18-19モデル SPビンディングをブーツにベストマッチさせるには?

 

SP Bindingsをブーツとベストマッチさせるには!
今日は、ブーツとのセットアップ方法と滑り別に応じて推奨の調整方法をご紹介します。
まずは、基本のブーツとのセットアップを動画を確認してください。

トゥーカップを緩め、ブーツをビンディングに入れる。ハイバックをあげたところでトゥーカップをしっかりとブーツのつま先に合わせて止める。ハイバックを倒し、ブーツを外し、トゥーカップのメモリを片側2メモリくらいキツめにセットします。アンクルストラップが真ん中に来るようにポジションを調整する。このような手順でブーツとセットアップ

<滑り別にトゥーカップを調整しよう>

△ 仲間とゆっくり気軽にクルージングする時(低中速のフリーラン中心)

トゥーカップの締め具合は少し緩めに設定。履きやすく、程よいフィッティングと反応がちょうど良くオススメ

△ 基本的なライディング

推奨の動画通りにトゥーカップを調整します。トゥカップとハイバックの挟むようなホールドを感じる程度

△ とにかくアグレッシブな滑りがしたい、大会出場選手、シビアな反応を求めるユーザー(カービングやハイスピード域でのパフォーマンス中心)

トゥーカップをキツめに設定し、ハイバックを起こす時、ぐっとブーツを押し込んで装着します。この場合、脱ぎ履きがタイトになるのでアンクルストラップについているエボバックルを毎回調整する必要がある場合があります。履くときにはエボバックルを緩め、装着後にエボバックルを締めるなど必要に応じて対応してください。このフィッティングがSP Bindingsのホールドと反応を最大限に発揮できるセッティングです。

また、ハイバックのフォワードリーン調整をプラスして行うとさらなるフィッティングが得られる。ハイバックレバーのダイヤルを回すと銀のメモリが上に上がる。するとハイバックが倒すことができる。反応が高まり、フィッティングが驚くほど向上するだろう。

テクニカルやターンを中心に滑る場合は前足を少し倒してみよう。

フリースタイルの要素の強いフリーライディングやパウダーターンでは後ろ足を少し倒してみよう。

あなたの滑りが変わるはず。

求める滑りや気分によって、微調整することでスノーボードをより快適に楽しむことができます。自分のベストセッティングを探してください。

18-19 SP Bindings デジタルカタログ

http://uspj.co.jp/?page_id=2383

この記事に何かご質問・ご相談がありましたら、以下までご連絡ください。
faq@uspj.co.jp