SBJ ON SNOW FESTIVAL

title

Date:2005/2/25(FRI) ・26(SAT)
スノーボードの未来へむけて、
夢・希望をいっぱい詰め込んだトレーラーは進んでいく。
その道は、スノーボード界の軌道となる…。

booth
2月25日・26日、SBJ日本スノーボード産業振興会主催のイベント‘TRACKS of SNOWBOARDING’が石打丸山スキー場で開催された。
SBJの主な活動は毎年開催されるビジネストレードショー(展示会)だが、他にも安全啓蒙のSafety Campaignやスノーリゾートに関する調査、ブーツ・バインディングのマッチングテストなどスノーボード市場の活性化につなげるための活動をしている。 かくいう当社も会員企業として活動に参加しているが、数年前から「ビジネス向けの展示会とは別に、ユーザーを対象としたイベントをしたい」という構想が議題に上っていた。

「競技や試乗会ではなくて、コドモからオトナまで楽しめる雪上でのお祭りにしたい」そして「スノーボードの未来につながるものを残したい」というのが関係者一同の想いだった。

そして今回、その想いがようやく現実のものとなった。イベントの内容は、39社72ブランドの展示試乗会をメインに、キッズ向け無料レッスン、更にプロライダーによるレールセッション、豚汁や地元のお米“天空米”を使ったおむすびの無料配布、プレゼント大抽選会など盛りだくさんの内容だ。

kids

初日金曜日は、素晴らしく晴れ上がった空の下スタート。気温も高めで春を思わせる陽気だ。
会場に設けられたサウンドシステムからはスノーボードフィルムに使用された様々な楽曲が溢れ、否が応にも気持ちが高まる。MC【Alee】はマイク片手に各社のブースを回り、インタビューを交え出展ブランドを紹介。我々の“雪番長”ブースもきっちり紹介してくれた。 各社で集客に工夫を凝らし、コーヒーを出してくれるブースやおしるこ(餅入り)をいただけるブースもある。
気温はますます上がり、うららか。雪も春雪のようなザラメ状態。某社の方は「こんな雪質でも、うちの板は走ります!」などアピールしている。
メインの試乗会は、試乗するたびにプレゼント抽選券が貰えるというシステムだ。つまり試乗すればするほどプレゼントの当たる確率が高くなる。
この日は、平日ということもあってかシーズンパスを持つローカルライダーや篭り組が多数駆けつけた。なんと10本以上も試乗したツワモノもいるようだ。
キッズ向けの無料体験レッスンにもたくさんのキッズたちが集合。レッスンに必要なボード、ブーツ、バインディング及びヘルメットは、協賛各社から無料で貸出された。
レッスンを担当するインストラクターは、JSBA(日本スノーボード協会)教育本部より派遣されたが精鋭ぞろい。スノーボードの未来を担うちびっこだけでなく、保護者の方々の信頼も厚かった。

展示試乗会タイムも終了しナイター照明に灯りがともり始めた頃、特設セクションではプロライダーやトップアマライダーによるジャムセッションがスタート。
ちょい長めのストレートレールとニ連コンビボックス、そして降りきった先にはボトムから約4mぐらいになるウォールが設置された。各ライダーとも、短いアプローチなのにフルオーリーで入らなければならないストレートレールに手こずっているようだが、そこはプロ。なんだかんだで徐々に合わせてくる。中でも本間“アニ”勝則がおしゃれなシャツ姿でスタイル出まくりボードスライド。Rossignolの杉本裕介は50/50レールからボックスまできっちりフル抜き。PHANTOM IN THE DARKのBUSHIくん(藤田真人)もかなりスタイリッシュなノーズスライドから270アウト。OPTIONの高橋レオはスイッチからのFSボードスライドにこだわり続ける。全体にかなり乗れてる感じだったのは北海道から来たVIRUS SNOWの柴山泰輔と、NITROのタット(南雲武仁)だ。
番長島田聡は小雨降る中、ノースリーブTシャツ一枚スタイル。NITROのウッディ(森内タケハル)らとランデヴーでボックス〜ウォールへと雪崩れ込む。最後の最後は所定のスタート位置よりも上の斜面からスイッチでアプローチ。ボックスをノーズスライドでバシッと締めてくれた。
その後の大抽選会も大盛況で無事初日が終了。

satoshi
▲番長 島田聡の締めの1本!

翌日、夜中から降りはじめた雪は朝には大雪となり、会場に到着した段階でゲレンデがスネパウ状態。気温もぐっと低くなり昨日の春先のような陽気が嘘のようだ。
石打丸山スキー場は、中央ゲレンデのみを上から下までパーク化して4月12日まで営業するらしい。春営業を行うためにも、この雪は恵みの大雪といった所だろう。

終日降り積もる雪の中、イベントはつつがなく進行し、昨日同様大抽選会で幕を締めた。

スノーボードの未来につながるファーストトラックは、確実に刻まれたようだ。
TEXT: MR.

 

<出展ブランド一覧>
@amp、ACT GEAR、ALLIAN、ARBN、B X B、BC-STREAM、BD、Black-zip、BLUEMORIS、BTM PROJECT、CAPITA、Columbia Sportwear、COSMIC SURF、DEELUXE、DEL4thTA、DELTA X-TREME、DOMINATOR、DRAKE、DYNASTAR、ELAN snowboards、ENDEAVOR、F2 SNOWBOARDS、FANATIC SNOWBOARDS、5151 SNOWBOARDS FLOW、FLUX BINDINGS、4cards、GIRO、gray snowboards、G-STYLE、HEAD snowboards、飛燕龍、HOLMENKOL、INDUSTRY、INFINITY SNOWBOARDS、K2 SNOWBOARDING、Lastarts、LIB TECH、マツモトワックス、MORROW SNOWBOARDS、MOSS SNOWBOARDS、波乗達人、NANOWAX、NEXAM Poleboard、NIDECKER、NITRO SNOWBOARDS、NORTHWAVE、OGASAKA、O’NEILL OP、OPTION SNOWBOARD、PALMER、PHANTOM IN THE DARK、QUIKSILVER、RIDE SNOWBOARDS、ROME、ROSSIGNOL、roxy、SABRINA、SANTA CRUZ、SAPIENT、SHIMANO、SMITH、SNOWboard KLINIK、SNOWSCOOT(R)、SP BINDING、TECHNINE、thirtytwo、TORQREX、UNITY、X-NIX、VIRUS SNOW、YONEX
(39社 72ブランド)
<主催>
SBJ 日本スノーボード産業振興会 http://www.sbj.org/
<協力>
石打丸山観光協会/石打丸山索道連合会/JSBA日本スノーボード協会 他
石打丸山スキー場 http://www.ishiuchi.or.jp/
<協賛>
キリンビール/クイックシルバージャパン株式会社/サロモン&テーラーメイド株式会社/株式会社デサント/株式会社ナイキジャパン/バートンスノーボード/株式会社フェニックス
▼各社の出展ブースの模様です。下記画像をクリックすると拡大して観覧する事が出来ます。

IDTidt

 

 

アクトギアactgear

 

 

アシックスasics

 

 

アドバンスマーケティングadvance

 

 

ウィンクレルスポーツf2

 

 

ASGasg

 

 

小賀坂スキー製作所ogasaka

 

 

カーメイトESGcarmate

 

 

カスタムプロデュースcustom

 

 

カメイスポーツ

kamei

 

クリエイトアソシエイツcreate

 

 

K2ジャパンk2

 

 

ジーゼットxyz

 

シマノshimano

 

 

シュリロトレーディングshriro

 

 

スノーボードクリニックklinik

 

 

スワロートレーディングswallow

 

 

奈良スポーツnara

 

 

バナナクラブbanana

 

 

ピープスpeyps

 

 

フュージョンfusion

 

 

ブルーモリスbluemoris

 

 

マニューバーラインmaneuverline

 

 

モロー・ジャパンmorrow

 

 

ヨネックスyonex

 

 

ライド・ジャパンride

 

 

リアライズrealize

 

 

隆祥産業ryusho

 

 

ロータスlotus

 

 

グループロシニョールrossignol

 

 

山本光学 yamamoto
USPジャパン usp
パイオニアモス moss
ハスコ hasco
九榮機材 kokonoe
コロンビアcolumbia

 

 

エスエムジェイ smj
エランジャパンelan

アバター
SNOWBOARD NETWORKは日本発のスノーボード専門Webメディアです。スノーボード・スノボが好き、もっと楽しみたい、 スノーボードをはじめてみたい、そんな人たちにむけたポータルサイトです。 更に、日本と海外をスノーボードを通して国境をなくし世界が繋がることを目的として運営しています。