FREERUN 2014/12月号

Cover14-12_E.indd

FREERUN 2014/12月号

2014年11月27日発売

定価: 980円(税込)

特別付録: FREERUNオリジナル 2015カレンダー

 

スキー場は続々オープンし始める今月は、日本の雪山の魅力再発見。

昨シーズン、様々な海外ライダーが日本の雪質や地形の面白さに惹かれて日本を訪れた。

彼らのトリップを見ながら、私達の愛すべき日本の雪山&スノーボードカルチャーを振り返る。

なにか、去年までよりももっと山を楽しめる、そんな予感。

 

 

1_brianIguchi

★ I AM SNOWBOARDER

Bryan Iguchi

VOLCOMがこの秋にドロップしたムービー、TRUE TO THISは衝撃的だった。中でも、ブライアン・イグチの滑りは見れば分かるほど強烈でオリジナル。歳を感じさせない攻め攻めの滑りに文字通り震えた。若くしてシーンに多大なる影響を与えたイグチ。この秋で41歳を迎えた今尚、さらなる進化を続けている。

 

 

2_pathology

★ PATHOLOGY IN JAPAN

~パソロジーのクルーが北海道で過ごした2週間~

ブライアン・フォックスとオースティン・スミス、そして彼らの友達の冬を追いかけたスノーボードフィルム “Pathology”。その作品の撮影のために彼らはまず1月頭に北海道を訪れた。ニセコに到着して早々に信じられない程の大雪が彼らを歓迎してくれた。そこから始まる、まるで夢のような2週間のハナシ。

 

 

3_niseko

★ Simply Niseko

Discovering the Hokkaido Snowsurf Vibe

ニセコから世界へと広がりを見せるスノーサーフという文化。北米のpatagoniaクルーが目指したのはそのカルチャーの中心。渡航メンバーにはサーファーのジェリー・ロペス氏も同行していた。この地に根付くカルチャー越しのニセコへ、北米発のスノーボードマガジン “frequency” のコリン・ワイズマンが迫る。

 

 

4_snowresort14_snowresort2

★ 2014-2015 BEST SNOW RESORT

上質のパウダースノーと自然地形を楽しむ

今年は「フリーライディングで遊べる」をテーマに各リゾートのHOT SPOTにクローズアップ。オススメスポットをぜひチェックして欲しい。掲載ゲレンデは、裏磐梯猫魔スキー場、白馬岩岳スキー場、栂池高原スキー場、川場スキー場、丸沼高原スキー場、野沢温泉スキー場、シャルマン火打スキー場。

 

 

5_liftpresent

★ リフトチケットプレゼント

毎年人気のこの企画。今年も2号連載で皆様にリフトチケットをプレゼント!今月は全国61ゲレンデ、500名の方にドーンッと当たります!! 応募はFREERUN WEBサイトで受付中。FREERUN12月号のどこかに書いている「今月のキーワード」が必要なので、色んなページを読みながら探してみよう!

 

 

freerun-logo

OFFICIAL SITE

FACE BOOK

 TWITTER

 

 

シェア
SNOWBOARD NETWORKは日本発のスノーボード専門Webメディアです。スノーボード・スノボが好き、もっと楽しみたい、 スノーボードをはじめてみたい、そんな人たちにむけたポータルサイトです。 更に、日本と海外をスノーボードを通して国境をなくし世界が繋がることを目的として運営しています。