Warning: Declaration of description_walker::start_el(&$output, $item, $depth, $args) should be compatible with Walker_Nav_Menu::start_el(&$output, $item, $depth = 0, $args = Array, $id = 0) in /home/japaho/www/burton/wp-content/themes/digon/framework/functions/framework-functions.php on line 74
Dave Downing Interview - SBN BURTON
prevnext
Menu

Warning: Illegal string offset 'output_key' in /home/japaho/www/burton/wp-includes/nav-menu.php on line 604

Warning: Illegal string offset 'output_key' in /home/japaho/www/burton/wp-includes/nav-menu.php on line 604

Warning: Illegal string offset 'output_key' in /home/japaho/www/burton/wp-includes/nav-menu.php on line 604

Warning: Illegal string offset 'output_key' in /home/japaho/www/burton/wp-includes/nav-menu.php on line 604

Warning: Illegal string offset 'output_key' in /home/japaho/www/burton/wp-includes/nav-menu.php on line 604

Warning: Illegal string offset 'output_key' in /home/japaho/www/burton/wp-includes/nav-menu.php on line 604

Warning: Illegal string offset 'output_key' in /home/japaho/www/burton/wp-includes/nav-menu.php on line 604

Warning: Illegal string offset 'output_key' in /home/japaho/www/burton/wp-includes/nav-menu.php on line 604

Warning: Illegal string offset 'output_key' in /home/japaho/www/burton/wp-includes/nav-menu.php on line 604

Warning: Illegal string offset 'output_key' in /home/japaho/www/burton/wp-includes/nav-menu.php on line 604

Warning: Illegal string offset 'output_key' in /home/japaho/www/burton/wp-includes/nav-menu.php on line 604

Warning: Illegal string offset 'output_key' in /home/japaho/www/burton/wp-includes/nav-menu.php on line 604

Warning: Illegal string offset 'output_key' in /home/japaho/www/burton/wp-includes/nav-menu.php on line 604

Warning: Illegal string offset 'output_key' in /home/japaho/www/burton/wp-includes/nav-menu.php on line 604

Warning: Illegal string offset 'output_key' in /home/japaho/www/burton/wp-includes/nav-menu.php on line 604

Warning: Illegal string offset 'output_key' in /home/japaho/www/burton/wp-includes/nav-menu.php on line 604

Warning: Illegal string offset 'output_key' in /home/japaho/www/burton/wp-includes/nav-menu.php on line 604

Warning: Illegal string offset 'output_key' in /home/japaho/www/burton/wp-includes/nav-menu.php on line 604

Warning: Illegal string offset 'output_key' in /home/japaho/www/burton/wp-includes/nav-menu.php on line 604

Dave Downing Interview

デイブ・ダウニング。誰もが良く知るナイスガイとして有名な彼はオールラウンドなスノーボーダーであり、現在はプロダクト開発にも関わっている。今回来日したデイブ・ダウニングにバートンの新しいスプリットボードやファミリースノーボード等について詳しく聞く事ができた。

CB1C6185


Please introduce yourself and explain your role at Burton Snowboards
まずは自己紹介とBurton Snowboardsでどのような事に携わっているかを教えて下さい

I’m Dave Downing and I’m 46 years old. I have been snowboarding since 1990, and since I stop being a professional snowboarder, the last 3 or 4 years I have been involved with Burton in a lot of different roles, sales and marketing, I do lot of a grass roots marketing. I work with retailers in North America. Yeah All North America. Including Canada. Mainly like snowboard specific stores.

デイブ・ダウニング、46歳。1990年にスノーボードに 出会って、プロを辞めてからのここ3年から4年はバートンスノーボードとグラスルーツ・マーケ ティングやセールスマーケティングを担当しているよ。アメリカのリテールと仕事するのがほとんどだね。北アメリカ全土。カナダも含めてね。スノーボード専 門のショップが多いかな。

Retail Marketing. And Grass Roots marketing. And Split board yea, I still involved with product development too. But I mostly with Marketing stuff like grass roots marketing, events, I work with closely work with lot of reps in United States. But uh with split boarding, it’s something that I like to do. And uh I have been involved lot of product. Yeah, that’s about it.

リテールマーケティングだよ。それとグラスルーツマーケ ティング。そう、それとスプリットボード。製品開発にもまだ絡んでるよ。でもほとんどはマーケティ ング、イベント、とかかな。アメリカのセールスマンと共に仕事をしてるよ。そして僕はスプリットボーディングが好きなんだよね。それでプロダクトとは結構 関係があるよ。

I guess you are pretty busy, aren’t you ?
なるほど。ではかなり忙しいのでは?

Yeah busy. I work with Channel Island too in the Summer and spring, I do a lot of marketing with Channel Island, and winters are snowboarding marketing.

ああ、忙しいよ。春と夏はチャンネルアイランズの仕事もしてるし、チャンネルアイランズのマーケティングも担当して、冬はスノーボードのマーケティング。
My schedule are crazy you know, but I try surf everyday.

クレイジーなスケジュールだけどね、毎日サーフィンするようにしてるよ。

CB1C6196-592x394


How much are you riding these days?
ここ数年どのくらいの頻度で滑っているのですか?

I would say… Let’s see It’s January and I probably ridden about 20 days so far this year. Last year I probably rode 45days to 60days maybe?
Lot of my snowboarding is done with retailers. Snowboard retailers like.. You know you guys saw. Lot of my times doing that, I don’t spend much time snowboarding by my self, but I ride with my family. So either I ride with my retailers or with my family.

そうだな。今は1月だから、今年は多分20日ぐら い?去年は多分45日から60日ぐらいかな?滑る日のほとんどはショップの人達とだよ。ここ(展示会)に いるスノーボードショップの人達のような。ほとんどそんな感じだね。1人で滑りに行く事なんで全然ないかな、でも家族と滑りには行くよ。だから取引先の人 か、僕のファミリーと滑るか、そんな所かな。

DSC07104

Where are you normally riding? And who with?
通常どこで、誰と一緒に滑っていますか?

Nowadays I don’t have a normal place but, either like Big Bear or Mammoth in California, Like if I go with my family, Big Bear. My kids love to go there, but un I ride there a lot. I have been riding there for 24 years. So I have a pass there for 24 years. And I really like Lake Tahoe , but it hasn’t been that good last few years. And the rest of my times I have been traveling Utah, Colorado, Canada, riding with my people, but I would say my local is Big Bear.

決まった場所は最近無いけど、カリフォルニアのビッグベアーかマンモスかな。家族で出かけるときはビッグベアーだね。息子達が大好きなんだ。でも自分もそこを滑るのが多いかな。ここ24年はそこを良く滑ってるね。シーズンパスも24年連続。
レイクタホも最高だね。でも最近はそんなにいいコンンディションじゃないよね。後はユタに行ったり、コロラド、カナダに行って仲間と滑ったりしてる。けどローカルマウンテンはビッグベアーだね。

And I have two boys 10-year old and 9-year old. And Sharon, my wife we ride together.

子供は10歳と9歳の二人の息子が居るよ。それと一緒に滑るのは妻のシャノン。

They love snowboarding?
息子さん達はスノーボードが大好きですか?

Yup, and surfing too. I skateboard a little bit. Yeah. My kids skateboarding little bit.

ああ、サーフィンもするよ。スケートはちょっとだけ。ああ、息子達もちょっとだけスケートするけどね。

DSC06978

Who is the most talented snowboarder you had ridden with?
今までで一緒に滑った事のあるライダーで誰が一番素晴らしいライダーでしたか?

Oh Terje for sure. Without the doubt. On the snow, he is the best snowboarder ever.

テリエだね、ゼッタイ。間違いなく。雪の上では、彼は最高のスノーボーダーだよ。

Un, I probably met Terje 96 maybe? Yeah he was pretty young, yeah.
I rode with him last year in Tahoe. Actually in his Burton movie last year, I helped him get all those shots, I guided him in Tahoe. And those are all shots I read it. We had three days to go, and those are all of it from those three days.

テリエに初めて会ったのは96年かな?ああ、まだまだ若い頃だよ。
彼とは去年タホで一緒にセッションしたね。実は彼の去年のバートンムービーの撮影を手伝ったんだ。タホをガイドして、彼のショット全部は僕が連れて行った場所だよ。3日しか無かったけど、3日間すべてのショットが残せた。


Where was the favorite location to ride in Japan?
日本で滑るお気に入りの場所はありますか?

Yeah, I would say either like Tenjin or Seki Onsen. I like down here more than Hokkaido.
It’s less crowded I think, maybe? Seems like Hokkaido get more tracked out. And more of the crazy scene. And down here, nobody. So I like that.

天神か関温泉?だね。北海道よりもいいよね。そんなに混んでない感じもあるし、ね? 北海道はすぐトラックだらけになるし。それにもっとクレイジーだよね。でもこっちの方は、誰もいないよね。だから好きだな。

DSC06883

Are you developing & testing Burton split snowboard?
あなたはBurtonのスプリットボードの開発とテストをしていると思いますが?

Yeah and another boards too. I mean the split boards, shapes come out from regular line. Yeah, like Family Tree. I still work pretty close to work with JG, and uh, he is the main guy for Burton Hardgoods, and I have a good relation ship with him. We actually developing couple split boards in Family Tree line, but yeah that’s mainly what I do.

そうだね、それと他の ボードも手伝っていたりするよ。スプリットボードのシェイプはそれ以外のラインナップが元だからね。そう、ファミリーツリーとか。 バートンのハードグッズ開発のメイン担当者であるJGとも深く関わってるよ。彼とはいい関係だね。現に彼とはファミリーツリーのスプリットボードを開発し てるよ。うん、主にそんな感じだね。

CB1C6290


Please explain new features of 2014-15 split board.
2014-15モデルのスプリットボードについて幾つか特長を教えて下さい

So the new Channel System. That’s the Biggest newest thing we have. And also like the collaboration with Spark R&D. So That’s the binding and split board has the channel links comes with the pucks, and it’s just a incredible system , very easy to set up, cuz that was always really hard with the Voile puck and inserts and it’s almost like a puzzle to get the right. My stance never be the exactly what I wanted.
And this, you just un-screw and you get anything you want. It’s better to get change, and for me, personally, to get the stance dialed on splitboard. I think for the industry it’s huge because you able to demo these boards to people.
Because before, once you set it up to goofy foot, you can’t really change to regular foot that easily, but this system takes like a minute. You can just Shoot shoot! Change it you know. Lot of shops in the States are able to Demo, and rent split board out to get more people involved to this sports. It’s something for spilt board you don’t know if you gonna like it. But if shop can demo it, and let people try it first. It’s huge.

スプリットボードに搭載される新しいチャンネルシステムだけ ど、完全に新しいモノなんだよ。それにスパークR&Dとコラボする事で、ボードとバイ ンディングがチャンネルリンクで繋げることが出来たよ。最高のシステムなんだ。セットアップは簡単だしね。ボレーのシステムはパズルみたいで、バッチリ合 わせるのが本当に大変だから自分の理想のスタンスは設定出来なかった。
でもこれなら、ビスを緩めれば思い通りのスタンスに出来る。進化するのはいい事だし、僕にとってはスプリットボードでスタンスをバッチリ合わせられるのは いいよね。色んな人にスプリットボードを試乗してもらう事が出来るから、スノーボード業界にとっては本当に大きな事だよね。
以前はグーフィースタンスにセットアップしたら、レギュラースタンスにチェンジするのは大変だった。でもこのシステムなら1分も掛からない。シュッ! シュッ!って変えれる。アメリカでは多くのショップが試乗出来るようになるし、スプリットのレンタルもね。より多くの人がこのスポーツを楽しむようにな る。スプリットボードは特に気にしたことが無い人でも、ショップで試乗出来れば、試してもらう事も出来る。最高だよ。

CB1C6294

How easy?
どのくらい簡単なのですか?

Super easy. I can show you later.
It’s great I mean. If you are riding split board in powder, you can’t feel the difference. I can’t you know. And that’s the only time that I’m riding the split board. And what I really like a bout split board is once you going up on you board, you coming down on the same thing. You don’t have to carry a board. It’s incredibly easy hike to hike and walk around.
Some days I don’t even take runs, I just skin around take one run and. But I just like walking around in the back country make it so easy to do that you know. Cuz you don’t have to pick your feet up, you just sheww sheww.

すごく簡単だよ。後で見せてあげるよ。
簡単だし実際素晴らしいよ、かなり。パウダーだとスプリットボード乗ってる感覚は全然判らない。僕は判らなかった。それにパウダーしかスプリットボードは 乗らないしね。また、スプリットボードのいい所はそのボードに乗って登り、同じボードで滑り降りれる事だね。ボードも担がなくていいし、信じられないぐら い簡単にハイクして動き回れる。
たまに僕は滑りもしない事もある。ただスキンアップ(ハイクアップ)して、一本だけ滑ったり。とにかくバックカントリーでハイクするのが好きなんだ。脚も高くあげなくていいし、シュー、シューって感じでね。

And this binding is incredible. The is no more removable pin you know. It has a internal pin system in it. Yeah, I can show later. It’s super easy to use. And the performances are really stiff tray so that’s where you getting a lot of integrity on the board, is the threw this binding system.
Last year was my first year riding the system. Just change the system you know. I can show you the video. I mean it’s a riding video, uh I can fin it and forward it to you. You can put it on your web site, if you want. I will forward it to you. But It’s a video of my self, on like a Gopro you know, and uh, It’s just me going out putting it together take a run, going up taking a run putting them back together then. It’s a simple video. About 5 minutes, but It’s shows you what we can do. That’s what it is.

それにこのバイディングはかなりイイんだよ。外さなきゃいけなかったピンが無くなってね、そのピンは中に内蔵されてるんだ。後で見せるよ。使い方はすごく簡単。パフォーマンスも固いベースのお陰でボードに対しての完成度がスゴく高い。
去年初めてこのシステムを使ってみたよ。ただシステムを変えただけ。ビデオも撮ったから後で見せるよ。ライディングビデオなんだけど、後でメールで送る ね。まあ、僕自身が出てる映像で、ゴープロとかで撮影した。ただ僕がセットアップして、滑って、ハイクアップしてまたセットアップを戻してって、シンプル なビデオだよ。5分ぐらいだけど、使い方を見せる映像だよ。

デイブ・ダウニングのスプリットボードMovieはこちらから

 


By using split board, Did you feel new possibility of backcountry snowboarding?
If so, what is it?
スプリットボードを使う事により、バックカントリースノーボードの新しい可能性を感じましたか?

I mean, when I first started riding a split board was probably 96 and, yeah and it just opened everything up. I was living in Utah at that time, and it just allowed me spend a whole day in a backcountry. Hiking around without getting tired. So just changed everything really. And before I used to live near Brighton and I do this hike and maybe I get two runs a day, and slpitboard I get like 8. And I wasn’t tired. So It changed a lot.
And uh I forget but probably it was 96 or 97 when develop the first Burton Split Boards, you know. It’s a yellow and red one, remember that? It was the first, and I was filming the, it was TB 9 video part in that. So every shot in that movie was on split board. And I did that because to show to people this is what you can do on a split board.

You know, but it’s uh, split board is a great thing for people ride more powder and they wanna have a very like a mellow experience in a backcountry. Very easy, with couple of friends, skin up with them, ride down, skin back up, ride down. It’s a good day. Riding powder. Like low stress you know. That’s what I like about it.

そうだな。初めてスプリットボードに乗ったのは96年だったかな。そう、それで全く世界が広がったんだ。その頃はユタに住んでいて、スプリットボードのお陰で一日中バックカントリーを滑れた。疲れる事無くハイクアップも出来るしね。全てが変わったよ。
以前、ブライトンに住んでた頃は一日2本ハイクすれば終わり、だけどスプリットボードなら8本は滑れる。それに疲れ知らず。だから変わった事が多かった。 良く覚えてないけど、確か96年か97年だったかな、最初にバートンのスプリットボードを開発したのは。黄色と赤のやつ、覚えてる?それが最初の板だよ。 それでTB9の撮影をしたんだ。そのムービーのパートは全部スプリットボードで撮影したよ。というのも、もっとみんなにスプリットボードでこれが出来 る!って知って欲しかったからね。

とにかく、スプリットボードはバックカントリーでメローな経験と、最高のパウダーを楽しみたい人にはピッ タリなんだ。カンタンな事だよ。仲間と一緒に、ス キンアップ(ハイクアップ)して、滑って、また登って、滑って。最高の日だよね。パウダーライディングして。ストレスも無いし。だから気に入ってるよ。

Yeah it’s really good, and in Japan it’s seems like really good you know. Because on the split board you don’t really need to go ride really gnarly terrain. It can be just trees, Skin up, ride trees down. That’s the best part.

ホントいいと思うよ。日本にはピッタリなんじゃないかな。スプリットボードだからって、過激な所を滑らなきゃいけないって事はないし。ただツリーを滑って、スキンアップして、またツリーを滑る。それが最高だよ。

CB1C6345


Like early 90’s, many young people starts snowboarding, and now some of them have own family.
It means there are new snowboarding scenes and lifestyles have been born. What are you thinking about family snowboarding?
90年代初頭ではたくさんの若い人達がスノーボードを始めました。そして今ではその世代は家庭をもっていたりします。これは新しいスノーボードシーンとライフスタイルが生まれてきたという事だと思いますが、ファミリースノーボードについてどう思いますか?

It’s a good question. I think about a lot. You know a lot of friends of mine, or people in 90S who were getting into a snowboarding, like when they were 18 or 19 years old whatever, you know it was a big snowboarding boom. And then now 2014, and those people might be 35 years old and they have a job and kid now. Maybe they don’t even snowboard that much, cuz thay have other responsibilities in life. And they are not gonna like leave the family and go snowboarding by them selves.
But I’m trying to encourage people to bring your family to snowboarding because it’s a best experience I have ever had, riding with my kids, like helping them learning snowboard and falling love with them. Like first two years were very hard, like they take like one run and go like “ oh my hands are cold! I wanna go into the lodge!” But now they are old enough and are riding. Like Shannon and I go up, get off chair lift and buckle them self and take off riding. We just follow them. It’s the best experience ever. So we can try to encourage that and help promote that by showing people that.

We have done a couple of things on burton.com. Last year, um Jeremy Jones family, they snowboard and they have two kids. We did photo shoot at North Star, and my family and Jeremy’s family we all snowboarding having a good time. That’s what I think we need. Cuz peole that learned in the 90s, snowboarding is still the passion and the love if they know how to do it with their family. Cuz they are still snowboarders, even though 35 years old. I’m 46 and I’m gonna be a snowboarder for ever. And hopefully I’m gonna be able to teach my grand kids how to snowboard, and have a good time with my grand kids.

いい質問だね。いつもそれを考えてるよ。僕の仲間のほとんどもそうだし、90年代、18歳とか19歳ぐらいの時にスノーボード にハマってた人。ほら、ス ノーボードブームの時代。今は2014年。彼らも35歳とかになって、子供もいて、仕事もして。もしかしたらそんなにスノーボードもしなくなってるかもし れない。他に責任もあるし。それに彼らは家族を家に残して1人で滑りになんて行かないよね。
でも僕は家族をスノーボードに連れて行くように広めたいんだ、僕は最高の経験をしてるからね。自分の息子達と滑って、滑り方を教えて、それにハマって。最 初の2年間は大変だったよ。一本すべって“手が冷たくなっちゃった!休憩しようよ!”なんてね。でももう2人は大きくなったし、ちゃんと滑れる。シャノン と僕とリフトにのって、自分たちでストラップをしめて、テイクオフ。ただ彼らをついて行く。最高の気分だよね。

だから僕たちはもっとその 事を広めて、宣伝していきたい。burton.comを通して活動もしたね。去年はジェレミージョーンズのファミリーと。彼らも 二人子供がいてさ。ノーススターで撮影したよ。僕の家族とジェレミーの家族。みんなでスノーボードして楽しかった。大切なのはそれだと思う。90年代にス ノーボードに出会って、それ以降も熱中しつづけて大好きだから家族もそれを味わってくれたらいいよね。35歳になっても彼らはまだスノーボーダーだしね。 僕は46歳だけど、これからもずっとスノーボーダーだよ。できれば、自分の孫にもスノーボードを教えたい。孫とも楽しい時間を過ごしたいよね。


What is the important things for kids to enjoy snowboarding?
If you have any personal ideas from your experience, please let us know
子供達がスノーボードを楽しむ秘訣は何でしょうか?
デイブ個人的にはどう思いますか?

So It’s a family snowboarding , it’s like un.. For me it’s like a going backcountry for the first time. Still unknown you know. How do I do it? How do I teach my kids snowboarding.
But once I start doing it, Figuring out and having those experiences with my kids. It a best experiences you can have on pow. I just want my kids spend more time out. I don’t want then stay home and playing around with iPhone or whatever. I want them to go out, snowboarding, be active.

ファミリースノーボーディングだよ。なんて言うかな、初めてバックカントリーに行く様な感じ。まだ何も判らない。どうすればいい?どうやって自分の息子にスノーボードを教える?
でも一度始めたら、自分たちの息子と同じ事を経験してわかる事がある。パウダーの上で味わえる最高の時。自分の息子にはただ外でもっと時間を過ごしてほし いんだ。家に籠ってiPhoneで遊ぶなんて事はして欲しくない。彼らにもっと外に出て欲しい、スノーボードとか、アクティブにね。

How do you manage your snowboarding and work?
スノーボードと仕事をどう上手くコントロールしていますか?

It’s work but it’s my life. I feel very blessed to be able to involved with snowboarding. Cuz I love it you know. It’s just I love to do.

これは僕の仕事だけど、人生でもある。スノーボードに関わって本当にラッキーだよ。好きな事だからね。だから嬉しい。

It’s a balancing act you know. Because..Yeah working is a important thing, but family is way more important so. It’s just a balancing. You have to work but ,I mean how important is it. How many hours you have to spend working.
Yeah yeah, lot of times I’m fortune I can bring them on trips maybe. And get them involve you know. Un, on the weekends, instead of me going snowboarding by my self, I go snowboarding with my family. Does that make sense?
Because if I was being selfish, I leave my family going snowboarding by myself, but that’s not the best thing, and also I found that going snowboarding with my family is more fun, than me going snowboarding backcountry by my self. I found I really really love it. You know.

バランスが大事だと思うよ。仕事もそりゃ大切だけど、家族はもっと大事。バランスだよね。仕事はしないといけないけど、でもそんなに大切かな?仕事にどれだけ時間を費やせばいい?そうだな、たまに家族をトリップに連れて行けるのは運がいい。家族を繋げてね。
週末は、1人で滑りに行かないで、家族とスノーボードに行くよ。例えば僕が自分勝手に、家族を家に残して1人で滑りに行ったとする。でもそれはベストじゃない。1人でバックカントリーに行くよりも、家族とスノーボードに行くのはもっと楽しいしね。本当に最高なんだよ。

Look I have photos of my kids I show ya.
So that’s Dylan, he is a , He is 9. Yeah, it’s at a Big Bear. And that’s Logan. Yeah they are goofy. That’s my kids.

写真を見せるよ。ほら。これがディラン。9歳になるよ。ビッグベアーの写真。それでこれがローガン。うん、2人ともグーフィースタンス。自慢の息子だよ。

CB1C6269

That’s me on the chair lift with my kids. So it’s fun you know. Oh here you go. It’s my family. That’s right by our house. Surfin.

これは僕と息子がリフトに乗ってる写真。ホント楽しいよね。おお、コレコレ、これが僕の家族。家のすぐ隣で。サーフィンしてる時。

I just try to keep them active you know. But the family snowboarding is a big thing I think.

彼らを常にアクティブにね。でも家族でスノーボードに行くのが一番だね。

For Burton, you know we make products for everybody, woman, kids, man and… I think we should show to the world like “ we go snowboarding with our family!”
Jake! He goes snowboarding with his kids. Why doesn’t everybody go snowboarding?

バートンとしては、女性、子供、男性に向けて製品を作る。そこで世の中に向けて“家族を連れてスノーボードに行こう!”って提案しているんだ。ジェイクだって彼は息子達と滑りに行くよね。みんなだって一緒にスノーボードに行くでしょ?

CB1C6378

What is your most monorable snowboard?
今まででもっとも思い入れのあるスノーボードはどれでしょうか?

Most memorable, I don’t know.. Probably the first Custom 59 I have, which is the the one with red bottom and Pegasus horse on the bottom. That’s probably most memorable but uh, …Ahhhh The Root, the board Root, that’s my most favorite board 148. It changed my whole view of snowboards. Probably the Custom 59 and the Root. Those are most memorable.

一番思い出があるボード。うーん、判らないな。多分1996年モデルのCUSTOM 159かな。ベースが赤で、ペガサスが描いてある。それが一番思い出のあるボードかな。
あとはThe ROOT そうROOT。148はお気に入り。スノーボードの見方をガラッと変えたよ。CUSTOM 159とROOT。それが思い出のあるボードだね。

Cuz I rode, Customs for long time and then. I like riding some other boards too. Like Big Bear, like small jibby board. And uh, I really love the new Land Load. It’s a great board.

ずっとCUSTOMに乗ってたからね。他のボードももちろん使ったよ。ビッグベアーじゃ、短いジブっぽいボード。ああ、新しいLandlordもいいね。最高のボードだよ。

Flight Attendant, Very similar. It’s a little softer than Land Load, but the Flight Attendant is a really good board. Perfect Japan Board.

Flight Attendantも良く似てる。Landlordよりも少し柔らかめ。でもいいボードだよ。日本で使うボードとしてはパーフェクトだね

DSC06986

 

 

Interviewed by
Credit_Kazu(7)