2014 CARDRONA Report by Motoki Ushiyama

2014 CARDRONA Report by Motoki Ushiyama

CARDRONA FUN GUARANTEED !!

多くの皆さんは海外で滑ると言ったら、その場所に何を期待するのだろうね・・・?
例えば選手ならば調子がいいパイプやパークがあるとか、ゲートトレーニングのバーンがあるとか絞られてくるのだろうけれど、一般の多くの人はどんなコースがあってどんなフリーランが出来るのかにやっぱり興味があるんじゃないかな?? そんな観点から今期のCARDRONAを滑ってみた僕の感想をお話ししよう。

A82T0106(1)
程よく締まった雪質と景色の壮大さに我を忘れてしまう

ここのゲレンデのフリーライディングの楽しさは抜群だ!
先ずはコース幅があって長い距離を滑ることができる。それにお日さまの日差しが山全体に降り注ぐから、全体的に明るいロケーションになっていて、どこを滑り降りても光が当たり、気持ちよく滑ることができる。
これだけでも素敵でしょう。でもまだまだ良さはたくさんあります。

BA7R9336(1)
CardronaのOlympic Halfpaipe。今月にはBurton High Fivesも行なわれる

滑ってみて感じたことの一つとして、圧雪の精度の高さも特筆するポイントがあげられる。
真っ直ぐにグルーミングされたコースに緩やかにエッジを立てていくと、気持ちよくグリップしてカーヴィングしてくる。これだけきれいにグルーミングされていたら、いつも以上に知らず知らずに滑っちゃうよね。

A82T0088(1)
ワイドなバーンもあり、カービングにも最高なコースを備え持つ

ここでの僕のルーティーンはこんな感じだ。
朝ゲレンデに着いたらセンターで準備する、その時に周りを見回すと・・・世界中からココのパイプを練習しにやってきた、メダリストや有名なプロたちで溢れていたりする。 それもそのはずで、南半球でフリースタイルのトレーニングにはCARDRONAは外せない場所。そんなプロ連中を横目にエールを送り、WHITESTAR EXPのリフトの中間部にあるベースエリアから少し滑り降りる。

IMG_9582(1)
このグルーミングは最高だ。パークもアイテム数、クオリティも素晴しい.

リフトに乗って標高が上がってくると周りが見渡せるので、コースをチェックしながら雪質やコンディションを見て、さてどこを滑ろうか~~なんて悩みながらきっとこの時点でニヤニヤは止まらない。
お勧めのコースはGOLDRUSH DOWNHILL 。幅があってグルーミングも完璧なので、理由なしにロングコースを滑りこんで、一気にボトムまで降りたら・・・絶叫と笑顔間違いなしだよ~!
それに雪が降った後ならば、正面に見えるパウダーを十分に楽しんだら、奥のリフトに移動してSECRET CHUTE がお勧め。ここはまだまだ最後までパウダーが残るらしいが、ここでのRideは来年にお預けにした。

BA7R0267(1)
NZの白い雪、青い空は忘れられない経験となるはずだ

山に架かるリフトは4本。ロケーションは流石にNZそのものの雄大な広がりが眼下に広がる。高く白い山脈が続く手前には、ワカティプ湖とフランクトン、クイーンズタウンの街も見える。
今年からスキー場の経営母体がリアルジャーニー社に変わり、ゲレンデへのアクセスも含めオペレーションは格段にスムーズになったという。
ONE PASS というTREBLECONEとの共通パスも出来て、益々楽しみが広がってロコも気軽に楽しんでいるようだ。

BA7R9338(1)
McDougall’s Quadリフトは初級者、中級者にも優しいリフト

パトロールにはドクターも在中していて急時に対応してくれる、日本人スタッフもいて安心、本当に心強いのです。なぜ知っているかというと、今回打撲で僕もお世話になっちゃったわけ。
そしてベースエリアでは無料のWi-Fiも使える快適さも海外だからこそ実感できる。
文字数も限られてきたけれど、一言でここを伝えるとすれば、どのスノーボーダーも飽きさせることのない最高の遊び場、かな。それがCARDRONAです。

想像以上に楽しいよ!是非みなさんも行ってみては?

BA7R0362(1)
日本のスキーリゾートはまた違った体験をさせてくれるCardrona。是非行ってみては如何だろうか?

Cardronaの詳しい情報についてはこちらから

 

プロフィール

牛山基樹

1965年3月3日 長野県生まれ
第1期 プロスノーボーダー
牛山基樹プロスノーボードスクール(川場・軽井沢スノーパーク)代表

プロ戦での優勝数回。プロとして獲得した日本タイトルをひっさげて、世界挑戦の日々をおくる・・・。
Masters W-CUP SL15位の記録を持つ。
1998年レースを引退後は、TV・Radio・DVDなどのメディア活動の他に、イベント、ツアーなどで活躍している。
また Konayuki Snowboardsの開発・販売を手掛けている。

SPONSORS
Konayuki Snowboards,CHIEMSEE,DaKine,FLUX Bindings,VonZipper,X5 footgear

シェア
SNOWBOARD NETWORKは日本発のスノーボード専門Webメディアです。スノーボード・スノボが好き、もっと楽しみたい、 スノーボードをはじめてみたい、そんな人たちにむけたポータルサイトです。 更に、日本と海外をスノーボードを通して国境をなくし世界が繋がることを目的として運営しています。