1373611.html

2011年08月15日23:27

カテゴリ

LIFESTYLE

自分好みの自分にあった生活様式を、楽しみながら暮らしたいと、誰でもが思っている。皆がそれができないのは、社会の規範や常識的な生活を心がける精神があるからである。

社会の規範から外れることは、危険な人生になるように思える。しかし、自分好みの生活様式を楽しむことで、初めて「好い加減なライフスタイル」が楽しめるのである。

多様な現代社会には、多くの「ライフスタイル」があるが、それから、自分好みの生活様式を取り入れることで、「好い加減なライフスタイル」を楽しむことが、誰にもできるようになる。

「ライフサイクル仮説」、「ライフサイクル・コスト」、「ライフサイクル・ファンド」は、「好い加減なライフスタイル」を考えるときの重要なキーワードである。

「ライフスタイル」を最短で表現したければ、ファッションに凝ればよい。月に1日外出する日を決めて、お洒落をして出かけるのである。

ファッションを楽しみながら、食事することで、新たな「ライフスタイル」が生まれる切っ掛けになる。

などなど…

詳しくは「好い加減なライフスタイル」http://sdl.ne.jp/page030.html

アバター
MofM ディレクター&スノーボーダー:自然の中で体感したことを即座にデザインに反映させるリアルな服作りを新たに目指し、東京から群馬の水上に拠点を移す。山、登山、渓流フィッシング、スノーボード、ファッション、そして己をさらに磨き上げるため日々、みなかみの標高1000m、自然の中で生活する。