おかわりバンクド「奥利根 カモシカレース」レポ!

IMG_3654
プロクラスで優勝した久保田 空也。今勢いのある若手クルー “MIZOU” の中心ライダーのひとり。滑りもスタイルも間違いない
常設バンクドコースのある奥利根スノーパーク

3/4-5で開催されたTENJIN BANKED SLALOMの翌日3/6(月)に、同じ水上エリア・奥利根スノーパークで、 “KAMOSHIKA LACE” が開催された。この大会は、TENJIN BANKED SLALOMのOPENクラスで過去に優勝を成し遂げた阿部亮介がプロデュースする、初開催のバンクドスラロームの大会だ。
奥利根スノーパークでは、今シーズンよりなんと初の試みとしてバンクドコースを常設している。日々、阿部亮介を中心に仲間や来場したお客さんがコースに入り、徐々にバンクを育てているのだ。また今シーズンからゲレンデ最上部に新リフトを増設し、新たなゲレンデコースが加わっている。今大会のバンクコースは、常設されたバンクコースの上に、その新たな新コースに作った4つのバンクを繋げて、より長い距離のコースで開催することになった。
(来年は新コースにもっと多くのバンクを増やす考えもあるらしい)

開会式ではこの大会のプロデューサー阿部亮介が協議説明をした
開会式ではこの大会のプロデューサー阿部亮介が競技&大会説明
平日にも関わらず100名以上のエントリーが集まった

開催まで約1週間という短い期間のエントリー募集にも関わらず、100名の事前エントリーが集まった。ライダーたちも、阿部亮介が水上で共にチームを組んでいるHIGH WATER CREW(前原大和、諸田直人、平良 光)をはじめ、BROWN RATSクルー、前日までのTENJIN BANKEDに参加していた勝山尚徳、VOLCOMクルー(吉野康人&あさひ、増田ルイキ、久保田 空也、YONE FILM)や、豊間裕介、渡辺大介、松本 麻衣子、TENJIN BANKEDのディガーチームらも集まり、平日にも関わらず多くの人が集まった。クラスはプロ、ジュニア、アマチュア、マスター、グランドマスター、シルバー、スキーヤーに分かれ、プロクラスは参加人数×¥1,000の総取りが優勝賞金となる。

スタートゲートはナチュラルウッド製
スタートゲートはナチュラルウッドスタイル
MCブースの目の前を通過するから盛り上がる!
MCブースの目の前を通過するコース造りで盛り上がる!
LIVE感のある新鮮なバンクコース

今大会には自分もエントリーすることになり、実際のコースへ向かう。早朝のゲレンデは前々日からの晴天もあり、アイシーなバーンだった。新しいリフトに乗りコースへたどり着くと、合計10前後のバンクを使ったコンパクトでややタイトなコースが広がる。スタートからいきなり林の中を通ると、途中からブランドテントやMCブースが設置された観客の目の前を駆け抜けるライン設定。つまりオーディエンスが滑走者をガッツリ見ることができるLIVE感のあるコースなのだ。これによって会場に集まる観客との一体感も生まれてなんとも新しい。朝のインスペクションでは、スピードが出すぎてコントロールが難しく、どうスピードを抑えるかが鍵になりそうな印象。TENJIN BANKED SLALOM同様、この大会も予選が始まるまでは参加者がインスペクションでコースを仕上げていく。「みんなで作るバンクドスラローム」のコンセプトをしっかりと継承していた。

IMG_3587
スピードに乗った滑りの勝山尚徳
IMG_3618
ターン時の手のスタイルが際立っている豊間裕介
IMG_3665
やっぱりクールな増田ルイキのライディングスタイル
IMG_3686
プロクラスWOMENで見事優勝した松本 麻衣子
IMG_3690
吉野康人の息子、吉野あさひ。滑りも人間性も今から完璧なスーパーキッズ

昼頃になると雪も緩み、スピードがコントロールしやすくなることで、コースの気持ち良さが次第にわかってくる。自分の結果はというと、マスタークラスにエントリーして恥ずかしながら予選敗退。が、しかし、予選&決勝と参加者たちの滑りを間近で見ることができるので、楽しく観戦しながらも、上手いライダーのラインどりの勉強にもなった。1日があっと言うまに過ぎ去っていくくらい面白い大会だった。

IMG_3577
MCが “TJ・シュナイダー” と紹介していた謎の男!?
IMG_3584
TENJIN BANKED SLALOM プロデューサー 福島大造。途中で被っていたキャップを観客へぶち投げるw
IMG_3710
水上 HIGH WATER CREW、阿部亮介、前原大和、諸田直人、平良 光はトレインで会場を盛り上げる
IMG_3725
プロクラスWOMEN優勝の松本 麻衣子(左)。おめでとう!
IMG_3733
プロクラスMEN優勝の久保田 空也(右)。おめでとう!
IMG_3738
最後は協賛アイテムを狙いみんなでじゃんけん大会

地元ローカル、スキー場スタッフ、ゲレンデの常連さん、ライダー、ショップ、キッズ、メーカーと、この大会も様々な参加者が集い、世代やレベルを超えて盛り上がっていた。
来年もTENJIN BANKEDの翌日に開催を狙っているようなので、みなさんもバンクドのハシゴはいかがだろうか!?

IMG_3735
みんな笑顔で大会も無事終了! 阿部亮介から最後に「今後のバンクコースは、今回の全コースをオープンさせるので、みなさんぜひ遊びに来てください!」と伝えた

Okutone Banked Slalom “カモシカレース” FB
奥利根スノーパークHP
奥利根スノーパークFB

シェア
SBN FREERUN(フリーラン)はSNOWBOARD NETWORK=SBNとSNOWBOARDERS LIFE FREERUN(フリーラン)を融合させた国内最強のスノーボード専門Webメディアです。初心者からエキスパートまで、レベルを問わず、スノーボード・スノボの楽しさを伝え、スキルアップをはかるためのたくさんの情報を発信していきます。スノーボード専門誌FREERUN(フリーラン)ならではの視点で、日本、そして世界各地から発信される最新の話題も含めて、クォリティの高い、面白いコンテンツを数多く提供。365日スノーボードを中心にアクションスポーツを楽しんでいけるライフスタイルをサポートしていきます。