ツインチップのパウダーボード 。パークもパウダーも乗り換えなしで楽しめる「Lo-Rider」_Scooter Snowboard

ローキャンバー+高反発グラスのコンビネーション
だから乗りやすく、安定感もある

Scooter Snowboard
Lo-Rider
SIZE: 143, 147, 153, 156
PRICE: ¥85,000(税別)¥93,500(税込)

パウダーもいけて、パーク、地形、ジブなど、なんでも1本で遊び尽くせる幅広い適応力を備えた「Lo-Rider」。設計コンセプトが “パウダーツインチップ”というところもすごく気になるボードだ。大きなキックを持つツインチップにローキャンバーで構成されたバランスによって、軽快なツインのコントロール性を持ちながらも十分な浮力を生み、パウダーでスイッチしたりトリックを繰り出したりと自由自在の動きを可能にする。ボードは若干ワイドだが、それが乗ってみると全く気にならないという驚き。初心者でも十分に扱うことができる乗りやすさは、ローキャンバーツインという利点を活かした操作性で、パーク、ジブでもフリースタイルの動きの軽快な板さばきを楽しめる。

ローキャンバーでありながらも高反発グラスのコンビネーションを採用しているので、トリックでの十分な反発力も発揮され、ハードバーンでの足元のグリップ性能も高いためカービングも安定している。ディープパウダーではセットバックを入れればさらに浮力を確保することも可能。1本でスノーボードのあらゆる面を楽しみたいという人におすすめなボードだ。

低いキャンバーベンドがついているローキャンバー形状。ノーマルキャンバーに比べて、ノーズ、テールの食い付きが弱く、フレックスの硬さを問わずマイルドに雪面を捉えつつ、ゼロキャンバー形状よりも反発とボードの走りを得ることができる

スイッチでもパウダーを滑り倒せるというツインチップパウダーボード。その絶妙な乗り味を体感してみて欲しい

セットバックを十分に入れられるインサートも装備。ディープパウダーならセットバックを入れてさらに浮力アップで乗りこなそう

>先取りギア特集
まさに最強、超軽量芯材を組み込んだ新型「MACHS」で“走る”フリーライディングを体感する
25年を費やして熟成されたフリーランモデル決定版。高いカービング性能と多彩な雪質や地形を楽しむ最高峰のポテンシャル「DAYLIFE」
>フリーライディング性能も非常に高いツインチップのロングセラーモデル「SCT」がフルモデルチェンジ


SCOOTER SNOWBOARDの最新ラインナップの情報はコチラへ
SCOOTER SNOWBOARD BRAND PAGE