ELAN SNOWBOARDS (エラン)
3/16

REAR CAMBERキャンバーの中心(高さのピーク)を通常より後ろに配置したのが、リアキャンバーです。ボードの後方や後足での荷重によるボードコントロール時にボードにパワーを溜めこむことが可能で、ボードが前に押し出されるような加速とターンの抜けの良さを生み出してくれる構造です。CAMBERFLAT ROCKERFLAT ROCKERHYBRID CAMBERキャンバーとフラットロッカーを組合せ、両方の利点を合わせたのがハイブッリッドキャンバーです。キャンバーゾーンを足元側に狭くし、ノーズとテールにフラットロッカーを持つ構造です。足元のキャンバーによるターン時のエッジグリップと、フラットロッカーがルーズなボード操作やパウダーでの抵抗の軽減と浮力のアップにもつながります。CAMBERHYPER CAMBER(CAMBER)キャンバーは最もオーソドックスな構造で接雪エリア全てがアーチ形状の構造です。ターン時に強いエッジグリップが可能で、安定感のあるカービングなどフリーライディングに力を発揮します。また、ハイパーキャンバーは従来よりアーチを高く(強く)することで、より強いエッジグリップが可能で強さと速さを求めるハイレベルライダーにも対応します。CAMBERALL MOUNTAIN HYBRIDROCKERCAMBER緩やかなロッカーを持ったノーズに従来型のキャンバーを組み合わせた、ハイブリッド構造です。フリーライディングに欠かすことのできない、パウダーでの浮力とターンコントロールやカービングなどの高い操作性を生み出します。NEW M-TECH従来より透明度の高いつや無しのコーティングと弾力性の高いマットトップシートを表面に使用することで、キズ防止に加え振動吸収による滑らかな乗り心地と滑りを提供します。MTDURA SHIELD TECH先シーズンより新たに採用されるデュラシールドは、細かな凹凸がボード表面のキズやダメージを最小限に抑えることのできるトップシートです。DTVERTICAL SIDEWALL垂直なサイドウォール構造はエッジ全体に剛性が強くなるため、強いエッジグリップと高い走破性により高速での安定性がアップします。VSTS1 SIDEWALLエッジ方向へ角度のつけられたサイドウォールは、雪面に食い込みやすくエッジの掛かりが良いためカービングの導入がしやすくなります。SSTPARTIAL‐SIDEWALLノーズとテールに軽さを出すことのできるキャップ構造を、ボードの厚みのあるスタンス間部分は柔軟な動きに対応するサンドウィッチ構造を採用した融合構造です。ボードコントロールを容易にしながらもトップノーズ&テールもしっかりと雪面上で機能するように設計された構造です。nose & tailcenterPSTCAMBERCAMBERROCKERROCKERROCKERDOUBLE CAMBER-V前後(左右)の足元にキャンバーがそれぞれ配置された、2つのキャンバーを持つ構造です。ボードのセンター部分(スタンス間)がロッカー構造となるセンターフレックスは、自由自在のボードさばきを可能にします。また、足元の2つのキャンバーによる雪面のホールドが安定したフリーライディングを可能にします。TECHNOLOGYCONTACT PROFILES3

元のページ  ../index.html#3

このブックを見る