ROME SDS (ローム エスディーエス)
2/120

Do you hear it? The soft but urgent voice. The one that says ‘call out tomorrow, it’s gonna be deep.’ The method to our mad-ness. The guiding principle. The light at the end of the tunnel. The unrelenting motive to couch surf and live out of a board bag for weeks on end. The drive to study forecasts for distant mountain ranges. To build backyard parks. To shovel staircases no one has walked in years and mind surf every surface in sight.The pursuit is what gives meaning to otherwise blank hillsides. What makes your pulse quicken when you see an untouched powder eld, a perfect down rail, a natural transition.Since 2001, the Rome Snowboard Design Syndicate has been guided by this voice. This unrelenting urge to create, to hike back up, to try something dierent, to talk with a random boarder in the lift line. Rooted in a collective culture of boarding, the SDS will always be guided by this pursuit.‘Til the last patch melts, the edges rust o and the chairs stop spinning.聞こえるか?柔らかくも差し迫った声で「明日はどうだ。かなり積もるぞ」という声を。我々が興奮する瞬間。指針となる原則。トンネルの先に見える光。何週間もボードバッグだけで友達の家を渡り歩く揺るがない動機。はるか遠くにある山脈の天候を研究する意欲。バックヤードにパークを作る必然。ショベルで階段を掘り出し、見える範囲すべての路面をスポットとしてマインドサーフすること。追い求めること、それは単なる普通の斜面に意味を与える。誰も足を踏み入れていないパウダーフィールドや、完璧なダウンレール、あるいは自然のトランジションを見たとき、あなたの鼓動は高まる。2001年以来、Rome Snowboards Design Syndicateはこの声に従ってきた。クリエイトする意欲、ハイクアップしたい欲求、何か違うことに挑戦したい、リフトに並んでるスノーボーダーと話したい、という容赦無い衝動が、Rome Snowboards Design Syndicateを支えている。集団的なスノーボーディングのカルチャーに根差したSDSは、常にこの追求に導かれていく。最後の雪が溶けるまで。エッジが錆びるまで。チェアが止まるまで。THE PURSUIT.All Ways Down.

元のページ  ../index.html#2

このブックを見る