SP-Bindings (エスピービンディング)
23/32

サイドカントリー、バックカントリーをメインに北海道のディープパウダーを求めて活動しています。スノーボードだけでは無く、サーフィンやスケートボードにも取り憑かれて、横乗りでのターンの追求をしてきました。それが1番楽しい!「ターン」を追求した時、COREのホールド感と適度に足首周りにある可動域が自分にマッチしているから、キレのあるターンに仕上げられてしっくりくるんです。更に、マルチエントリーを使用する事で、新雪ゾーンで転倒した時でも、通常ストラップのようにバックルを使用して脱着ができる所が見逃せないポイントなんです。でも、なんと言っても一度使うとこのホールド感はやめられないですよ。フリーラン、パウダー、ジブ、ジャンプ、グラトリとオールラウンドに楽しみたい僕にとってCOREは、硬すぎず柔らか過ぎず丁度良いです。そして、滑る場所やコンディションによってストラップの締め具合を微調整を意識しています。高速域でのライディングの際はしっかり締めてホールドし、低速域でのライディングはより可動域を広げる為に少し緩めています。それによって一つのビンディングで幅広いジャンルでのライディングが可能になるところがCOREを使う醍醐味です。ベースプレートが薄いのも特徴で足裏にダイレクトで情報が伝わってくるのも魅力で、レスポンスの速さ、ストラップのホールド力や捻る、刺すという可動域に長けているSP-BINDINGSの魅力をぜひたくさんの人に体感してもらいたいと思っています。コアの良いところは、硬すぎず柔らかすぎず、程よいフレックスだと感じています。しっかり踏めば可動域もひろく使えるし、特に左右の動きがいいので柔らかい滑りが出来ていい感じです。ピステンカービングもバッチリですがバックカントリーでパウダー、クリフジャンプも安心して突っ込んでいける良い相棒です。Masaomi HaradaRyu HyodoYusuke AsakawaCORECORECORE> Play Movie

元のページ  ../index.html#23

このブックを見る