコンテンツを数多く提供。365日スノーボードを中心にアクションスポーツを楽しんでいけるライフスタイルをサポートしていきます。