Round 6 Kinseiryuho TAKAHIRO Memorial CUP in X-JAM

Kinseiryuho TAKAHIRO Memorial CUP in X-JAM Round5に引き続きRound6レポートになります。

47092059-DE46-4BAB-8B80-452CC5C4E158

プロツアー第6戦は昨日と同じく高井富士のコースで行われます。
前日と全く違うのは向かい風がかなり強く最後のカットバンクを抜けてからが緩斜でかなりの影響があります。
スノーボードクロスは向かい風の場合、一番前の選手の真後ろの選手はスリップストリームと言われる空気抵抗を少なくし、相手を抜き去る技があります。

このスリップストリームが今日の勝負ポイントになるのは間違いありません。

4CBC2CAD-CA7B-4B5B-85F1-D605BB44B361

前日一回戦で敗退した元木康平は同じ失敗をせずリベンジを狙い確実に駒を進めてくるはずで、女子もツアーランキング上位者がそのまま出場なのでまさに大激戦が期待されます。

E79E7C14-019B-4FB9-9C29-41DE0001050A

そんな中、前日男子3位の飯野翔揮、そして前日優勝の元木勇希がセミファイナルで敗退という波乱の展開に!
ファイナルには元木康平、永田一馬、決勝初出場の於茂田眞希、宮野颯大が決勝に初出場!男子はいづれも勝ち上がったメンバーはスリップストリームで最後の直線で抜いて勝ち上がってきました。

女子は今期常勝メンバーの前田佳苗恵、河合輝美、中村優花3人で初出場ルーキー小竹咲綾が見事に決勝に駒を進めた結果になりました。

Kinseiryuho TAKAHIRO Memorial cup in takaifujiのファイナルがスタート!!

女子は前日優勝した前田佳苗恵がサードバンクから少し抜けでてリード、すぐ後ろを中村優花がぴったりつけていく、その後ろを少しあいて、河合輝美、小竹咲綾が続きますが、小竹は少し離されて苦しい展開。最後のカットバンクをこえて前田佳苗恵が依然リードしていましたが、中村優花がスリップに入りキッカーで並び最後は一気に差しきってゴール!!
中村優花が今期2勝目の女王に輝きました!

4441F32B-80EF-4539-9021-7F627721A239

女子リザルト

1位 中村優花
2位 前田佳苗恵
3位 河合輝美
4位 小竹咲綾

男子ファイナルは、スリップストリームを警戒し元木康平は少しテンポを遅らせてスタート!この選択がどうなるのか!?

前半はずっと団子状態で、ステップダウンのあとのウェーブできれいな縦一列になりトップは於茂田眞希、元木康平選手が最後方、最後のカットバンクに入る所でいっきにスリップを使った元木康平選手がトップに並び、ここに宮野颯大がさらに後ろからスリップストリームで並ぶ展開でキッカーで三人が横並び!?最後の最後に抜けきったのは若手ルーキーの宮野颯大!!男子はルーキープロ初優勝という結果になりました。

191BB59D-7063-4477-A997-CEEFFD00CC56

男子リザルト

1位 宮野颯大
2位 元木康平
3位 尾茂田眞希
4位 永田一馬
5位 黒沢新
6位 宮野悠也

高井富士の2連戦が無事に終わり、スノーボードクロスプロツアーは残り2戦となりました。そしてツアー上位者のみで争われるグランドチャンピオンシップのチケットを誰が手にするのか!?

今後のレースが気になるところです!

5E47297C-82A6-4BF7-B156-EF4E382B19A4

今大会のスポンサーをしてくださった筋整流法の小口さま

D74C20FD-D32E-4AC2-B8FB-1E28BC72A75D

急遽個人協賛をして頂いた佐藤さま

大会のスタッフ、スキー場の関係者のみなさん、本当に有難うございました。

そして選手のみなさん、本当にお疲れ様でした!

9799BEBF-22C9-4732-BFF6-F0780C7C4778

次戦のスノーボードクロスは同じく長野の菅平パインビーク!
再び激戦のプロツアーになる予感なのでお楽しみに。

シェア
20th Anniversary PSA ASIA Snowboard Pro Tour Page プロスノーボーダー約340名を擁し、日本最大のスノーボードプロツアーを20年に渡り行っています。速く、高く、美しく…今シーズンもプロフェッショナルな滑り、大会情報を皆さまにお届けします! Official Web