東田トモヒロ×328「2018 EAST SNOW AROUND TOUR」


旅とサーフィンとスノーボードを愛する、シンガーソングライターの東田トモヒロと、道産子のヨコノリストであり自身で映像を撮影し制作&発信する328(スリートゥーエイト)が、年明けの1/6(土)〜1/20(土)にかけてEAST SNOW AROUND TOURをおこなう。

北海道(小樽、興部町、富良野、札幌)、盛岡、仙台、六日町と7つのSNOWエリアを東田トモヒロのLIVEと、328のスノーボーディング映像を連動させながら各地のコミュニティーと繋がる旅。
ぜひ、スケジュールをあわせて、彼らが発信するヨコノリバイブレーションを感じに会場へ足を運ぼう!

詳しくはこちらでチェック。

東田トモヒロ
1972年熊本生まれ熊本市在住。ニューヨークでのレコーディングを経て2003年メジャーデビュー。旅とサーフィンとスノーボーディングをこよなく愛し、その歌を通して『LOVE&FREEDOM』をメッセージし続けるシンガーソングライター。
持ち味でもあるエネルギーに満ちたステージパフォーマンスで、ソロライブだけでなくフジロックフェスティバル、サマーソニック、ap bank festival、greenroom festival、wind blow、サンセットライブなど大小問わず数多くの音楽フェスティバルに出演し、ピースフルな空間を作り出して来た。
自然に寄り添った暮らしや旅の中から紡ぎ出される飾り気の無い等身大の楽曲は、全国各地においてたくさんのファンを魅了し、長く愛され続けている。
2016年には通算13作目となるアルバム「naturally」をリリース。2017年7月にはミニアルバム「ひだまり」をリリースし、その収益の10%は自然環境の保護に取り組むアウトドアアパレルブランド、patagonia に寄付される。
福島県南相馬よつば保育園の子どもたちに九州から季節の野菜や果物・穀物などを届けるプロジェクト「change the world」の代表を務める。
http://higashidatomohiro.jp

328(スリートゥーエイト)
北海道に産まれ、北海道に育つ。今から40年近く前の10歳頃から裏山をバックカントリースキーで遊ぶ。ポテチとコーラを背負っての山行。言うなれば遊びはコレしか無かった。もちろん、リフトなんて機械もないわけだから最初から生粋のバックカントリースノーマンの誕生である。
日本のスノーボード創成期にスノーボードに出逢う。スキーでは見えなかった自由なスタイルに影響をうけてバギーパンツにネルシャツで極寒の北海道のゲレンデを疾走するも、ゆったりしたバギーパンツとネルシャツのボタンは凍り、疾走してなびいた形そのまま冷凍保存されたが、不思議と寒くなかった。
その後、北海道でスノーボードのTV番組を立ち上げ、スノーボードムービーを作り、スノーボードイベントのMCで叫び、横乗りしながら人生をノッて生きる。
6年前に制作した自身の為のスノーボード、kintone61が世に産みだされる。この板にノッて今もカメラとマイクを両手にこの世のノートラックシーンにラインを刻む。こんなレギュラーフッターB型魚座のアラ50横乗野郎。

ふたりと共に北海道を旅して、彼らが制作してくれたMOVIEはこちら!

記事はこちら