ポイ捨てゴミ野郎。

つい先日、湯沢町にあるローカルスケートスポットに行ったんだけど、本当にガッカリさせられた。

何者かがスケートをしながら飲み食いした後、ゴミを捨てて帰った形跡があったのだ。

ゴミは持ち帰ろう。本当に。

個人的に、どのフィールドでもゴミのポイ捨ては本当に大嫌い。街でも自然の中でも。
ましてや、自分の遊ぶ場所を汚していくような奴らはマザファックもいいところだ。それがローカルの仕業ならもっと糞。

そんな奴らが果たして、それぞれのフィールドで遊ぶ資格があるだろうか?
僕は絶対に無いと思う。

このサイトをチェックしてる人は雪山にいく人がほとんどでしょう。雪山でタバコを吸うのが好きって人も多いはず。

しかし、残念ながらゲレンデ内のタバコのポイ捨てがすごく多い。
特にリフト線下。

雪の上に捨てて隠したつもりでも、春になれば全部出てくる。
そのゴミの下には当然の事ながら草木がある。
自然を汚せば、いつか必ず人間に返ってくると思っている。それがタバコ一本でも。

今までポイ捨てしてた人も、今シーズンからはポケットに携帯灰皿を忍ばせておく優しさくらいは持っていてほしい。

自然を大切に。
シェア
プロフィール: 新潟県は越後湯沢、南魚沼を中心にスノーパークの制作管理、イベントの企画開催をおこなっている敏腕集団SNOWCASE DESIGN。パークシーンの最前線、湯沢・魚沼エリアからスノーパークやイベントの情報をお届けする。 また、自社でおこなっているムービープロダクションを通して自分たちならではの映像発信やこのエリアの魅力や楽しさも伝えている。