Ultimate Rider Awards

アジア初となるX系アスリートへの表彰セレモニーとなる”Ultimate Rider awards”。 今回、第一回となるこの表彰セレモニーは日本人スノーボーダーが対象となり、各カテゴリーごとに12名のライダーが各メディアから選出され、去る3月28日に行われた審査会で3名までに絞り込まれた。選考会に選出されたライダーは、日本が世界に誇れるスノーボーダーばかり・・・。きっと審査員達も頭を抱えて悩んだことだろう。
Photo & Reported by SR

2014-11-14_2214

 

日本のスノーボード界に新たな歴史を刻むステージとなる。
大会成績だけでなく様々な視点と観点から評価し、シーズンを通して1番印象に残ったライダーを表彰するのが゛Ultimate Rider Awards゛
読者の投票が最も多かったライダーに贈られる゛リーダーズチョイス゛等の全6部門での表彰、受賞者全員へLUMINOXの時計が贈られた。
麻波25によるスペシャルライブイベントやプレゼンテーターに新日本プロレス武藤敬司を迎え、会場もヒートアップ。
イベントの模様は゛Sports-i ESPN゛にて5月20日・26日に放送予定。

Rookie of the year -中井 孝治-2014-11-14_2215

プロフェッショナルという肩書きを背負って活動するスノーボーダーは、常に何かしらの結果を求められています。それはコンテストの成績であったり、メディア露出であったりと、その選手のライディング・スタイルによって答えは変わってきます。
さて、今回の『Rookie of the year』のノミネート基準は、世界レベルのテクニック、エアの高さを持ち、世界のハーフパイプシーンで活動、活躍するティーンエイジャー世代より、国際大会での成績を参考に人選することにしました。
-Freerun 編集長/杉浦隆行

 

Best Video Part -原 祐司-2014-11-14_2215_2

 

今シーズン発売されたスノーボードVIDEO/DVDの中からパイプ、パーク、バックカントリーなど、カテゴリーを問わず最高のビデオパートライダーを選出。数多くのVIDEO/DVDの中からライダー達に求められるオリジナリティーを最も映像の中で、見ている人達を魅了したライダーへ贈られる。

ノミネートライダー : 相内 康夫、 原 祐司、 太田 宜孝

 

 

Best Trick -山口 睦生-

2014-11-14_2216
スノーボードはスタイルのスポーツです。自分が”カッコイイ”と思う形やトリック、そしてそのワザへのこだわりが前面に出ていること。これこそが、このベストトリックを受賞する、最低にして最大の理由だと思います。もちろん難易度は加味されます。しかしそれは決して、いくら回したかというモノサシだけでは図られません。例えば、誰も届かない高さを誇れば、それはベストトリックにノミネートされるに相応しいものだと思います。自分のこだわりを持つ。そしてそれを表現する。これが一番のポイントであり、難しさだと思います。
-SNOWSTYLE/磯浩民

ノミネートライダー : 山口 睦生、 小松 吾郎、 布施 忠

 

True Pipe Rider -田原”ライオ”勝也-

2014-11-14_2216_2

現在、数あるフリースタイル種目の中で一番歴史があり、かつ最も多く行われている競技がハーフパイプ。その滑りにはスピード、カービング、R、エアー、スピンといったスノーボード技術の集大成ともいえる総合滑走能力が必要とされる。そしてTrue Pipe Riderとは、FIS、ISFといった協会に関係なく最もハーフパイプで活躍したライダー。日本でもっとも凄い滑りをするライダーに贈られるプライズである。
-SNOWing 編集長/山田武生
ノミネートライダー : 中井 孝治、 田原”ライオ”勝也、 吉野 満彦

 

Best Freestyle Rider -布施 忠-

2014-11-14_2217
健全なる遊びSnowboardingには様々な遊び場が存在する。オリンピック種目に採用されたハーフパイプはそのごく一部でしかないし、すっかりブームとなったレールもほんの一部にしかすぎない。そのことをふまえると、雪山すべてがフィールドとなるSnowboardingの”Best Freestyle Rider”とは、Freestyleというコトバ通り、型にはまらず自由に、自分のスタイルをオールテレインで表現しているライダーに贈られるべき賞であろう。 それこそ「フリースタイル」に滑っているライダーがFreestyleにおけるベストライダーなのだと思う。正直なところ、Freestyleという幅広い意味におけるベストを決めること自体、可能なのか、というより一人にしぼれるのか疑問が残るが、要は、スノーボーディングができるフィールド全般でいかに「FAT」なことを実践しているかが”シブイ”ということなのではないだろうか。
-TRANSWORLD SNOWboarding 編集長/斎藤 修弘

ノミネートライダー : 布施 忠、 梶浦 修治、 小松 吾郎

 

 

 

Readers Choice -山崎 勇亀、 上田ユキエ-2014-11-14_2217_2

2014-11-14_2218
スノーボード専門誌のTRANSWORLD SNOWboarding・Freerun・SNOWing・SNOWSTYLE の4誌がこの『Ultimate Rider Awards』に特別j協力。
4誌が行うリーダーズチョイスは、真のリーダーズチョイスと言えるであろう。各誌内にアンケートハガキを付属し、読者からの投票を行うリーダーズチョイスは、今までにも例が無く業界初の試みとなった。投票数も予想をはるかに上まわり、ここでも激戦が繰り広げられた。
日本中の読者からの投票の獲得数が最も多かったライダーが受賞される。

 

 

 

●主催:Ultimate Rider Awards 実行委員会 ●後援:SBJ ●特別協力:TRANSWORLDSNOWboarding, Freerun, SNOW STYLE, SNOWing
●協力:SBN SnowBoardNet, 株式会社インタープロ ●企画/運営:スポーツ・アイ-ESPN
●イベント事務局:東京都渋谷区神宮前3-35-8ハニービル青山1F スポーツ・アイ-ESPN TEL03-5474-3344(平日10:00~18:00)

luminox prsnblu s-ilogo

 

アバター
SNOWBOARD NETWORKは日本発のスノーボード専門Webメディアです。スノーボード・スノボが好き、もっと楽しみたい、 スノーボードをはじめてみたい、そんな人たちにむけたポータルサイトです。 更に、日本と海外をスノーボードを通して国境をなくし世界が繋がることを目的として運営しています。