LATE project presents グラトリ大百科:第3回「ノーズプレス タップアウト」の巻

早くも人気上昇中のLATE project presentsによるグラトリHOW TOムービーシリーズ「グラトリ大百科」。3ケ月間に渡ってLATE projectのメンバーがグラトリHOW TOのポイントになる技を徐々にレベルアップさせつつ解説していきます。さあ、前回の「ノーリー」に続き、今回は「ノーズプレス タップアウト」です。このムービーを見て、シーズンインに向けてイメトレしつつ、テンションをアゲていきましょう!!

ノーズプレス タップアウト

原点回帰!派手な技を練習する前に覚えておきたい基礎中の基礎
by 瀧澤憲一(瀧澤賢一:ライダー紹介ムービー

あなたは、グラトリのイメージを【飛んで、回る】ものだと思っていませんか?
その飛ぶのにも、回るのにも、基本的な身体の使い方があります。

それが【プレス】

この【プレス】は、板をしならせながら滑る動作ですが、
簡単に言えば、片足立ちのまま滑るトリックです。

グラトリの場合、板をしならせるときには必ず片足立ちになります。
両足ジャンプで板がしなることはありません。

この片足立ちの状態【プレス】を練習することで
あらゆる技に共通した身体の軸の使い方を学ぶことができます。

プレスなんて飛び級して練習したことがないという人は
是非、今一度 基本に戻り練習してみてください♪

プレスができる人のグラトリと、できない人のグラトリでは
完成度、見た目、かっこよさが違います!

どうせならかっこよく、トリックを決めたくないですか?

ノーズプレスをかっこよく決めるポイントはこちら!

1、骨盤が前足よりも進行方向に出ている事
重心がしっかりと前足に乗れている姿勢が
この骨盤の位置になります。
重心が前足に乗っていれば軸ができるので
安定感のある姿勢になりおのずとスタイリッシュに!

2、後ろ足をしっかりと伸ばす
後ろ足を伸ばすことで 重心は前足に移ります。
前足のひざは曲げ、後ろ足のひざは伸ばす事で
メリハリのあるノーズプレスになります。

3、タップなどのアレンジを加える
安定したノーズプレスができるようになると
動画のようにタップを入れたり
回してアウトしたり、
進行方向を見ないでプレスしたりと
いろいろなアレンジを加えられるようになります。
自分なりの個性を出していきましょう♪

ノーズプレスは基本がわかっていれば難しい技ではありません。
難しくはないですが、とても大切な技です。

しっかり理解して、余裕ができるまでやりこんでみてください♪
そうすると、他の滑りも変わってきますよぉ〜♪

<<<<<LATE project メンバーからの アドバイス>>>>>
全ライダープロフィールはコチラから

幻影(幻影:ライダー紹介ムービー
第1に頭と腰の位置!
ノーズプレスの時に大事なのは、頭と腰がノーズの真上にある事です!
ノーズにどっしりと腰を乗せにいくイメージです。
第2に上半身は真横を向く!
上半身が進行方向に向けて開いてしまうと、ボードも安定せずに真っ直ぐに滑る事ができません。上半身は真横!目線のみを進行方向です!
第3に前腕の位置!
前腕を必ず進行方向の視界に入る様にしましょう!この時にに肘を曲げて前に突き出すイメージにすると軸が保ちやすいです!
最後に重要なのが『リラックス』して軽くノーリーからのテールをタップです♪
以上3つのポイントであなたもオシャレノーズプレスタップマスター♪

山本純士(山本純士:ライダー紹介ムービー
プレスは『魅せ方』が大切です。
どんなに板が浮いていても、姿勢が悪かったらせっかくの格好良さも半減してしまいます。
なので、今回のノーズプレスの場合は、上半身と下半身をしっかりと絞る(逆の動き)ことを意識するのがいいと思います。そして、極力さらっとやるのが◎
技の完成度を高め、格好良く魅せちゃいましょう!

<<<<今週のPICK UP RIDER>>>>

ニックネーム:アツシ ●趣味:ビール ●生年月日:1986年11月3日 ●年齢:30歳 ●身長:170cm ●体重:61kg ●ホームゲレンデ:特にありません。様々なゲレンデに出没します! ●活動エリア:奥美濃、南信州、静岡 ●ボード歴:10年 ●ライダー歴:4年 ●チーム1:天狗打痢(アマクダリ) ●チーム2:NORTH WEST RIDERS ●スタンス:レギュラー ●角度:54㎝ 6,-6 ●ボードブランド:FTWO ●ボードモデル:①BLACKDECK ➁TNT ●ブーツブランド:FLUX ●ブーツモデル:GTX-Lace ●バインブランド:FLUX ●バインモデル:DSW ●スポンサー:FTWO / SMITH / FLUX / VAGX / NORTHWEST RIDERS / LATE project / ムラサキスポーツ
ニックネーム:アツシ ●趣味:ビール ●生年月日:1986年11月3日 ●年齢:30歳 ●身長:170cm ●体重:61kg ●ホームゲレンデ:特にありません。様々なゲレンデに出没します! ●活動エリア:奥美濃、南信州、静岡 ●ボード歴:10年 ●ライダー歴:4年 ●チーム1:天狗打痢(アマクダリ) ●チーム2:NORTH WEST RIDERS ●スタンス:レギュラー ●角度:54㎝ 6,-6 ●ボードブランド:FTWO ●ボードモデル:①BLACKDECK ➁TNT ●ブーツブランド:FLUX ●ブーツモデル:GTX-Lace ●バインブランド:FLUX ●バインモデル:DSW ●スポンサー:FTWO / SMITH / FLUX / VAGX / NORTHWEST RIDERS / LATE project / ムラサキスポーツ

神保賢一(神保賢一:ライダー紹介ムービー
ノーズプレスでのバランスの取り方
1 肩を平行にする
前足荷重になるので、
特に前肩を上げることを意識しましょう。
2 目線は進行方向に
下を向いてしまうと、バランスを崩しやすいので、勇気を持って進行方向を見ましょう。
3 前足の膝を内側に荷重する
重心を前でキープするために前足の膝から内側に体重をかけましょう。

ノーズプレスは簡単そうに見えて難しいので、止まった状態からこの3つのポイントを意識して練習することから始めてみましょう!

吉武大貴(吉武大貴:ライダー紹介ムービー
ノーリーと同じような考えで斜面の角度のことを考えると自分が思って思っている以上にノーズ、谷側へ体重をかける必要があります。
マニュアル、プレスで僕が意識していることは前足に乗ってから体重を徐々に前足にかけるのではなく
乗った瞬間に重心のポジションろ上半身の姿勢を固めておかないと
その後キープできないのでオーリーしたときの前足がついた瞬間に重心と上半身を瞬間的に固めて前足を踏み込みます。

田中ポール和樹(田中ポール和樹:ライダー紹介ムービー
ノーリーの時に説明した練習をしましょう。
ノーズプレスは派生トリックが多いので、ノーズプレス単発の完成度をあげれば自然とレパートリーが増えるのでオススメのトリックです。
ノーズプレスをしている足を踏んでノーリーをしますが、離陸したら空中で平行になるように調整して下さい。
そして着地は両足着地、まずは両足着地を完璧に出来るようにして下さい。動画でいうタップがない状態です。
両足着地が完璧に出来るようになったら、タップをしてみましょう。タイミングと力加減が合えば動画のようなトリックになります。
感覚としては離陸し板を平行にした後に、勢いよくテールを踏みつけに行くと良いです。アクセントでノーリーした足をそのまま体に少し引き付けると良いでしょう。
またタップの際にテールを踏むことなるので、また反動で離陸します。ここも板が平行になり着地を両足着地になるようにして下さい。

室井洋平(室井洋平:ライダー紹介ムービー
オーリーでエントリーしたら前足の真上に重心を持ってきます。
このとき前足の膝は曲げて内側に捻り、
後ろ足は伸ばすように意識しましょう!
腕を平行にすることでバランスがとれます。
肘を上げて腕のふらつきをロックしてあげると安定します!

岸波秀樹(岸波秀樹:ライダー紹介ムービー
1 軽くオーリーをかけノーズに乗るきっかけを作る
2 重心をしっかりと前足の足元にのせる
3 肩を水平にしてバランスをとる
*どちらかの肩が下がったり頭を下げるとバランスが保てずうまく板にのれない!
*頭をノーズから先に出さずに板の範囲に収める

高橋玲(高橋玲:ライダー紹介ムービー
プレス軸のバランス調整
プレスしているノーズ側の足の軸に対し、その垂直線上に胸位置をもっていくようなイメージでいくと、バランスが取りやすいかと思います。
また、軸足のひざを内側に絞ることによってさらにバランスが取りやすくなります。
プレスしている際、肩を水平にすることも意識してみましょう。
さらにさらにバランスが掴みやすくなると思います。

兵頭 龍(兵頭 龍:ライダー紹介ムービー
ノーズプレスは足で踏むというより、腰の位置がポイントです。(腰を進行方向に突き出すようなイメージ)
目線は前に、前肩が下がらないように両肩を結んだラインは地面と平行を保つ意識を!
僕はブーツの小指側の側面にもたれかかるイメージで踏んでいます!

田中陸太(田中陸太:ライダー紹介ムービー
その1 まずは、ノーズプレス
その2 目線を下げない
1・ ノーズ側の足の上にお尻・腰、頭。重心を乗せてあげてください。 普段、ボードの中心部にポジションがあるかと思いますが、ノーズプレスをする際は、敢えてノーズ側の足の上に重心を持っていき、テールを上げれるようにしましょう。
スノーボードを履いていない状態でも、鏡の前に立ちノーズ側の足に重心を乗せたり、テール側の足に重心を乗せてみる動きをし、イメージを膨らませてもらえたらと思います。

2・目線を下げないこと。
目線を下げすぎると、どんどんノーズ側の足の更に、ノーズよりに体重がかかり過ぎ、転倒しやすくなってしまいます。
進行方向を見ながら、目線を落とし過ぎないように気をつけてトライしてみてください。
また、バランスを取りやすくするために、腕を広げてみた方がやりやすいかと、思います!

ノーズプレスタップアウトを覚えたら、是非、ボックス等のアイテム上でトライしてもらえたらと思います!

シェア
SBN FREERUN(フリーラン)はSNOWBOARD NETWORK=SBNとSNOWBOARDERS LIFE FREERUN(フリーラン)を融合させた国内最強のスノーボード専門Webメディアです。初心者からエキスパートまで、レベルを問わず、スノーボード・スノボの楽しさを伝え、スキルアップをはかるためのたくさんの情報を発信していきます。スノーボード専門誌FREERUN(フリーラン)ならではの視点で、日本、そして世界各地から発信される最新の話題も含めて、クォリティの高い、面白いコンテンツを数多く提供。365日スノーボードを中心にアクションスポーツを楽しんでいけるライフスタイルをサポートしていきます。