SBN OFFLINE EDIT 26th SBN TOUR in NISEKO GRAND HIRAFU

 

SBN_NISEKO_2014_tn

□開催日:2014年1月24日(金)~26(日)
□場所:NISEKO GRAND HIRAFU
□主催:(株)スタジオジャパホ
□協力:SNOWBUM、NISEKO GRAND HIRAFU

今回で26回目を迎えるSBN OFFLINE EDIT
今年も毎年恒例のニセコグランヒラフにて行われました。
ニセコを知り尽くしたスタッフが3日間ガイドするこのツアーは、普通の北海道ツアーとは違います。
できるだけ広大なニセコをすみずみまで滑り倒してほしいと考え、早朝出発&夜便帰りと滑れる時間にこだわります。
そして、とことん楽しんでもらうこと。それがSBNの北海道ニセコツアーの最大の売りです。

毎回、天気によっていろいろ左右されますが、リピーターの方も初めての方も
もちろんおひとり様の参加でも、最後には楽しかったと言ってもらえるツアーです。
なぜ楽しいのか?なぜ一人参加でもいいのか?なぜ天気なんて関係ないのか?!
そのツアーの中身をちょっとだけ紹介。今年のツアーはどんなだったのか?
気になるあなたも一緒にプレイバック!

niseko_powder_moiwalogo

 


DAY1:2014/1/24 Fri

今回の羽田空港では取立てハプニングもなく、順調に集合。滞りなくこのあとの説明をし搭乗口へ。

リピーターのみなさん再会のご挨拶、初参加のみなさんはドッキドキ?

ですが、前もってFBやメールなどで参加スタッフとは会話ずみ。緊張を吹き飛ばすように軽く写真撮影w

とはいえ、みなさんフレンドリーなので、緊張するようなことなんいんです。

SBN_NISEKO_2014_02

北海道、千歳空港までは1時間半ほどのフライト、朝早い方も多いのでゆっくり寝たいところですが
あっという間に到着です。そして、荷物を取ったらすぐバスへ。※少し飛行機が遅れてた関係でバタバタしました(笑)
ニセコまでは2時間ほどのバスの旅、空港で買ったおにぎりを食べたり、早速宴会モードな方がいたりと様々ですが
窓の外の雪具合が一番気になるところかな?休憩で立ち寄る道の駅では、何を食べたらいいかなどのレクチャーも忘れません!

ニセコに到着しペンションで早々に着替えてゲレンデへ。ここからジェットコースターのような時間のスタート!
ゲレンデにて今回3日間ヒラフをガイドしてくれる永田 貴徳 プロ「PLEASURE ASSOCIATES」と合流しチーム分け
がっつりチームとのんびりチーム、とはいえ雪のいいところを求めてあっちこっちに滑るので、結局みんなガッツリ滑っちゃってるんじゃないかな?

SBN_NISEKO_2014_03

SBN_NISEKO_2014_04

ゲレンデを軽くクルージングしてから探検隊スタート!曇りがちの天気で羊蹄山は拝めなかったけど、雪もいい感じ。

コースマップを見るだけではわからないような場所をベテランスタッフがご案内。初めてのニセコの人もそうじゃない人も楽しめる、それがウチのうり。

初参加の子に「こんなとこ滑るんだー?!」って凄い笑顔で振り向かれたら、こっちも嬉しくなっちゃいます。

夕方暗くなるまで滑り倒して、あっという間に時間が過ぎちゃいました。

SBN_NISEKO_2014_05

SBN_NISEKO_2014_06ペンションに戻ってほっと一息ついたらごはん!晩御飯がついてるのも魅力のひとつです。それも凄い量、そしてすごく美味しい。暖かいご飯をみんなで食べると本当に美味しい。
この美味しい御飯はナイトセッションに向けての活力!ということで、初日はツアー中で唯一のナイターセッションのチャンスなのです!
勿論、強制ではないので雪の状況をみて参加するかしないかを決めることができます。ナイターに行かない場合には近隣の温泉でほっこりのんびりもできますよ。
ナイターはセンター4と言われるリフトのエリアかゴンドラエリアを滑走します。僅かな時間を目一杯遊ぶために超高速でかっ飛ばします!
温泉チームはひらふ亭からそのナイターの景色を見ながらのんびり温まっていた様子です。
ジェットコースターのような一日がやっと終わり・・・かな?各自の部屋でプチ飲み会が開かれてました。

SBN_NISEKO_2014_07

SBN_NISEKO_2014_08

 


 

 

DAY2:2014/1/25 Sat@HIRAFU

ニセコひらふにはアーリーモーニングという通常営業より30分早く滑ることのできるサービス(別途500円)があるのですが、

前日に降雪が見られなかったので、この日はみなさんのんびり朝ごはんなようで、、、、しっかり食べて、さ、滑りにいきますか。

この日は前日同様、ニセコひらふを滑るチームとオプショナルツアーのモイワサイドカントリーツアーチームに分かれての滑走になりました。

SBN_NISEKO_2014_09

SBN_NISEKO_2014_10

二日目のスタートはセンター4から。前日の降雪も多くはなかったもののあるとこにはある!と信じて昨日行けなかった花園エリアを目指します。
その前にピークに登ってみました。天候に恵まれたとは言えませんでしたが登った後の清々しさは変わりません。景色はというと…生憎の曇り空…絶景は来年までのお預けです。
ピークから花園エリアに向けて滑り出します。その途中に撮影です。自身の滑りを撮ってもらう機会ってそうそうあるものではないので貴重な体験ですね!

SBN_NISEKO_2014_11

SBN_NISEKO_2014_12

SBN_NISEKO_2014_13

午前中いっぱいピークから花園エリアを満喫してランチは異国情緒漂うHANAZONO308へ。
海外のリゾートに来たかのような雰囲気のカフェでメニューも豊富でニセコに来たら一度は来てもらいたい場所です。
スタッフのオススメはビッグサイズのハンバーガーです。そして北海道ならではのカニラーメンもここならではのゲレ食がいただけます。
ランチを済ませてからは花園エリアからひらふエリアへ戻ります。

SBN_NISEKO_2014_14

SBN_NISEKO_2014_15

その途中でも撮影をしながら移動してこの日の締めはガイドのタカさんオススメのコーヒーショップで美味しいコーヒーをいただきます。

このコーヒーショップ「MOUNTAIN KIOSK COFFEE」は今年からオープンしたプロスノーボーダー井原寛公さんのお店なのです。こんな特別なスポットにも案内してくれます。

SBN_NISEKO_2014_16

DAY2:PARTY

みんなでペンションでの夕飯を楽しんだあとは、パーティのお時間です。

食堂を貸切りにして、みんなでパーティータイム!前のテーブルに置かれた沢山の協賛品が気になっている様子ですが

とりあえずはゲレンデガイドのタカさんも参戦して、参加者を代表してながこさんのご挨拶で乾杯!

SBN_NISEKO_2014_17

SBN_NISEKO_2014_18

みんなお酒も入って大分盛り上がってまいりました。タカさんからのTシャツのじゃんけん大会でヒートアップしたあとに、

豪華賞品があたる抽選会のはじまりでーす。そう、これもSBNツアーの魅力の一つ!

もちろん全員にプレゼントが当たるです!それも袋いっぱい入ってるんですよー。

SBN_NISEKO_2014_19

SBN_NISEKO_2014_20

SBN_NISEKO_2014_21

いつ自分の名前が呼ばれるかとドキドキしたり、あの人にあのアイテムが当たったり、ジャンケンしたり、交換したり。。。

楽しい時間はあっという間に過ぎるもの…パーティもお開きの時間です。最後はみんなで記念の集合写真を撮って終了です。

飲み足りないみなさんが多数なので、お部屋で二次会がスタートでしたね。長い夜はまだまだ続きました。

 


 

 

DAY2:2014/1/25 Sat@MOIWA

モイワオプショナルツアーは最近のBCブームからなのか、予約初期からご予約をいただきキャンセル待ちがでるほどの人気ツアーでした。

BC初心者が装備もないけどやってみたい!という要望に応えてのツアーなので、もちろん女子多め。滑りも自信ないですっ!って子もいたりして。

とはいえ、参加者はやる気満々!でもいろいろ不安かも?という面をモイワの「NISEKO POWDER GUIDE」(www.nisekopowder.info)がサポートしてくれるというガイドツアーになっています。

 

まずは、シャトルバスにてモイワへ移動。バス待ちしているのがほぼ外国人スキーヤー、そして超満員。ひらふから15分ほど離れた場所にあるモイワスキー場はリフト2本という決して大きくはないスキー場。お客さんも外国人が多いため、異国のスキー場に来たみたいな雰囲気です。

到着して、ロビーにて今回のガイド佐々木さんとご挨拶。早速、装備をレンタルさせていただき、ビーコンを装着、なんか緊張しますね。バックパックにはゾンデやスコップが入ってます。

SBN_NISEKO_2014_22

SBN_NISEKO_2014_23

まずはリフトに乗ってゲレンデへ。人の少ないグルーミングされたコースを丁寧にターンするだけでなんか気持ちもシャキッとします。

足慣らしを済ませて、いよいよサイドカントリーゾーンへ。トラバース(山の斜面を横断すること)して、板を外して少し登ると。。。

そこは絶景の世界でした。天気も良かったので、一面を見渡せる広大な景色、眼下に広がるオープンバーンにワクワクします。

SBN_NISEKO_2014_24

SBN_NISEKO_2014_25

晴れているということは、雪崩の危険性もあるということ。ドロップポイントにはパックリあいた穴の箇所もあります。

でもそこは、前後についたガイドが丁寧に教えてくれて最適なラインを指示してくれます。あとは自分の思うように滑るだけ、なんて爽快なんでしょう。

転んだって構わない、チームのみんなが歓声をあげて自分をプッシュしてくれます。

中には緊張のトラバースラインなんてのもありますが(ガイドさんはディズニーランドのジェットコースターと呼んでましたが)それもまた一興。

パウダーに埋もれても、王子様のようなガイドさんが助けてくれるのもまた嬉しい限りです。

慣れないバックパックとトラバースに少しぐったりしちゃう時もあるけれど、また違うポイントに立つと元気よくバインを付けて自然と笑顔がでちゃうんですよね。

SBN_NISEKO_2014_26

SBN_NISEKO_2014_27

こんなにモイワを満喫できるのは、もちろんガイドさんのおかげ。大満足の笑顔でみんなで記念撮影、ニセコパウダーガイドのお三方に感謝です。

午後もみなさん元気なご様子で、まだまだモイワを満喫しました。もちろん滑り終わったあとのカフェスイーツもクォリティ高いので外せません!

「また来年リベンジしたい!」って気持ちになったモイワBCツアーでした。

SBN_NISEKO_2014_28

SBN_NISEKO_2014_29

SBN_NISEKO_2014_30

 


 

 

DAY3:2013/1/26 Sun

いよいよ最終日。ほんと毎回思うけどあっという間、本当にあっという間なんですよ!

この日は午後から天気が崩れるという予報。少ない時間を思いっきり楽しまなくちゃ。送迎してくれるテンガロンハットが似合うペンションのオーナーともここでお別れです。

まったり撮影チームとがっつり探検チームに分かれて、最終日のひらふを楽しみます。

SBN_NISEKO_2014_31

SBN_NISEKO_2014_32

見晴らし、ロイズ、5壁、温泉沢、、、これみんな滑るポイントの名前なんです。これはまだまだほんの一部。今回紹介しきれなかったポイントがまだまだあります。

覚えてきたらあなたもニセコ通の仲間入り?!それくらいリピートして来たいゲレンデなんです。

各レストランのランチメニューまで頭に入ってきたらもう立派なニセコフリークです(笑)今回残念だったのはキングベルヒュッテのホットゴディバがなくなったこと。。。

 

 

最終日、気が済むまで滑り倒したいと思ってるくらいから、天気が荒れてきて雪もガン降りになってきました。。。

飛行機が飛ばなければいいのに!と思っていたのは一人や二人ではないはずです。後ろ髪を引かれながらも帰り支度をするために滑走タイム終了です。

SBN_NISEKO_2014_33

SBN_NISEKO_2014_34

SBN_NISEKO_2014_35

バスに乗る頃にはさらに雪が強くなってきました。これは帰れるのか?と本当に思えるくらい。

今回は空港での滞在時間が少なかったはずが、まさかの飛行機遅延で千歳空港を満喫することに。

羽田便、名古屋便、関空便も遅延はしたもののみんな無事に帰ってこれました。終電アウトなんてハプニングもありましたが

深まった絆は、ここでチームワークとなって遺憾無く発揮され参加者全員家に辿り着くことが出来ました。

SBN_NISEKO_2014_36

SBN_NISEKO_2014_37

今回のSBNニセコツアーもみなさんの笑顔で締めくくることができました。

それは参加者のみなさんのおかげです。本当にご参加いただいたみなさんお疲れ様でした、そしてありがとうございました。

SBNツアーはあなたのスノーボードライフをちょっとだけ変えられたのではないでしょうか?

これをみてまた来年も是非参加したいと思っていただけたら幸いです。また来年ニセコでお会いしましょう!

 

text:HAL

SEE YOU

名称未設定-1_03名称未設定-1_03-06

名称未設定-1_03-08名称未設定-1_03-10名称未設定-1_11名称未設定-1_03-12

sankasya

 

★もっち
おつかれさまでした。いろいろ勝手なラインで動いててすみません。ありがとうございました。
モイワや見晴の左端コースが開拓できてよかったです。

★チャン
今回初参加でしたが、スタッフの方もメンバーの方もとても気さくな方たちで本当に楽しかったです!!
ぜひ他のツアーや来年も参加したいと思いました。

★みっちゃん
今回一人で参加する事に、とても不安でしたが、参加してみたら、
そんな不安はすぐにふっとび、とても楽しかったです。
スタッフの方、参加者の方、みなさん、とてもやさしくアットホームな感じで、是非また来年も参加したいです。
来年はパウダーに当たりますように…。ありがとうございました。

★しおりちゃん
毎回とても楽しく過ごせて満足です。降雪が帰る時なのが残念ですけども。
年に1回しか会えない人達に再会できる場としてこれからもよろしくお願いします!

★みおちゃん
はじめは、お金が高くて悩みました(笑)
でも北海道にボードにいくだけでも結構かかると分かり、気分転換がしたくて思い切って決めました。
手配も自分では難しいので、ベテランさんがいるツアーなら安心かなって。
初めての北海道なので、雪質など分からないけれど、信州とも違う規模と雰囲気を味わえて楽しかったです。
広~いナイターは、行く価値アリで思いっ切り滑って気持ち良かったです! まさかのピーク体験も、ドキドキ!
私はツリーラン経験があまりなく怖さもあったけれど、貴重な体験で面白かったです。
でも晴れてたら、ゲレンデをたくさん滑りたかったかなぁ。
初参加で不安もあったけれど、ハルさんが笑顔で迎えて下さったりして安心したのを覚えてます(^ ^)
たっくんを初め、スタッフの方は親切に気にかけてくださって、皆さん雰囲気がとても良かったです!本当に!
パーティでは、簡単なゲームなどしたら、皆で話したりしやすいかなぁと思いました、けど楽しかったです。
あと1日あればもう少し仲良くなれたかなと、残念ですが、、また参加したいなと思うツアーでした!!
思ってた以上に大満足です★☆ありがとうございました(≧∇≦)

★りこ
ほんとにほんとに楽しかったです!ありがとうございました。
いつも皆さんに可愛がってもらって申し訳ないです。もう18なのに笑。
モイワのガイドの人も永田さんも最高でした!知り尽くしてる人たちと滑るのすっごい楽しかったです。

★パパ
5回目楽しかったです。雪は最後良くてホッとしました。
来年はまたモイワに参加しようと思います。
ペンションもおいしいしいい感じでした。

★かっちゃん
一人での参加となりましたが。
スタッフさんのお力、リピーターの方が快くうけいれていただけたことで非常に満足のいくツアーでした。
また来年も参加したいです。また他でもイベント、滑走ありましたら呼んで下さい。

★こうちゃん
ピークに登ったり、ツリーランをしたりと初めてづくしでしたが、
スタッフ、ガイドの方のおかげで安心して楽しめました。

★しまちゃん
お疲れ様でした(●・ω・)/
まずツアーに参加する前の気持ちとして、大人数で行くツアーだから、滑る時間が短いのかな?
話の輪に入れないんじゃないか?本当に1人参加者はいるのか?
ツアーに参加しないで行った方が楽しめるんじゃないか?
皆の足引っ張ったら、どおしよ?っていう気持ちが正直ありました。
しかも、東海地方参加者1人というのもあり…笑
しかーし。
ニセコに着いた時には、いい人オーラ全開の米さんに最初に話していただき話の輪に入りやすかったです。
滑る時間としても、皆さん上手い人だらけで、着いて行くのが必死。大満足!お腹いっぱい!!
グループ分けされていた為、自分の体調に合わせて滑るペースを変えれました。
滑るコースも、普段行けない所ばかりで、毎回違うコースだし。
スタッフさん&ガイドさん、ニセコの広大さに感謝感謝です!!ツアーに参加して本当に良かったです。
2日目のピークからの滑走は、なんとも言えない気持ちで半泣き状態で滑っていました。。。
ピーク、マッシュ、トラバース?
このツアーで始めて聞いたぐらいの初心者でしたが、どっぷりハマりそうです。
こんな貴重な体験をさせてもらってありがとうございます。
人生の中でBest3に入る感動でした。
ニセコに恋しました。また3月個人的に行くかも…
また来年東海地方の友達も誘って参加します!この度は本当にありがとうございました!!!

SBN snowboard network / スノーボードネットワーク
SNOWBOARD NETWORKは日本発のスノーボード専門Webメディアです。スノーボード・スノボが好き、もっと楽しみたい、 スノーボードをはじめてみたい、そんな人たちにむけたポータルサイトです。 更に、日本と海外をスノーボードを通して国境をなくし世界が繋がることを目的として運営しています。