フリーライドもパークも欲張りに遊びたい人に最適な未来型ボード、NITRO・OPTISYM


OPTISYM
Size: 146、149、153、156cm
Price: ¥76,000(税別)

ノルウェーの若きトリックマスターであり、ナックルハックの生みの親としても知られるマーカス・クリーブランド。今シーズンもX GAMESアスペン大会のビッグエアでは熾烈な1800スピン合戦を制して王者に輝くなど、常にシーンをリードし続けているライダーのひとりだ。そんな彼が地元に帰国して撮影したムービーがあるので、まずはチェックしてもらいたい。

ゲレンデを縦横無尽に駆け巡り、パークキッカーでのジャンプやジビングだけに留まらず、ナックルを活かした奇想天外なマーカスの動きには誰もが惹きつけられるだろう。そんな彼が映像内で搭乗しているボードこそ、2021-22シーズンにNITROがリリースするOPTISYM(オプティシム)である。彼の滑りを観ればわかるように、ジャンプやジビング、ナックルハック、グラウンドトリック、カービングとシームレスに楽しめるデザインとなっている。
それでは、OPTISYMの特性を紹介していこう。まず、ボードセンターはキャンバーでノーズとテールに少しロッカーを取り入れたハイブリッド構造をしている。おかげで反発力を備えながらもルーズな動きも自由自在だ。また、両足間のコアが薄く設計されているのでボードをねじりやすく、かなりラクにボードをコントロールしやすくなっている点も見逃せない。それでいて、ノーズとテールはしっかりとした反発力があるので、高いエアはもちろん、粘りのある動きも思いのまま。また、ミディアムフレックスかつミッドワイド設計なので、ターン中のブーツのドラグも軽減してくれる点も付け加えておこう。
そして、このモデルの最大の特徴が、ツインチップながら左右非対称であること。つまり、トゥサイドに比べてヒールサイドのサイドカーブがタイトな設計になっており、キレのあるヒールサイドのカービングがしやすい点にある。さらに、そのヒールサイドはサイドウォールを最大で約3cm拡幅することで、ヒールエッジの耐久性を向上させ、雪面からの細かな振動を吸収するテクノロジーも搭載されている。これらによって、トゥサイド同様にヒールサイドでも繊細な動きがやりやすいのだ。
かつてブルース・リーはこう言った。「悲観的な考え方は成功を遠ざける。楽観的な考え方は成功に導く信条である」と。楽観的(OPTIMISTIC)というワードがモデル名の由来ともなったボードの力を借りれば、たとえ何もない圧雪バーンでさえも最高の遊び場にしてくれるだろう。キレのあるカービングにはじまり、スタイリッシュなリバースターン、テンポのいいグラウンドトリックのコンボ、さらにはワンランク上のナックルハック、ライダーレベルのエアやジビングまで、乗り手が自然と楽観的になれるほど、扱いやすく攻めたくなるボードなのだ。そんなフリーライドもパークライドも追求できる未来型ニューモデル、OPTISYM。是非、手にしてもらいたい。

POWER WALL
トゥとヒールが非対称のOPTISYMは、NITROが独自開発したヒール側のサイドウォールの耐久性と機敏性を向上させる最新コアテクノロジー・POWERWALLを搭載している。これは、サイドウォールとコアを融合させた新しいハイブリッド構造で、サイドウォールを最大で約3cmコアに拡幅することにより、ヒールサイドエッジの耐久性向上と雪面からの細かい振動を吸収をサポートしてくれるのだ。結果、ラントリやグラトリがやりやすいと感じるはず! また、通常より広めのミッドワイド設定なので、カービングやバタートリックといったフラットランドトリックの大敵であるブーツのドラグも軽減してくれる。さらに、デュアル・デグレッシブサイドカットは常に快適な操作性を提供してくれる。
OPTISYM × DRINK SEXY
NITROの注目ライダーであるルーカス・バウム(ヤング・ドリ)が手掛けるブランド、DRINK SEXYとのコラボモデルも登場。そのコンセプトを本人に聞いたところ、「スケートボードみたいにダラダラ滑るのが好きだけど、二日酔いじゃない日にデカいキッカーを飛んだりするときに必要なハリと操作性も併せ持っているんだ。何よりも左右非対称デザインとパワーウォールの組み合わせがパーフェクトだね」とのことだ。
Lucas Baume a.k.a Yungdoli
トップシートはおとなしいデザインでソールとマッチし、DRINK SEXYのノリがイイ感じに表現されている。スイス出身のルーカスは、幼少期から自分を表現するための手段としてスノーボードに没頭してきた。今のライディングスタイルに辿り着くまでに、ナショナルチームも経験するなど技術面ではオリンピックをも目指せる逸材である。そのテクニックに加えて、彼独自のクリエイティブな遊び心がプラスされ現在のスタイルに至っている。

OPTISYMの魅力を開発者とデザイナーが語る
どんな想いでOPTISYMが開発され、どんなイメージをボードに投影したのか。ここでは、作り手たちがOPTISYMの魅力を余すところなく語っている動画を紹介する。字幕付きなので英語が聞き取れなくても問題なしだ。

NITRO 21/22 OTHER TOPICS
*他TOPICSは随時UPしていきます。

——————

NITRO BRAND PAGE