春の風物詩『FUSION GARDEN VOL.7』レポート!

108

先日、4/8(土)-9(日)に新潟県・奥只見丸山スキー場でFUSION GARDENが開催された。7回目の開催となった今回は1年越しの開催となりパワーアップして帰ってきた。その模様をお届け!
Photo: Kentaro Fuchimoto

1
7回目を迎えたFUSION GARDEN

夢のヨコノリ空間となる奥只見スキー場

昨シーズンは雪不足のため開催できず、帰ってきたFUSION GARDENとばかりに、開催前から待ち焦がれていたユーザーも多かったと各方面から噂になっていた。
このイベントはENDEAVOR, NITRO, SESSIONS, L1,(他沢山)などのイケてるブランドを数多く取り扱うディストリビューターFUSION INC.がユーザーのために贈る『滑って、飲んで、踊って』と、ヨコノリに欠かせない3つの要素が最大限盛り込まれたイベント。また昼&夜と丸1日を楽しむことができるのも大きな特徴。開催場所は毎年お馴染みの奥只見。ここへのアクセスは関越道で湯沢を超え約30分ほど走り小出ICで高速を降りる。その後下道を20分ほど走ると、シルバーラインという長〜いトンネルが待ち受けている。おおよそ20分くらいトンネルを走ると、目の前に広がるのは季節が1ヶ月くらい戻ったと言っていい程の豊富な雪がある別世界に辿り着く。そこが新潟が誇る豪雪地帯・奥只見丸山スキー場だ。ここへアクセスできるトンネルの交通可能な時間は6:00〜18:00までと限られ、18:00を過ぎるとそこは好き者だけが残る “夢のヨコノリ空間” となる。

7
受付では無料で様々なステッカーをGETできる
3
今年も最高のセッションが用意された会場全体

FUNに楽しめるオリジナル・スノーアイテム

それでは、早速今回のFUSION GARDEN VOL.7をレポートしよう。当日は雨予報の天気予報を覆し、まさかのドピーカンに恵まれ最高のコンディションでイベントがスタート。今年もENDEAVORの中心ライダー河野真吾を中心にFUSIONライダーと奥只見ローカルたちが数日間に渡りオリジナルアイテムを造成してくれていた。このイベントでしか滑ることのできないオリジナル・スノーランプやバンク&ボウルセクション。どれもハイクオリティーなアイテムが完成され、参加者は夢中になってライディングを繰り返す。おそらくこのクオリティのスノーランプは、このイベントだけ。パンピングしながら加速し、いいライン取りをしないとボトムで止まってしまう。この難しさにハマってしまい、気づけばずっと滑り続けてしまう超面白アイテムなのだ。

21
MIZOUクルーのひとりであり、ENDEAVORライダーの富永 快
23
スノーランプでスタイリッシュなテールグラブ!
26
こちらもENDEAVORのライダー星 宏樹
27
スノーランプはブース目の前にあるので、注目度大!
33
まるでスケートのようなテールプレスを見せる佐藤夏生

午前中をガッツリ滑り倒し、お腹が減ったくらいのランチタイムにはFUSIONクルーが真心込めて作ってくれるハンバーガーを食べてビールで乾杯!テントブースでは本格的なBBQもおこなわれ、スノーランプセッションを見つつ、飲みながらメローに楽しめる『空間=庭』が広がっている。まさにFUSION GARDEN。

38
お腹が減ったらランチタイム!FUSIONクルーがおもてなし
41
焼きあがったパンと肉をGETし、オリジナルハンバーガーを自分で作るスタイル
42
はい完成!こんな感じにデコレーション
44
お揃いのMATIXアパレルをGETしたFUSIONガールズ
48
サイバージャパンあらため、フュージョンジャパンのガールズたち
14
星野文香(左)と佐藤亜耶(右)もバーカウンターをお手伝い

会場内のブースでは、半端ない品数のチャリティーマーケットもおこなわれ、ウエアやグローブ、ゴーグル、アパレル、シューズなど様々なアイテムを購入することができるのだ。(物品やお酒の売り上げは、東日本大震災の復興に寄付される)

またENDEAVOR, NITRO, HOLIDAYの来期NEW BOARDの試乗会もやっているので、気になる最新モデルもその場で試乗することができる。

18
チャリティーオークションには掘り出し物も多くある
2
東日本大震災の募金箱も設置されている
10
来期の試乗ボードもガッツリラインナップ
15
昼の部のMCで会場を盛り上げた露さん(左)と亀さん(右)
93
河野信吾も子供と一緒に参加
50
MIZOUクルーもビアボングで一気飲みにチャレンジ!
54
スラッシュガールズと命名されたFUSIONガールズライダーたち
60
スラッシュのあげっぷりで景品がGETできる

イベント恒例DVSのビアボングでのビール一気飲みコンテスト。ここでは男女に限らず、参加者で飲み自慢なら誰でも参加できるが、酔ってこの後の動きが鈍くなるも覚悟したい笑。

また、もうひとつのプチイベントは、スラッシュコンテストと名付けられたガールズライダーへスプレーを浴びせまくるセッション。アイテム上に立つ覆面ガールズライダーへ向け、より多くの雪を浴びせられた人へ、景品が送られるという誰でも参加できるFUNコンテストなのだ。

中でも午後におこなわれたバンク&ボウルアイテムでのライダーズセッションは特に盛り上がりを見せ、ライダーたちの迫力のある滑りを間近で見ることができるチャンス。この日もFUSIONライダーやMIZOUクルーがスタイルのある滑りで会場を盛り上げていた。

65
NITROライダー鈴木裕司のトゥーイーク
69
FUSIONベテランライダー 林 “マグン” 正久も会場を沸かす
71
突然来てダブルバックフリップを果敢に攻め続けたベテランライダーの原 裕司
72
ワンフットバックフリップをメイクした安永 楓
78
半端ないジャンプ力で繰り出した佐藤夏生の伸身バックフリップ
79
昼も夜も次世代ライダーたちの勢を感じさせてくれたMIZOUクルー

昼の部最後には、参加者全員で参加できる、新品ボード争奪の全力ダッシュ競争もおこなわれた。スタートの掛け声で、ゲレンデ上部に設置された最新ボード目掛けてダッシュし、最初にタッチした人がそのボードGETできるというゲーム。キッズ、女子、男子と、それぞれの部門で商品が用意されていた。

103
最新ボード目掛けてダッシュで駆け上がる
106
全力ダッシュ競争の女子部門で見事最新ボードをGET!おめでとう!

こんな感じで、内容盛りだくさんで丸1日があっという間に過ぎ去っていく昼の部の模様。そしてFUSION GARDENはまだまだ続く。

夜は本格的なナイトパーティが待っている

通常の1DAYイベントはここで終了となるが、FUSION GARDENはまだまだ終わらず、夜のパーティも本格仕様なのだ。
毎年、奥只見の体育館で開催される夜の部だが、今年は常設されていたスケートランプがなく、どうなることか心配されていたスケートセッションだったが、心配をよそにこのイベントのためにトラックでスケートランプを体育館へ持ち込んでいた。(さすがです!やっぱりパーティ×ヨコノリじゃないと!)

もちろん夜の部のメインとなるのがスケートセッション。プロスケーターやプロスノーボーダーのアツいセッションを間近で見ながら、実際に滑ることも可能だ。
また過去最大級のサウンドシステムが導入され、パワーアップしたナイトパーティー。体育館にも関わらず、まるでクラブにいるかのようなサウンドで会場のボルテージはヒートアップ!610 ChangのLIVEでは、会場全体が一体となり気持ちいグルーブ感に包まれた。その後も、DJプレイが続き、ヨコノリの空気感満載の夜の部は遅くまで盛り上がった。

116
夜の部のスケートデモでは相変わらずの存在感を出し会場を盛り上げたプロスケーター上田 豪
117
デモセッションを終えた上田 豪(中央左)と河野信吾(中央右)を囲むフュージョンジャパンガールズたち
118
みんなでFUNスケートセッション
今年初のスケートにも関わらずノレてる堀井優作
今年初のスケートにも関わらずノレてる堀井優作
123
610 Changの娘も果敢にドロップ!
126
610 Changの生ライブで盛り上がりは最高潮に!
131
FUSION GARDENで出会い、昨年結婚したプロスケーターの豊岡航生と旧姓 小池由美さんの2人。河野信吾より歌のお祝いが送られた。お二人お幸せに!
132
ライブ後もDJプレイでまだまだ盛り上がるナイトパーティ
135
まだまだまだまだ盛り上がるナイトパーティ
136
夜の部も飲みまくるFUSION GARDEN!
体育館が幻想的な空間に!パワーアップしたナイトパーティ
137
完全にクラブ状態です!
143
ナイトパーティを盛り上げたメインDJの2人。マボさん(左)と亀さん(右)

滑って、食べて、飲んで、踊って、朝から夜までのぶっ通しのこのイベントは、今年も『これぞヨコノリ!』らしい最高に楽しめる1日だった。『また来年もこのイベントに行きたい』参加した人は必ずそう思ってしまう春の恒例イベントなのだ。

みなさん、ぜひ来年も奥只見のFUSION GARDENで会いましょう!

ここで紹介した写真以外にも多くの写真があります。
それらの写真は随時FUSION FACE BOOKページでUPしていきますのでお楽しみに!

シェア
SBN FREERUN(フリーラン)はSNOWBOARD NETWORK=SBNとSNOWBOARDERS LIFE FREERUN(フリーラン)を融合させた国内最強のスノーボード専門Webメディアです。初心者からエキスパートまで、レベルを問わず、スノーボード・スノボの楽しさを伝え、スキルアップをはかるためのたくさんの情報を発信していきます。スノーボード専門誌FREERUN(フリーラン)ならではの視点で、日本、そして世界各地から発信される最新の話題も含めて、クォリティの高い、面白いコンテンツを数多く提供。365日スノーボードを中心にアクションスポーツを楽しんでいけるライフスタイルをサポートしていきます。