COLLECTION PARK SESSION at INAWASHIRO SKI AREA REPORT

急遽決定したにも関わらず、多数のファンを集めたCOLLECTION PARK SESSION
シーズン終盤、3月の3連休。 この週末、各地でイベントが開催された。そんな中で、急遽決定したにも関わらず、多数のファンを集めた。
Photo & Reported by SHINGO

 

collc-ttl collc-main1 collc-main2collc-p1

開会式を待つ参加者達。中央はErik Leines

collc-p2

開会式前の本部テント内

2014-11-15_2001

 

そして、このイベントのために素晴らしいパークを作ってくれたのは地元猪苗代のBRAVE PROJECTだ。
まず驚かされたのはパークの完成度の高さだ。各セクションともに飛びやすく、怪我をしにくい設計に加え、見た目にも美しい仕上がり。観客の視界まもでを意識した素晴らしいシェイプだった。セクションは、25mのビッグキッカーや、8mヒップ、15mキンクレールなど迫力のアイテムのほかに、ストレートレールや、Y字レールなどもバランスよく配されていた。

9:30開会式。集まった参加者は約200名。前日、前々日も100~150名の参加者が集まったというから、さすがの集客力だ。
ライダー達がマイクを手に、一言づつ挨拶をはじめる。

Mikey LeBlanc: “Hi, Make Love and No War!!”

ナイスコメント、さすがMikey! 午前中は一般参加者とライダー達とのフリーセッションタイム。皆、朝一とは思えない攻めっぷりだ。一番ベースに近い最終セクションのヒップに照準を合わせてやってくる。このセクションは、テーブルとしてもヒップとしても攻めることがデキルが、ほとんどのライダーがストレートにテーブルとして攻めた。COLLECTIONやRIDEのライダー達に混じって、ローカルのライダー達が、ガンガン攻める。プロと遜色の無いビタメイク連だ。女性のローカルライダー(MCいわく、「猪苗代ねーさん」)も25mキッカーでB3ビタ着の男前ぶり。猪苗代ローカル恐るべし。Mikeyも風邪気味ながら楽しそうに攻めていたし、Ali 、Erikも朝からヒートアップ。

 

 

 

 

collc-p6

国内ビッグエア系の大会で活躍するCOLLECTIONライダー達を、至近距離で、しかもパークセッションで思う存分見ることができるということ自体、ギャラリーにとっては貴重な体験だ。今回もっとも印象に残ったのは、西田崇のキンクレールトライだった。ロックスタイルのバックサイドボードスライドで、ダブルダウンの10mキンクレールをフル抜き!ガッツポーズ。見ていた観客、カメラマンも大拍手だった。

さて、午後からはデモセッションのスタート。遅れてきた鈴木伯もようやくスタンバイ。参加したのは、COLLECTIONチーム、RIDEチーム、そしてBRAVE PROJECTのメンバーから数名。ギャラリーも最終セクションのサイドに集合して準備OK。ライダー達もギャラリーたちが集まる最終セクションのヒップ&テーブルを中心に攻めてくる。

降り注ぐ春の日差しのせいか、徐々に雪面が緩みはじめ、ややスピードが乗らないものの、各ライダーともにうまく最終セクションい合わせてくる。いきなり見せられたALIのB7は、余裕の滞空時間。オーリーの強さを感じさせる。ERIKも負けじとB5、B7をメイク。長い手足を生かしてスタイルでまくり。

collc-p7 collc-p8

ビッグエアの大会では9連発の伯も、スイッチB3やF5を披露。楽しんでますオーラ出しまくりだ。MCがギャラリーに「何が見たい?」と質問すると「アキくんのフリップが見たい」の声。ご期待にお応えして25mキッカーでアキフリップをメイク。サービス満点だ。
その後、雪面コンディションがやや悪くなったために、ベースのテント前にライダー達を集合させて、急遽ギャラリーからのインタビューコーナーが開催された。「崇くんはお酒が好きだそうですが、今夜も飲みにいきますか?」など爆笑質問も飛びだし、イベントは和気あいあいモードで進行していった。

 

INTERNATIONAL RIDERS COLLECTION / RIDE JAPAN SNOWBOARDS / KUU / BRAVE PROJECT / 猪苗代スキー場

collc-p9

 

このイベント中に参加していたK2ジャパンのキッズライダーを紹介しよう。

午前のフリーセッションではCOLLECTIONのライダー、RIDEのライダー達にまじって、ヒップでB3や、カーブレールをボードスライドでフルアウトかましていた2人のちびっこライダー。サポートしていたお父さんにお話を伺った。

Teddy Koo(11歳)、Kevin Koo(9歳)の兄弟。彼らはれっきとした日本人のキッズだ。都内のインターナショナルスクールに通っている。スノーボードのほかにもスケートやサーフィンもこなす元気なキッズだ。日本語も話せるが、兄弟での日常会話はほとんど英語で会話していた。今後が楽しみなグローバルキッズだ。

昨年Windellのキャンプに参加中、COLLECTIONのライダー達と仲良くなり、その後COLLECTIONのイベントにも同行しているとのこと。またK2のイベントではTravis Parkerらとも一緒に滑っていたようで、TravisからK2ジャパンへ推薦されたそうだ。

今の日本は小さい頃からアクションスポーツに接し、チャレンジできる環境は整っている。ご両親の理解があるという点はアドバンテージだが、彼ら自身積極的にトライし、大怪我も経験しているらしいが、痛い思い、怖い思いをしながらも、チャレンジしつづけ、どんどんスキルを上げてきている。ゲーム世代、バーチャル世代といわれるが、今後彼らのようなキッズライダーが増えてくれれば、スノーボードカルチャー、そして日本の未来も明るいはずだ。

(写真)左が弟のKevin(9歳)、右がお兄ちゃんのTeddy(11歳)

photos&text: shingo

アバター
SNOWBOARD NETWORKは日本発のスノーボード専門Webメディアです。スノーボード・スノボが好き、もっと楽しみたい、 スノーボードをはじめてみたい、そんな人たちにむけたポータルサイトです。 更に、日本と海外をスノーボードを通して国境をなくし世界が繋がることを目的として運営しています。