16.17 PSA ASIA Topic vol.29!!!

PSA ASIA Snowboard Pro Tour

2017/3/10

Round 14

Snowboardcross

TB Inc CUP

SXプロツアー第5戦が、岐阜県高鷲スノーパークにて開催。

r14-2

前日から大会直前まで20~30㎝の降雪があり、排雪作業などで予定より1時間押してのインスペクションスタートとなった。

レースが開始されてからは、曇り時々晴れ、時折風が強かったり、雪がちらついたりと天気が目まぐるしく変わった1日であり、ワックスチョイスも重要な大会となった。また、比較的暖かく、視界も良好であった。

r14-4

コースは、大きめのチョリンからロールセクション、そこからバンクが5つ。そのバンクの間には、不規則なロールやステップアップ、キャメルなどが配置され、最後には2ウエイになっているキッカーを飛んでゴール。降雪の影響があったものの朝からしっかり排雪され、下地ある硬めのコース状況であった。

r14-1

 

r14-3

今回のコースのポイントは、難しいところはないが大きさの違うロールを配置し、ベースの技術差が出るようにした。また、今回の雪質ではバンクの面の使い方も重要となるコースとなった。(スロープビルダーコメント 黒川さんより)

まずは、女子。

今回のコース状況からの注目選手は、現在のPSAランキング1位の前田佳苗恵、同じく1位の寺山香織(VOLKL)の2人が有力か、この二人にPSAランキング3位の東田正美(アルバータOXESS)、同じく4位の鎌田朋子(YONEX)、調子を上げてきている河合輝美(FANATIC)あたりだろうか。

注目した今野博美は、まさかのクォーターファイナル敗退。東田正美、鎌田朋子は、セミファイナル敗退し、順位決定戦へ。

女子ファイナルは、前田佳苗恵、寺山香織、河合輝美の3人のプロにアマチュアの中村優花が立ち向かう。スタート後のチョリンから飛び出してきたのは寺山香織と河合輝美。その後のロールで寺山香織が板1枚先行し、ファーストバンクからセカンドバンクへ。そのすぐ後ろには、河合輝美、前田佳苗恵、中村優花が団子状態。セカンドバンク出口あたりで河合輝美と前田佳苗恵の板が接触し、2人が転倒。その後のステップアップダウンセクションでは、先頭を滑っていた寺山香織が痛恨の転倒。そこを、アマチュアの中村優花がスルスルっと先頭に出た。それを追いかけるのは、2位の河合輝美と3位の前田佳苗恵。しかし、差が開きすぎていたため、そのままの順位でゴールとなった。

r14-5

優勝  中村優花(アマチュア)

2位  河合輝美

3位  前田佳苗恵

女子のファイナルはセカンドバンクとステップアップダウンで波乱が起きた。これもスノーボードクロスの醍醐味の一つであり、ギャラリーは歓声で沸いていた。

そして、男子。

プロ戦3連勝中の桃野慎也(ウインコーポレーション)はスノーボード世界選手権参戦のため、不在。そうなると今大会の注目選手は、やはりファイナル常連の元木康平(ムラサキ/VOLKL)、元木勇希(ムラサキ/VOLKL)、今期絶好調の飯野翔揮(新潟アルビレックス)だろう。

セミファイナル第1ヒートではアマチュアの手計岳隆と野島誠(MOSS AL)がスタートから良い飛び出しを見せ、手計岳隆、野島誠の順でファーストバンクに入る。少し出遅れた飯野翔揮、飯嶋耕二郎(OXESS)もすぐ後ろから追いかける。飯野翔揮が前を走る野島誠を猛追し、ファイナルキッカーでほぼ並びながら飛んでゴール。結果は、1位通過は手計岳隆、2位は野島誠。セミファイナル第2ヒートは、元木兄弟が順当に勝ち上がった。

ファイナルは、雪が降ってきて風も少し吹いていて少し肌寒さを感じる中、スタートコールに1番に反応し、チョリンを抜けてきたのは元木康平、手計岳隆の二人。そのすぐ後ろには、元木勇希、野島誠が続く。ファーストバンクまでは元木康平、手計岳隆が横並び、セカンドバンクあたりからイン側の元木康平が前に出た。すぐ後ろを手計岳隆が追走。スリップも使って追走をしていた手計岳隆はファイナルキッカーで飛ぶ直前に元木康平とほぼ横並びでランディングへ。結果は、元木康平が今シーズン初優勝を決めた。2位アマチュアの手計岳隆、3位元木勇希、4位野島誠という結果となった。

r14-6

優勝  元木康平

2位   手計岳隆

3位  元木勇希

4位  野島誠

5位  飯野翔揮

6位  飯嶋耕二郎

全体的には難しいコースではなかったが、不規則なロールなどへの1つ1つにしっかり合わせられるか、また、変わる天候に合わせたワックスチョイスが出来るかなど、技術の差が出る良いコースだったと思う。若手からベテランまでとても楽しいレースができたことに、選手一同、心より感謝致します。

r14-7

TB Inc代表である高橋様をはじめ各スポンサー様、高鷲スノーパーク様、大会スタッフの皆様、2日間にわたり本当にありがとうございました。

r14-8

次回はいよいよスノーボードクロスのプロツアー最終戦が3月19日に福島県会津高原たかつえスノーリゾート様にて開催。その翌日3月20日には、同会場にて上位ランカーによるグランドチャンピオンシップが開催予定。

たかつえスノーリゾートにて、熱い!熱い!レースが期待出来ること間違いなし‼ぜひ応援をよろしくお願い致します。

シェア
20th Anniversary PSA ASIA Snowboard Pro Tour Page プロスノーボーダー約340名を擁し、日本最大のスノーボードプロツアーを20年に渡り行っています。速く、高く、美しく…今シーズンもプロフェッショナルな滑り、大会情報を皆さまにお届けします! Official Web