AIRBLASTER (エアーブラスター)
129/170

ミディアムで行こう、もしくは家に行こう。「愛しているよ」という一言はなかなか言えない。僕は君と外で遊びたい、君の限界を押し上げて、でもそんなにワイルドにはならないで、血圧が上がるから。ミディアムという意味は誰にも似ていないということ。ある人々にとっては「ホットじゃない」他の人は「中道タイプ」。もしくはご霊験を唱える人のため。ミディアムで行こう。そしていつかは家に戻ろう。セーフティとサウンド。アドレナリンを少し、でも骨折はしないでね。PRICE: 4,500yen+TAXエアブラスター・ぺティオダクティル(翼手竜)。1930年のアマチュア、アトランタベースボールチーム、言うなれば誰も聞いたことない。そこから全てが始まった。その名前。ぺティオダクティル(翼手竜)。ザ・エアー。ザ・ホットエアー。ワオ、全てがザ・ホットエアー。そして今、彼らはエアブラスターチームビーニーは空気を捕らえて君の素肌を暖かく保つ、そしてホットエアーと折り合いをつけ、そして君のドームの上から蒸気を放出する。これはぜったい真実。PRICE: 3,900yen+TAXパチャママ、アンデスの先住民族たちの女神。サスクワッチはサリッシュ族の言葉で雪男。不適切な自由を利用して共同で選択、合成、そしてそうでなければこの重要な言葉を罵倒、したがって『マン-モア』という適切な訳語があります。スカットチャママキャップはマンーマザー、二項対立のニット/フリースラインクラウン、トゥークで一番暖かい。PRICE: 5,400yen+TAX

元のページ  ../index.html#129

このブックを見る