GREEN ROOM FESTIVAL 2016 レポート

GREENROOM FESTIVALはサーフカルチャー、ビーチカルチャーをルーツに持つ、ミュージック、アート、フィルムのカルチャーフェスティバル。今年も『Save The Beach、Save The Ocean』のコンセプトのもと横浜・赤レンガ地区野外特設会場にておこなわれた。10年以上開催され続けているこのフェスも年々盛り上がりを増している。例年よりさらに盛り上がった2日間の様子をレポート
1_A27I9490
GREENROOM FESTIVALを語る上で大切な3つのキーワードは上述した「MUSIC, ART, FILM」
MUSICは2日間で合計50名以上のアーティストによるLIVE
ARTは25名ものアーティストによる展示
MOVIEはサーフカルチャーやビーチカルチャーにまつわる映画を9本上映
コンテンツ盛りだくさんのお祭りだ

赤レンガ野外特設会場に足を運ぶとまず見えてくるのがOCEAN PEOPLESとART CONTAINERのエリア
OCEAN PEOPLESではブランドによるマーケットなどがおこなわれ、こちらはチケットがなくても誰でも買い物が出来るとあってたくさんのお客さんであふれている
さまざまなブースで参加型イベントがおこなわれNEW ERAではフリスビーゲーム、JeepではPhoto Boothでの記念撮影が可能。
A27I9695
そこからさらに会場に近づいていくとあらわれてくるのがART CONTAINER。各ブースが1つのコンテナの中で展開されるココでは、さまざまな展示がおこなわれていた
RVCAではアーティストによるライブペインティング、CONVERSEではスニーカー早履き選手権とおもしろいイベントが開催。海外アーティストの即興ライブペインティングを見れる貴重な機会とあってブース周りには多くの人が集まっていた
2_IMG_3940

3_IMG_3943

さて、会場で迎えてくれるのは毎年変わるGREENROOM FESTIVALのパネル。
フォトスポットにぴったりのココでの写真はマスト
TIME TABLEをみながら自分のプランを考えていくのもこのフェスの楽しみ方のひとつ、たまに好きなアーティストがかぶったりして思い悩んでみるのもフェスの醍醐味。そんなことになってもこのフェスはステージ間の距離が近いから前半はこっちで後半はあっちのステージなんて楽しみ方ができるのも魅力的。
IMG_0395

会場内のステージは大きなステージのGOOD WAVE, BLUE SKYそして森の中のHUMMING BIRD、船の中のPARADICE SHIPと PORT STAGE
さらに今年は赤レンガ倉庫3FのGALLERY STAGEも加わった。
A27I9677
このフェスのいいところはなんといってもその空気感、PeaceでChillな雰囲気が会場中にあふれている。
芝生の上でシートを広げて仲間と飲む、キッズ達はハンモックに夢中。思い思いの楽しみ方があり自由だ

21日の夕暮れに登場したのはRIP SLYME
「楽園ベイベー」や「熱帯夜」などの名曲をプレイ
大盛り上がりのステージの中、この夏このフェスでしか見れない特別なゲストが登場
ムラサキ色のスーツで登場した彼は、RIP SLYMEより前に終了していた在日ファンクの浜野謙太
ココにきた人しか見れないプレミアムなLIVEだった
4_A27I0139
GALLERY STAGEでおこなわれたRicky-Gのライブは開演1時間前から入場制限がかかるほどの人気LIVEだった。8年連続で登場しているRickyはグリーンルームフェスには欠かせない

この日のトリはRodrigo y gabriela ダブリンを舞台に活躍している彼らのプレイを待ち望んでいたお客さんも多かった
しかし、ちょうど彼らのステージ前に雨がぱらついてきた
登場する頃には雨は本降りに、しかし集まった観客達は雨でも関係なし。彼らのアツいプレイに盛り上がりをみせる
LIVE終わりのスッキリとした表情が印象的だった

ART GALLERYでは
スノーボーダーRIP ZINGERやYUSUKE HANAIのアートワークも展示
写真や絵画など美しいアートであふれていた
IMG_0428
2日目の22日にはCaravanやDef Techといったグリーンルームフェスの常連組も登場
特にDef Techのステージは毎年楽しみにしているお客さんで、誰もがDef Techの気持ちいいサウンドに乗っていた
A27I0038
最後大トリに登場したのはR&Bの大御所 Chaka Khan
持ち前の力つよいボーカルで観客を魅了
A27I2353
とにかく色んな楽しみ方が満載なのがGREEN ROOM FESTIVAL。

サーファーに限らず、僕らスノーボーダーとってもMUSICはとっても大切なライフスタイルの一部。

今年参加できなかった人も、ぜひ来年はこの素敵なGROOVEに包まれたフェスに足を運んでみてもらいたい。


こちらもグリーンルームが企画に携わる「海を愛する人たちのためのオーシャンフェスティバル“OCEAN PEOPLES”」が代々木公園イベント広場で7月9日(土)、10(日)に開催される。
OCEAN-PEOPLES
このイベントは海を愛する人たちのためのオーシャンフェスティバル。海には、食、音楽、スポーツ、観光、環境など様々なカルチャーがある。そんな海を楽しみ、海を感じ、海について考えるきっかけにあふれたフェスティバルが OCEAN PEOPLESなのだ。

こちらもLIVEがおこなわれ、第2弾アーティストが発表された。

1
なんとこのイベントは無料で入場できるので、当日はぜひ会場へ足を運ぼう!

詳細はこちら

 

シェア
SBN FREERUN(フリーラン)はSNOWBOARD NETWORK=SBNとSNOWBOARDERS LIFE FREERUN(フリーラン)を融合させた国内最強のスノーボード専門Webメディアです。初心者からエキスパートまで、レベルを問わず、スノーボード・スノボの楽しさを伝え、スキルアップをはかるためのたくさんの情報を発信していきます。スノーボード専門誌FREERUN(フリーラン)ならではの視点で、日本、そして世界各地から発信される最新の話題も含めて、クォリティの高い、面白いコンテンツを数多く提供。365日スノーボードを中心にアクションスポーツを楽しんでいけるライフスタイルをサポートしていきます。