AIRBLASTER (エアーブラスター)
181/183

子供がクライミングのツールで遊ぶなんてことはまず無い。自分の子供たちのスリッパにクランポンを付けたりピッケルを振らせたりはしない。スノーボードを履いて階段を滑り降りるなんてこともしない。でもニンジャスーツは違う。この機能的な服は過去20年以上も私のさまざまな山行につき合ってくれた。それだけでなくこのスーツは子供たちの日々のパジャマや冒険としても機能している。例えばリビングルームで白熱するレスリングのセッション、寒い秋のキノコ狩り、近所の雪が積もった丘でパウダースラッシュを練習するときも彼らはニンジャスーツを着ている。この本のカバーには、クルーたちが雪に覆われた火山のピークに立つ写真が使われている。視界は360°のオーシャンビューでした。左のページはクルーの1人で登山中に山小屋で一息入れたときの写真。このときの天候は厳しいものでした。風と寒さが主なその要因です。得たものといえば全てのデジタル機器を解凍したことと。カロリーもたくさん消耗しました。もしニンジャスーツを忘れていたらわれわれは力尽きていたかもしれません。大の大人がベースレーヤーのことで泣き出すって?ちょっと大げさ。そうかもしれないけれど、ニンジャスーツがよく機能することは確かです。山を下るとアウターウェアは吊るされ干されます。しかしニンジャッスーツは任務続行です。大人も子供も同じように、ニンジャスーツも毎日新たなやるべきアプリケーションを見つけています。シュラフで寝る究極の下着が、ハロウィーンの最高の衣装にもなるという両方を兼ね添えた服って他にあるでしょうか?ドライスーツの機能的なライナーになり、ごきげんなカウチサーフィンの服にもなる。高次元のスキーツーリングのレイヤーでもあり、フライフィッシングのウェーダーの中に着る必需品でもある。そして年齢を問わずアクティブに活動する人々へのクリスマスプレゼントにも素敵です。リストはまだまだ続きます。やっと一息ついてスーツを脱げるのは夏の頃かもしれませんが、それでもクールなところがもしあれば、ニンジャスーツはどこへでも向かいますよ。

元のページ  ../index.html#181

このブックを見る