2006 X-TRAIL in tokyo DOME

title

本格的なシーズン到来を告げるイベントと言っても過言ではないX-TRAL JAMが今年もやってきた。今回は、トリノ五輪ハーフパイプのメダリストが3人もやってくるっていうから驚きだ。それを迎え撃つ日本人選手達も気合い入りまくり間違いなし!さてさてどんなドラマが生まれるか?

まずはクォーターパイプから!
日本人予選は、村上大輔、鈴木拓巳、中井孝治、村上史行、ライオ田原の順に5名が予選通過!大輔は二本目のフロント540をリップtoリップのビタメイク!縦回転系で高さ狙いの選手が多い中、きっちり横回転で決めてきた。
ライオもなんとか予選通過。今年もハイエスト狙ってるぞ!

準決勝はAグループ、Bグループに分かれてのJAMセッション。
Aグループでキレキレだったのは、村上大輔。Rにバッチリタイミングが合っているようだ。トラビスも徐々に調子を上げてきているし、アンティ・アウティの1080はギリギリメイクできなかったが会場からは大きな歓声が。
漢(おとこ)ライオは血だらけになりながらも意地のハイエスト4m70cm!
Bグループには、ついにセレブライダー、ショーン・ホワイト登場!!スケートのバートを彷彿とさせるスムーズなライディングスタイル。隙がない!中井孝治はストレートエアで180して、スイッチでクォーターにエントリー?!そこからスイッチマックツイストをメイク!!ニコラス・ミューラーはメチャメチャポークの入った高いエアーで魅せる!Bグループもレベル高い。

JAMセッションの結果は
1.トラビス・ライス、2.ニコラス・ミューラー、3.アンティ・アウティ
4.ショーン・ホワイト、5.村上大輔、6.リスト・マティラ
やったね、お兄ちゃん。大輔決勝進出!

そして決勝は30分間のJAMセッション。
ショーンのマックツイストはもう完璧!ハイエアーだって完全にリップtoリップ。リストも高い!スピンも抜群の安定感。ニコラスはどんな間接してるの?ってかんじのスタイル入れまくり。トラビスは驚異の安定感。まるでサイボーグ?!アンティついに1080メイク!と想ったら負けじとショーンも1080!さらにリストも1080で応酬!!
もう!マークだらけのレポートですみません。大輔もいいの何本かメイクしてるけど、さすがに疲れたかな?というか、海外選手のスタミナは異常?
とにかく、目の前で超ハイレベルなトリックが繰り広げられた、夢のような30分間があっというまに過ぎていった。結果はご覧の通り。
qt3rd-risto▲qp Rank.3 Risto Mattila
qt2nd-antti▲qp Rank.2 Antti Autti

qt-hyousyouショーンはやはり完成度高かった。リストとアンティもかなり肉薄していたと思う。この二人は昨年の登場からかなり熱い。ストレートエアーもこのフィンランド人二人組から目が離せない。トラビスは惜しくも表彰台には上がれなかったが、かなり不気味。ストレートでは何をやってくれるか楽しみ〜!
qt1st-shaun▲qp Rank.1 Shaun White

 
2014-11-23_1233

明けて日曜日。ストレートジャンプ!
クォーターパイプと違って、東京ドームのほぼ全体から見渡せるため、BIG-Xを囲むように座席が設けられている。なんとMCのニクイ演出。暗転した会場に観客の携帯電話のライトがイルミネーションのように煌めく!これで会場全体が一つになった。

そしてストレート日本人予選スタート。
我らが雪番長からは平岡暁史と石川敦士も登場。
まずは鈴木翔太がF720テールグラブを完璧にメイクで279pt。敦士がSW/B720インディグラブをメイクして291ptで暫定トップに!アキくんはまずは余裕のCAB900で276ptで射程圏内。谷口尊人のマサカリ炸裂、ほぼビタで287pt。2本目翔太がCAB720メロングラブで299をたたき出す!すると中井孝治が2本目にB900インディグラブを完璧にメイクして309で抜き返す!出た!アキくんダブルバックフリップインディ、日本人初の完璧メイクで357pt!!!

1.平岡暁史、2.中井孝治、3.鈴木翔太、4.石川敦士、5.谷口尊人、見応え十分!!
astushi astushi3▲石川敦士
aki1 aki3▲平岡暁史

そして海外招待選手との本戦1本目。
中井がいきなりCAB1080をメイク!308pt。アキくんCAB900メロンをスムーズにメイクで307pt。300オーバーが連続で期待が高まる。しかし、トラビス・ライスがCAB900ノーズグラブを完璧にメイクして330pt?!リスト・マティラはF900テールグラブをクールに決めて326pt。ヘイキ・ソーサF900インディ持ちっぱなしで307pt。マシュー・クレペルがSW/B900インディ!!ついに341pt。ダニー・キャスはSW/Bロデオで333pt。アンティ・アウティCAB900ジャパングラブで文句なしの320pt。もう300オーバーは当たり前の状態で鼻血でそう。
そして2本目。300前半じゃ勝ち目がない!アキくんが再びダブルバック!高い!速い!351ptで暫定トップ!!これに動揺したのか、各選手がランディングで乱れて点数が伸びない。と思いきやショーンがCAB1080メロングラブをメイクして340pt。ヘイキもダブルバックで応酬で337pt。アンティがF1080テールグラブをまたまたメイクして326pt

そして準決勝JAM進出はこちら。雪番長ライダーやりました!!!
1.平岡暁史、2.マシュー・クレペル、3.ショーン・ホワイト、4.ヘイキ・ソーサ
5.ダニー・キャス、6.トラビス・ライス、7.アンティ・アウティ、8.リスト・マティラ
そしてストレートジャンプ準決勝のJAMはクォーターパイプの時以上の盛り上がり。もうトリック名も書ききれない。印象に残ったトリックを羅列すると、ショーンの1080余裕たっぷりでメイク。アンティは1260をほとんどメイクしていたのに着地で乱れて顔面負傷。ナイストライ!トラビスはスタイル入ったトリックを抜群の安定感で連発。アキくんもワンフットミュートグラブで魅せる!負けず嫌いのヘイキもワンフットを完璧メイク!マシューが超高い1080!!JAMの楽しさは、難易度だけではない。回転数の少ない技でもスタイルを見せてくれる。だからこそこの大会が面白い。ランディングがビタッと決まる度に会場は大きな歓声に包まれる。誰が抜けてもおかしくないまさに夢の30分が過ぎようとしていた。残りわずかとなって、会場はオールスタンディング!!そして、トラビスがついにメイク!ダブルバックフリップto180!ありえねぇ〜!

JAMセッションの興奮冷めやらぬなか、ついに結果発表。
1.マシュー・クレペル、2.ショーン・ホワイト、3.トラビス・ライス
この時点でX-TRAIL JAM史上最もハイレベルな決勝戦が予想される。そして、待ちに待った決勝。

1本目。トラビスはダブルコークにチャレンジするもランディング合わず。ショーンはCAB1080が回転が少し余った感じでメイクならず。そんな中、マシューが決めたB1080!340pt。これでマシューは精神的にも、ポイント的にもかなりアドバンテージを得た。
しかし、これで逃げ切らせないのがこの面子だ。。
2本目。トラビスが、ダブルコーク(軸ズレ・ダブルバックフリップto180)を完璧しかも余裕ありありでメイク!会場が騒然となった。続くショーン1260狙ったが…わずかに合わず。そしてマシュー、SW/B1260?!やや体勢が乱れながらもメイク。後は結果が出るのを待つのみ…。
st2nd-shaun1 st2nd-shaun2▲sj Rank.3 Shaun White
st3rd-mathieu1 st3rd-mathieu2▲sj Rank.2 Mathieu Crepel
st1st-travis1 st1st-travis2▲sj Rank.1 Travis Rice

結果は表彰台で発表。なんと驚異の377pt!大逆転。
トラビス・ライスが文句なしの優勝を決めた。

st-hyousyou

2014-11-23_1234

 
spin▲Spin Master 鈴木裕司
selemoni▲セレモニー
VV6C8069▲NISSAN X-TRAIL

毎回ドラマが生まれるこのX-TRAIL JAMだが、今回は予選から決勝まで本当に見応えのある戦いだった。そして決勝の大逆転劇。ドームに詰めかけた観客と同じように、記者自身も一人のスノーボードファンとして酔いしれたことは言うまでもない。

アバター
SNOWBOARD NETWORKは日本発のスノーボード専門Webメディアです。スノーボード・スノボが好き、もっと楽しみたい、 スノーボードをはじめてみたい、そんな人たちにむけたポータルサイトです。 更に、日本と海外をスノーボードを通して国境をなくし世界が繋がることを目的として運営しています。