実は知らないゴーグルの選び方と日々進化するゴーグルの秘密とは

SMITH-1(1)

ゴーグルはスキー場で楽しく滑る為には必須であり、晴れた日には紫外線から目を守り、曇った時や降雪時でも視界を確保してくれる大事なギアといえるだろう。もちろん色んな色やフレームがあり、見た目だけで選んでしまう場合もあるかもしれな いが、実は知らないゴーグルの選び方や日々進化しているゴーグルの秘密がある事をご存知だろうか?

今回は昔からずっと定評、実績のあるSMITHさんより選び方や日々進化しているレンズの秘密についてお聞きしました。

 

 

A) 基本的なゴーグル選びについて教えて下さい

 

 

まず一番大事なのがフィッティングですね。顔に合うものを選んで頂くのが一番良いかと思います。例えば上位モデルでもゴーグルの内側のカーブの形が各モデルごとに違ったりします。そうなると鼻の部分の当たり方も全て変わってきますので、色やデザインで選ばれる方も多いのですが、まずは形が好きな物を選び、鼻の当たり具合等を実際につけて調べて頂い た上で決めて頂くのがベストかと思います。
SMITHのゴーグルは全てJapan FITモデルですので日本人に合うフィットで開発されています。
またレンズはI/Oシリーズは全て2枚組での販売となっています。2枚組は晴天時用と曇り用の二つのレンズの組み合わせと なります。
もちろんレンズを別途購入して頂く事も可能です、しかも6000円前後と比較的お求めやすい価格から設定しています。キッズ用や眼鏡対応もサイズに分けて3種類用意しています。小さな顔用も用意していますが、女性用と決めているわけではなく、あくまでもユーザーさんのフィッティングに出来るだけ合わせる形でのプロダクトを用意しています。
最近はお子さんに高性能のゴーグルを、という方も多いので、比較的小さなフレームで高性能な物も人気が高まっているの が現状ですね。

SMITHのゴーグルはたくさんのモデルがあり、全てに特徴があり、お勧めなのですが、以前のSTANCEの後継モデルであるSENTRYというモデルはお勧めです。以前のSTANCEのレンズも使える事もあり、長くSMITHを使い続けて頂いている方々にお勧めですね。またクリップバックルが後ろについていますのでゴーグルをつけやすい利点があります。ある意味SMITH の特徴でもあるレンズで換気を行えるレギュレーターがついています。

SMITH-2(1)
型を作ってから抜き出す生成方法と曇りにくさを追求するSMITHのレンズ

 

B) SMITHブランドについて教えて下さい

 

 

基本的に上位モデルのレンズはカールツァイス製の金型を使い、今期ユタ州にてメインとなるパーツ、フレームやレンズ等を自社生産という形に変わり、すべてアメリカ現地生産に変わりました。
最近は北海道のバックカントリーやパウダーが好きなユーザーさんが増えてきています。Powder Companyさんとかも含めニセコ近辺ではSMITHの使用率が非常に高いと思います。もちろんパークユーザーさんにとっても対衝撃性や曇りにくさでも支持を受けていますので、選んで頂いているユーザーさんもたくさんいらっしゃいますね。

SMITH-3(1)
多くのユーザーからも、そしてライダーからも支持されるSMITHのゴーグルを雪山で見ない事はない

 

C) SMITHのゴーグルレンズの高品質で傷に強く、見えやすく、曇りにくい理由は何でしょうか?

 

 

まず一番重要な所はインナーレンズが曇りにくい所だと思いますが、一般のゴーグルのレンズは内側にコーティングを塗ってあるものが主流です。しかしSMITHでは曇らない為の素材をインナーレンズに直接練り込んであります。ですのでいつまで も曇りにくさが持続します。例えば上位モデルであるVAPORATOR SERIESでは二つのレンズをシリコンで圧着しているの で水が入らない状況になっています。ですので水道水で流しながら優しく洗ってあげればすぐに性能が回復します。また曇りにくくする為に内側のレンズは目に見えないぐらいの細かいギザギザの線が入っています。これは狭い部屋よりも大きい部屋の方が結露しにくいのと同じように、できるだけ表面積を増やしてレンズの内側の曇りをなくす為です。ですので曇らない素材を練り込んであるインナーレンズでしかも洗えるレンズはコーティングレンズより性能が持続し、手入れも簡単になっています。これは殆どのレンズに備わっている特徴ですが、上位モデルであるVAPORATOR  SERIESのみ、さらに5倍の性能を持っています。また意外と知らない方が多いのですが、SMITHのレンズは柔らかい素材を使用している事もあり、弾力性があるので、手で押しつぶしても曲がっても割れる事はありません。万が一クラッシュした時でも衝撃を吸収する事が できます。

SMITH-4
球面レンズの弾力性テストを見せてもらった。弾力性があり、割れる事無く衝撃を吸収する(こちらは説明用のテストとして行っています)

 

D) なぜSMITHのゴーグルは初心者から上級者まで愛され続けていると思いますか?

 

 

まず上級者というところですが、SMITHの創設者であるボブ・スミスがパウダーを滑りたくてダブルレンズを開発したのですが、パウダーという曇りやすい環境でも本人が満足いく視野を確保する為に作ったという所が始まりだと思います。危険なシチュエーションが多い中、確実に視界を確保するという事がまず第一に優先されています。この観点で多くの上級者の方からSMITHを支持して頂いている事は事実です。またこれはSMITHのポリシーなのですが、多くの広告宣伝をせずに、できるだけ多くの予算をゴーグルの品質改良に費やしています。そういう意味ではとにかく曇らないゴーグル開発をし続けて います。
そしてもちろんエントリーモデルだからレンズを妥協しているわけではありません。キッズ用を除いてすべてレンズをまずは金型でしっかりと成型しています。わかりやすく言うとサングラスのレンズと同じような形を作ってから抜き出す製造方法と言えます。また中央部分のレンズの厚さは外側に向かって薄くなっていくTLTという加工方法を取っていますので、より歪みを補正し、疲れない自然な見え方を提供できます。こういった地道なクオリティが全ての様々なレベル、フィールドの 方々に支持されている理由の一つではないかと思います。

SMITH-5

是非今シーズンも自分の滑るコンディションやフィールドに関わらず、楽しいスノーボードライフを過ごして頂く為に、自分に合うゴーグルを使用して頂ければと思います。

【 SMITH OPTICS デジタルカタログ 】

【 Smith Brand Video 】
[vimeo 62740688 w=620 h=348]

Official website : http://www.smithjapan.co.jp/

SBN snowboard network / スノーボードネットワーク
SNOWBOARD NETWORKは日本発のスノーボード専門Webメディアです。スノーボード・スノボが好き、もっと楽しみたい、 スノーボードをはじめてみたい、そんな人たちにむけたポータルサイトです。 更に、日本と海外をスノーボードを通して国境をなくし世界が繋がることを目的として運営しています。