雨甲斐秀太郎 × brotherhood

shutaro_2
スノーボードを身体の一部のように操る雨甲斐秀太郎
経験豊富なオールラウンダー。グーフィーフッターから繰り出す、ジビングやグラビングはスタイリッシュでいてナチュラル。ハーフパイプからストリートレールとすべてのカテゴリーで活躍する。また、北関東エリアを拠点とするChestnutz Filmのメインクルーとして活動。若手をリードし、滑りだけではなく精神的にも支える兄貴的存在。そして、もう一つの別の顔を持つ。茨城県にあるプロスノーボードショップ「HOME」の店長でもある。卓越した商品知識と経験からスノーボードの楽しさを伝え、最適なものを選ぶ「眼」持っている。
高いライディング技術、商品知識、豊富な経験を持つ「雨甲斐秀太郎」にスペシャルインタビュー
「雨甲斐秀太郎× Brotherhood」
Q1 brotherhoodはどんなライディングをするときに選んでいる?
ジャンプやジビングの時にスタイルを出したいからいつも使っているよ。
ai6v7461
雨甲斐秀太郎の理にかなった「スムーズな動き」×「グーフィースタンス」=「スタイル」かっこいいですよね!!!
Q2 好きなところは?
brotherhoodはハイバックが柔らかいから、ジャンプやジビングの時にスタイルが自由に出しやすいところが好き!
まさに、ライディングで表現していますね!
Q3 ハイバックの使用感はどう?
ハイバックはねじりに対しては柔らかくてスタイルが出しやすい。でも左右非対称でしっかりとブーツを支えてくれるから板へのレスポンスもしっかり伝えてくれるんだよね。
ai6v7340レスポンスを維持しながらこのスタイルが出るんですね!いい膝の角度、位置になってますね!
Q4 ストラップの使用感やホールド感はどう?
アンクルは細すぎず太すぎずなので、前への可動域も大きい。それでいてトゥーキャップとハイバックで前後にしっかり支えてくれるから安心感もある。
前への可動域が大きく、トゥーとハイバックの挟み込むようなホールドが高い。さすが、乗りこなしてますね!
Q5 brotherhoodはどんなスタイルやユーザーに使って欲しい?
パークライディングを楽しむ人、もちろん初級者から上級者まで幅広い人に使って欲しい。
幅広いユーザに使えるモデルですよね。レベルに応じて楽しみ方のあるビンディングです。立って履ける初心者以上ですね!
Q6 brotherhoodを使用してくれている人に一言
brotherhoodはSP-Bindingsの中でも特にスタイルを出しやすいモデルなので、ジャンプの空中姿勢やレールやBOXの上で他の人が出せないスタイルを決めてほしい!オリジナリティ溢れるフリースタイルで楽しんでください!
スタイルというのは、ライダーの骨格やスタンスから出るオリジナルの形のこと。ライダーのポテンシャルを発揮しやすく、可動域を制限しないということ。brotherhoodと共に、自分のスタイルを見つけてください!

6e852dc7a4339fec49c26fbd4b08aec3

シェア