GIRL’S SIDE/KURUMI IMAI(今井胡桃)

image5-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

昨シーズン出場した国内大会は全て優勝。国際大会でもLAAX OPEN 7位、US OPEN 8位と頭角を現しつつある若干17歳の高校生。同じ世代のスノーボーダーを増やしたいという願いを込めて、オリンピックの舞台で活躍することを目標に日々活動する今井胡桃にフォーカスをあてる。

平昌五輪・ハーフパイプ種目で表彰台を目指す

今、話題の「真田丸」の舞台で注目を集めている長野県・上田市出身の今井胡桃。四方を山に囲まれ、11人家族、5人兄弟の末っ子としてみんなに愛され、兄たちの後を追いかけ野山を駆け回るような活発な女の子として幼少期を過ごす。小学生になると兄たちが習い通っていた剣道をはじめる。礼で始まり、礼で終わる、剣の道。礼儀正しく、挨拶がしっかり出来るくるみの普段の立ち振る舞いは、この時期の環境が大きく影響している。
「小学生の6年間、剣道をがんばっていました。試合では勝ったり、負けたり。兄たちは剣道が強い、私のちょっとしたヒーローでした(笑)」

兄の影響ではじめた剣道は、くるみの負けん気の強さもあって厳しい練習にも耐え、礼儀作法を身につけていった。そんなくるみがスノーボードを始めるきっかけもまた兄の影響であった。
「父は遊びでフリーランを楽しむ一般スノーボーダー。まずは父と兄たちでスノーボードをはじめて。兄が楽しそうに滑っている姿を見たらすぐに心がときめいて。5歳の時、はじめての雪山デビューでした」

滑り始めた頃はスキー場に行くだけで楽しかったくるみ。親も彼女が今のように世界を転戦するような選手になるとは思ってもいなかった。そんなある日、現在ハーフパイプ男子で活躍する兄の今井郁海が映像で流れる平野英樹の滑りに衝撃を受けて、本格的に競技生活を開始する。くるみも兄の背中を追うように、また競技スノーボードの世界に強く興味を持ちはじめていった。

翌年、くるみが8才の時に転機が訪れる。地元の草大会のハーフパイプ種目についに出場することになったのだ。
「まわりの人は小さいのに上手いね、とは言ってくれたのですがその大会では優勝することが出来ず、とにかく悔しくって。それからはハーフパイプのことで頭がいっぱい。どうしたら大会で勝てるのか?女の子でも兄のような男勝りの滑りが出来るのか常に考えていました」

努力家のくるみは確実に実力を付けていき、2011年シーズン、ついに念願であった全日本選手権で優勝しプロ昇格を果たす。くるみがスノーボードを始めて6年、小学5年生の時だ。翌年からPSAのプロ戦に参戦しても好成績を残す。さらに翌年、中学生に進級したくるみはFISの大会に参戦。そして2013年シーズン、FIS全日本選手権で優勝し、JAPANチームの一員になるまで成長していく。
「このことは涙がでるぐらい嬉しかったです。家族もすごく喜んでくれて」

快進撃を続けるくるみの勢いはさらに増していく。大会では確実に結果を残し、技のスキルも世界で戦えるところまできた。しかし、くるみはあくまでも冷静であった。
「昨シーズン、世界のトップ選手が出場する大会にはじめて参戦しました。今までの大会とは環境も、注目度も、そして参加選手のレベルも違いました。とくに刺激を受けたのは国際大会で優勝を重ねるクロエ・キム選手」

そして、こう続ける。
「彼女は男子選手と変わらない高いエアを決め、F10やCAB10の技の安定感も抜群。同じ女子ながら、別次元の選手だと思いました。だからこそ心が熱くなると言うか、ヨシ! もっと頑張ろう!! もっと上手くなろう!! 私にも出来る」と。

貪欲に努力を重ね、真摯にスノーボードと向き合うくるみ。今期は、平昌五輪のトライアルの年である。ワールドカップを転戦してリザルトを残すことを最大の目標にあげている。
「私のスノーボード人生は大勢の人の協力があって成り立ってきました。未成年の自分が世界を転戦する際でも協力してくるROXYのみなさんには心から感謝しています。それといつも応援してくれている家族にも良い結果が報告できるように。毎日毎日が勝負だと思い、常に結果を意識して、戦い抜く覚悟
で平昌五輪・ハーフパイプで表彰台に立つことを目標にがんばっていきます。応援お願いします」

シーズンオフはカムイみさか、小布施クエストで練習を重ね、この夏は8月下旬から約1ヶ月間、ニュージーランドのカードローナでF10をモノにするため練習漬けの毎日を送った
シーズンオフはカムイみさか、小布施クエストで練習を重ね、この夏は8月下旬から約1ヶ月間、ニュージーランドのカードローナでF10をモノにするため練習漬けの毎日を送った

 

 

 

 

 

 

 

★PROFILE
1999年9月24日生まれの17歳。長野県・上田市出身。スノーボード以外で興味があることを尋ねると、環境問題と答える。愛くるしい笑顔が魅力の期待の女子高校生ハーフパイプ選手。
スポンサー: ROXY, ARK, CALLA FACTRY, SUPERFEET、小布施QUEST

シェア
SBN FREERUN(フリーラン)はSNOWBOARD NETWORK=SBNとSNOWBOARDERS LIFE FREERUN(フリーラン)を融合させた国内最強のスノーボード専門Webメディアです。初心者からエキスパートまで、レベルを問わず、スノーボード・スノボの楽しさを伝え、スキルアップをはかるためのたくさんの情報を発信していきます。スノーボード専門誌FREERUN(フリーラン)ならではの視点で、日本、そして世界各地から発信される最新の話題も含めて、クォリティの高い、面白いコンテンツを数多く提供。365日スノーボードを中心にアクションスポーツを楽しんでいけるライフスタイルをサポートしていきます。