SMITH OPTICS (スミスオプティクス)
2/24

SMITHの最新のレンズテクノロジーがインナーレンズの温度を常に氷点下以上に保つことを可能にした。外気温がたとえマイナス10度以下でもダブルレンズの空気の層がインナーレンズの温度を常に温かく保ちます。外気が氷点下以下、そしてアウターレンズの温度も氷点下以下でも、インナーレンズが温かいため調光機能を有効にすることができる。世界一“曇りづらいレンズ”を作り出すベーパーレーター・レンズテクノロジーが、外気が氷点下以下でも調光機能を可能にしました。1. ダブルレンズ内側のインナーレンズに調光レンズを採用2. 凹凸をしっかり見せる調光レンズ山の天候は常に変わるもの。SMITHが出した答えは2つ。ひとつは素早いレンズ交換を可能にしたクイックリリースレンズシステム(I/Oシリーズに搭載)。もうひとつがこのSMITHクロマポップ フォトクロミックレンズである。光の強さの変化により、レンズが自動的に濃さを調節する機能。先進的なサングラスに使用されているレンズ技術が、不可能とされてきたゴーグルレンズで実現。フォトクロミック(調光)の問題は、氷点下以下ではレンズの特殊な化学薬品が反応せず極寒の山で使用するゴーグルには今まで採用できなかった点である。これを可能にしたのがSMITHのレンズテクノロジー。山で常に起きること、それは天候の変化調光+クロマポップ=世界最強のゴーグルレンズ。調光レンズを2枚に剥がし、インナーレンズに光量の強いライトを当てると、この画像のように濃く変色する。レンズの色の濃さは光の量に比例するので、ピーカン時ではインナーレンズが非常に濃くなる。一般的にはスノー用の調光レンズは対象物の見え方がフラットになってしまい、雪上の凹凸が見えにくいという欠点があった。この問題を解決したのがアウターレンズと調光インナーレンズの色の組み合わせである。そして、調光レンズにも取り入れられたクロマポップテクノロジー(cp)でコントラストが大幅に向上。吹雪や曇天の薄暗いローライトコンディションの中でも雪面の凹凸を浮かび上がらせるSTORM ROSE FLASHをチューニングしたPHOTOCHROMIC ROSE FLASH(30%-50%で変動)、そして新たにROSE FLASHよりも濃いEVERYDAY RED MIRRORをチューニングしたPHOTOCHROMIC RED MIRROR(20%-40%)が登場。ROSE FLASHが少し明るく感じていた方に最適。ChromaPop PhotochromicChromaPop Lens technology【 クロマポップ 調光レンズ 】【 クロマポップ レンズテクノロジー 】Inner LensOuter Lensクロマポップレンズは通常のスノーレンズに比べて対応範囲の広さが特徴。凹凸をはっきり見せるコントラストや透明度の高いクリアな視界を確保。人間の目は3つの色で作られた光を感じています。通常のスノーレンズに比べて対応範囲が広い。地球上の目に見える全ての色を作っている光の三原色、赤、緑、青。この3色の波長がクロスオーバーする部分をコントロールし、鮮明な色を表現することで対象物を明確に見せる技術。それがSMITHのクロマポップテクノロジー。NORMALLYCHROMAPOP EVERYDAY(通常のレンズ)薄曇り 時々晴れ対応のレンズ幅広い天候に対応してより明確な視界を提供するNORMALLYCHROMAPOPCHROMAPOPNORMALLYシャープに、自然に、クリアに、そして鮮明に。ChromaPop™ Lens OeringChromaPop™ SUN RED MIRROR VLT: 16%ChromaPop™ 【調光】 PHOTOCHROMIC RED MIRRORVLT: 20-40%ChromaPop™ 【調光】PHOTOCHROMIC ROSE FLASHVLT: 30-50%ChromaPop™ EVERYDAY ROSE GOLD MIRROR VLT: 36%ChromaPop™ SUN PLATINUM MIRRORVLT: 13%ChromaPop™ EVERYDAY RED MIRROR VLT: 25%ChromaPop™ SUN BLACKVLT: 12%ChromaPop™ EVERYDAY VIOLET MIRROR VLT: 23%ChromaPop™ STORM YELLOW FLASH VLT: 65%ChromaPop™ SUN GREEN MIRRORVLT: 9%ChromaPop™ EVERYDAY GREEN MIRRORVLT: 23%ChromaPop™ STORM ROSE FLASHVLT: 50%SUNEVERYDAYPHOTOCHROMIC【調光】 STORMNEWNEW

元のページ  ../index.html#2

このブックを見る