SP bindings 「ブーツとのセットアップ」


動画をご覧ください。
これを見れば簡単です。
個人の好みに合わせて調整をしてください。
石川敦士の場合
アンクルストラップ、トゥーカップをキツめにセットしています。
履くときは、強めにブーツをトゥーカップまで入れて、ハイバックを起こします。少しきつめなのでハイバックで押し込みながらの装着になるため、少しコツがいりますがとても高いレスポンス、ブーツとの密着度が高まり、高いパフォーマンスを発揮できます。レスポンス重視の人には最適です。
アンクルストラップもキツめにセットしています。毎回、エボバックルを緩めてから履き、滑る前にさらに締めるという作業をしています。手間になりますが、非常に高いパフォーマンスを発揮できるため、このようなセッティングを「石川敦士」はしています。
岡田沙織の場合
トゥーカップは程よいホールド感が好みのためキツ過ぎず、緩過ぎずを選んでいます。スムーズにトゥーカップにブーツを入れ、ハイバックを起こすのもスムーズにできるくらいを選んでいます。アンクルストラップもエボバックルを調整しない程度のホールドを選んでいるのでスムーズに装着ができます。ビッグキッカーやハイスピードのライディング時に少しエボバックルでキツめにホールドさせるのが彼女の好みです。このようなセッティングを「岡田沙織」はしています。
1594d8af30d295ab042462f4dbe66d50
SP Bindingsは滑る前にブーツとのストラップのセッティングが必要です。
アンクルストラップとトゥーカップを緩めてからブーツを入れます。
15204c0281cd71e36a27ef22e47a673f34e719dc263692f078c909fa43051731
ハイバックをあげ、ハイバックレバーをあげます。滑る状態へセットします。
084db54fc3499ede588cd78725491fd6-1
トゥーカップを押し込むようにしてぴったりセットします。
アンクルストラップも真ん中に来るように場所を調整し、エボバックルで調整します。
e66e4d36e8abaf8c890dde7457ba53fb
ブーツを外し、トゥーカップをもう少し狭くセットします。
片側2メモリくらい狭くすると丁度いいです。各自のホールドに合わせて調整をしてください。キツめにセットすればホールド感が非常に高くライディングパフォーマンスが高くなりますが、履くのが少し難しくなります。逆に緩めにセットすると履きやすくなり、ルーズなライディングを可能にし、ファンライディングに最適です。
fa6ae3eaa563a013cec1773913124de9
b817755bf19477fe2e4053a76666bd78